最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > マジョルカ

    682

    1: Egg ★
    途中出場したアラベス戦で得点をアシストしたかに思われたが、VARの末にノーゴール
    マジョルカは現地時間15日、リーガ・エスパニョーラ第24節でアラベスと対戦し、1-0で勝利を収めた。日本代表MF久保建英は後半途中から出場し、攻撃を活性化。海外記者も惜しみない称賛を送っている。

     リーグ戦3連敗で降格圏の18位に沈むマジョルカは、この日も久保がベンチスタート。前半29分に得たPKを物にできず、0-0のまま膠着した展開が続いていたなか、後半7分に久保が投入されると、流れが一転する。

     後半9分に左サイドでFWクチョ・エルナンデスからヒールパスを受けた久保が深い位置からマイナス方向へクロスを供給。MFダニ・ロドリゲスのゴールをお膳立てしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、起点となったエルナンデスがハンドを犯していたとして取り消しとなった。

     それでも後半18分にエルナンデスが先制点を奪い、結果的にこの1点が決勝ゴールとなった。投入直後から攻撃を活性化させた久保に対し、スペイン人記者のアルベルト・ペレス氏は公式ツイッターで「久保が攻撃を掻き立てた」と投稿している。

     スペイン人記者のデイビット・デ・ラ・エラス氏は公式ツイッターで「今日の久保建英が好きだ。ますます精密となり、名手の動きだった」と称えつつ、「しかし、まだまだ改善と成長の余地は残されている。数シーズンは課題として立ちはだかることになるだろうが、ウーデゴールと類似したモデルが理想の道のりだ」と指摘した。

     1月19日の第20節バレンシア戦(4-1)以降、リーグ戦でのスタメン落ちが続く久保だが、この日見せたパフォーマンスはポジティブな内容に映ったはずだ。
    no title
    https://youtu.be/KgUeP2crBro
    0:55~ 【動画】「名手の動きだった」 マジョルカMF久保建英が左サイドからのクロスで“幻のアシスト”を披露した瞬間 


    2/16(日) 6:01配信 フットボールゾーン 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200216-00246774-soccermzw-socc
    【【動画あり】<久保建英(18)>海外記者も惜しみない称賛!「今日の久保建英が好きだ。ますます精密となり、名手の動きだった」】の続きを読む

    670

    1: 砂漠のマスカレード ★
    マジョルカの久保建英(18歳)に関して、懐疑的な意見が聞こえてくる。

    今シーズン、久保はレアル・マドリードと契約後、期限付き移籍でマジョルカに入団。昨年11月からはレギュラーの座を確保していた。
    しかし今年1月に入ってから、バレンシア戦、レアル・ソシエダ戦、バジャドリード戦と途中出場が続いている。
    スペイン国王杯のサラゴサ戦は先発したが、チームは精彩を欠いて敗れ、大会から姿を消した。

    そして2月9日、第23節の最下位エスパニョール戦も、久保はリーグ戦4試合連続で先発から外れている。
    1-0とリードを許した展開で途中出場するが、チームを敗戦から救えなかった。

    久保は不振に陥っているのか。あるいは限界なのか。

    結論から言うが、久保自身は不振でも限界でもない。

    ピッチに立った時の久保は、チームの中で格別の存在感を示している。
    技術的には圧倒的に優れ、それを出せるだけのパーソナリティーも誇示。
    特に、右サイドでボールを持った時は、相手の緊張が伝わってくるかのようで、ファウル同然のタックルを多く受けている。

    直近のエスパニョール戦も、63分に途中出場すると、右サイドで起点になった。
    ボールを持って、巧みにリズムを作り出していた。警戒されて周りを囲まれると、左に回ってゴールラインまで侵入
    終盤には2人を引きつけてファウルを得て、自ら突破し、完璧なクロスを折り返した。

    しかし、チームとしての劣勢はどうにもならなかった。

    実はマジョルカは、"化けの皮がはがれた"状態にある。
    メンバーの半数近くが、2年前まで2部B(実質3部)にいた選手だ。
    たとえば、(クラブ収入に応じてリーガ・エスパニョーラが使用可能額の限度を設定する)サラリーキャップでも
    20チーム中ダントツ最下位で、補強はままならい。そもそも戦力的に、極めて厳しい状況なのだ。

    マジョルカは1部で戦うために組織力を高め、序盤戦はプレーオフからの昇格組として野心的に戦った。
    第9節までにエイバル、エスパニョール、そしてレアル・マドリードに勝利。
    クロアチア人FWアンテ・ブディミルの健闘などもあって、勢いとしぶとさでどうにかわたり合ってきた。

    11月には久保がビジャレアル戦で1得点1アシスト。3-1と貴重な勝利に貢献している。
    ホームで勝ち点3を取れたことによって(アウェーは今も勝ち星がない)、降格圏をぎりぎり回避していたのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200211-00885850-sportiva-socc
    2/11(火) 6:00配信

    https://www.youtube.com/watch?v=0L-PqLN8AgY


    どうなる久保、あざやか超精度クロスもアシストならず…エスパニョール戦タッチ集 Take Kubo 08/02/2020

    【<久保建英>4戦連続で先発を 外れた理由】の続きを読む

    661

    1: 豆次郎 ★
    GOAL2/9(日) 21:52配信
    4戦連続途中出場の久保は不発…残留争いの重要な一戦を落としたマジョルカが3連敗

    日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは9日、リーガ・エスパニョーラ第23節でエスパニョールと対戦した。

    ここまで5勝3分け14敗で暫定17位のマジョルカが、同3勝6分け13敗で最下位に沈むエスパニョールとのアウェー戦を迎えた。残留争いのライバルとの直接対決、久保はリーグ戦4試合連続でのベンチスタートとなった。

