最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ:リーガ・エスパニョーラ > マジョルカ

    785

    1: 砂漠のマスカレード ★
    マドリーの意向は「ワンランク上のチーム」?

    現在、レアル・マドリーからマジョルカにレンタルされている久保建英。レギュラー落ちする時期もあったものの、新型コロナウイルスの影響で中断する前の直近3試合でチームが奪った全5ゴールに関与するなど、ここにきて一気に評価を高めている印象だ。

    来シーズン、マドリーに復帰するのか、マジョルカで武者修行を継続するのか、それとも他のクラブに貸し出されるのか。その動向は現地でも関心を集めている。

    3月25日には、マドリー専門のウェブサイト『Defensa Central』が、「もう1年レンタル移籍をすることで、マドリーと久保側が合意した」と報道。「現時点で久保がマドリーのトップチームのスカッドに入る余地はなく、クラブはベンチに座らせて成長を止めたくないと考えている」と伝えた。

    では、ローン先はどうなるのか? 「久保はマジョルカ島での生活にもチームにも順応し、ファンの信頼も掴んで快適に過ごしている。だが、マドリーは久保には欧州カップ戦に出場するようなワンランク上のチームでプレーするクオリティーがあると考えており、クラブの意向に従うことになるだろう」と記事は綴っている。
     
    そして、これまでも現地で報じられてきたように、レアル・ソシエダで覚醒したマルティン・ウーデゴーが良いモデルになるとしている。そのノルウェーの“神童”は、今シーズンの活躍により、マドリー復帰が取り沙汰されている。その後釜として、同じ技巧派レフティーの久保が “ラ・レアル”にレンタルされる可能性は十分に考えられる。

    もうひとり、“好例”として挙られたのが、マドリーからドルトムントに貸し出されているアシュラフ・ハキミだ。21歳のモロッコ代表DFは、ローン2年目の今シーズンに大ブレイク。左右両SB/WBだけでなく、一列前でも起用され、その攻撃性能を遺憾なく発揮している。

    マドリーは、レンタルバックを検討中のこのハキミのように、まだ18歳の久保を2~3年は武者修行させたいと考えており、スペイン国内が理想だが、国外も除外されないと記事は伝えている。

    EU外選手枠の問題も考えても、やはり久保は来シーズン、レンタル移籍をすることになりそうだ。マジョルカなのか、ソシエダなのか。スペインなのか、他の国なのか。日本の至宝は、はたして何色のユニホームも着てプレーすることになるのか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00071136-sdigestw-socc
    3/26(木) 6:01配信

    【「マジョルカのクオリティーではない」久保建英が来季もレンタル移籍で合意と現地報道!マドリーが望む武者修行先は…】の続きを読む

    774

    1: Egg ★
    新型コロナウイルスの影響により中断されているスペインリーグについて、同リーグのハビエル・テバス会長は、現行の今季最終日となる6月30日までにリーグ戦を終えられる自信を伺わせていた。しかし、今後の日程は決定しておらず、その期間を超えて行われる可能性もゼロとは言えない。

    そのことを受け、マジョルカの地元紙ディアリオ・デ・マジョルカ電子版は19日、今季のリーグ戦が7月まで長引く場合、MF久保建英(18)を含む8人の契約が6月30日に切れるため、それ以降プレーできない可能性があると報じている。

    今季、マジョルカに期限付き移籍で加入しているのは、久保(レアル・マドリード)、クチョ・エルナンデス(ワトフォード)、アグベニェヌ(スポルティング)、ファブリシオ(フラム)、ポソ(セビリア)の5人となっている。そして現時点で契約延長していないペドラサとシスコ・カンポス、入団したばかりのキ・ソンヨンの契約期間は全て今年6月30日までになっている。

    同紙は、リーグ戦中断前までレギュラーだった3人について次のように言及している。「特に久保とクチョ・エルナンデスの退団は、非常に大きなものになるだろう。なぜなら2人はモレノ監督のスタメンにおいて不可欠な存在だ。ここ数節は特にピッチで素晴らしい連係を見せ、チーム内での重要性を示してきた。右サイドバックでレギュラーの座を獲得したポソも注目すべき損失になるはずだ」と報道。3人の退団がチームに大ダメージを与えることを強調した。

    6月30日に契約が満了する選手の7月以降の出場は、現時点で所属元のクラブの承認を得る必要がある。現状ではリーグ戦が7月まで長引いた際にはマジョルカを離れなければならない契約になっている。

    一方、マジョルカにはスペイン2部のクラブに期限付き移籍で出している選手たちが8人いる。ストイチコフ(アルコルコン)、アレグリア、アレックス・ロペス(ともにエストレマドゥラ)、パブロ・バルカルセ、フランコ・ルッソ(ともにポンフェラディナ)、カルロス・カストロ(ルーゴ)、アントニオ・サンチェス(ミランデス)、エンゾ(ラシン・サンタンデール)が他クラブでプレーしている。

    この中でルッソとカルロス・カストロは6月30日で契約が切れる。そのため、契約延長を行わない場合はそのままマジョルカを退団することになる。一方、それ以外の選手たちは現時点ではマジョルカに戻ることになる。(高橋智行通信員)

    3/19(木) 21:31配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200319-23190907-nksports-socc

    写真
    no title

    【<久保建英)>リーグ戦途中でマジョルカ退団の可能性も】の続きを読む

    770

    1: Egg ★
    レアル・マドリードとマジョルカの対戦がもし7月にまで延期されたとすれば、久保建英はどちらのチームでプレーすることになるのだろうか。スペイン紙『アス』は、リーグ戦延期による選手の契約期間の問題を論じる中で、久保の置かれた状況に特に注目している。

     新型コロナウイルス感染拡大の影響により欧州では大半の国で国内リーグが開催中止となっており、リーガエスパニョーラも例外ではない。スペイン国内ではウイルスの拡大が勢いを増している段階であり、国内スポーツ再開の目処は立っていない状