    試合序盤は一進一退の攻防に。マジョルカは8分、ボックス左からカレリに際どいシュートを放たれるも、GKレイナのファインセーブで失点を回避。ハーフタイムにかけてはボールを保持して能動的に先制点を狙っていったマジョルカだが、アタッキングサードでのクオリティと精度を欠き、なかなかシュートに持ち込めない。試合は0-0で折り返す。

    迎えた後半、マジョルカは54分に正面の遠めからサルバ・セビージャが際どい直接FKを枠内に飛ばすも、GKディエゴ・ロペスにセーブされる。すると、マジョルカは58分に失点を喫する。右サイドを崩されると、ダルデルのクロスから最後はラウール・デ・トマスにヘディングシュートを叩きこまれ、ビハインドを背負った。

    マジョルカのモレノ監督は、65分にセビージャを下げて久保を投入。投入された直後はボールに絡んだ久保だが、時間が進むにつれてなかなか良い形で受ける場面が減っていく。86分には左サイドで縦突破した久保が好クロスを供給するも、正面で合わせたヴァリエントはシュートを枠に飛ばすことができない。

    結局、マジョルカは最後までゴールを奪うことができず、そのまま0-1で敗戦。痛恨の3連敗で、エスパニョールにも勝ち点で並ばれている。

    【【動画あり】4戦連続途中出場の久保は不発・・・残留争いの重要な一戦を落としたマジョルカが3連敗】の続きを読む

    633

    1: 豆次郎 ★
    Football ZONE web2/2(日) 4:23配信
    久保建英、“切り札”起用で奮闘も1点が遠く… マジョルカは下位対決に0-1で敗れ2連敗

    ホームで勝ち点4差の16位バジャドリードに痛恨の敗戦

     日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは、現地時間1日のリーガ・エスパニョーラ第22節でバジャドリードと対戦し、本拠地で0-1と敗れリーグ戦2連敗となった。久保は後半14分から途中出場し、果敢に攻めたがゴールを奪えずに試合終了のホイッスルを聞いた。


     前節終了時点で降格圏一歩手前の17位に沈むマジョルカが、ホームに勝ち点4差の16位バジャドリードを迎えた一戦。前節の敵地レアル・ソシエダ戦(0-3)に続く連敗を避けたいマジョルカは、この日も前線にFWアンテ・ブディミルとFWクチョ・エルナンデスを並べた4-4-2を採用した。

     両チームとも手堅い試合運びを見せるなか、場内が騒然としたのは前半28分だった。マジョルカは左サイドをDFルーマー・アグベニェヌが抉ってマイナスクロス。これをMFダニ・ロドリゲスが豪快に蹴り込んでネットを揺らし、スタジアムは歓喜に包まれた。しかしVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言により、アグベニェヌがクロスを送る前にボールがラインを割っていたと判定され得点が取り消されると、場内はブーイングに包まれた。

     0-0で折り返した後半4分には、マジョルカDFアントニオ・ライージョが負傷によりプレー続行が不可能に。悪い流れのなかで同11分、バジャドリードFWエネス・ウナルに先制ゴールを叩き込まれた。

     先手を取られたことで、マジョルカのビセンテ・モレノ監督はすぐに動く。同14分、ダニ・ロドリゲスに代えて久保を右サイドハーフに投入。攻撃の“切り札”として、試合の流れを変えることが求められた。

     リーグ戦で3試合連続の途中出場となった久保は、積極的に顔を出してボールを受け、ドリブルを仕掛けていく。同29分にはブディミルからのパスを受けて左足でシュートを放つも、これは相手GKの正面をついた。さらに同38分にはペナルティーエリア手前でボールを受けると、相手をかわして左足を一閃。際どいコースにシュートが飛んだが、わずかにゴール右へと外れた。

     その後も1点を追うマジョルカが攻め込むも1点が遠く、試合はそのまま0-1で終了。17位マジョルカにとっては16位バジャドリードとの勝ち点差を詰めるチャンスだったが、ホームで敗れてしまい、“切り札”投入された久保もアピールしきれなかった。

    https://youtu.be/fRqaYAkcAAw

    【【動画あり】久保建英、“切り札”起用で奮闘も1点が遠く… マジョルカは下位対決に0-1で敗れ2連敗】の続きを読む

    616

    1: Egg ★
    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(18)が、サブ定着へと突き進んでいる。

     0―3で完敗したレアル・ソシエダード戦(26日)の後半26分からピッチに投入されたものの、見せ場なし。リーグ2試合連続の途中出場とスタメンの座を追われた格好だ。ビセンテ・モレノ監督(45)は「これまで先発していたが、誰が出るのかはチームの状況や対戦相手次第。これは久保だけじゃなくすべての選手に当てはまること」と説明。すでに評価も急落し、今後もベンチスタートが続きそうだ。

     特に久保が先発したリーグ10試合は、1勝1分け8敗と勝ちにつなげられていない。本紙が報じたように、17位のマジョルカとしては2部降格を回避するためにも久保の起用を限定的にするとみられる。

     ただ、このまま出場機会激減となれば、エースとして期待される東京五輪への影響も必至だ。自身が不在だったU―23アジア選手権は1次リーグ敗退となり、久保への期待も高まるが、その使命を果たせなくなる。サブ脱却には途中出場でもチームを勝利に導くなどインパクトが求められそうだ。

    1/28(火) 16:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-01707891-tospoweb-socc

    【<久保建英>サブ降格の危機】の続きを読む

    このページのトップヘ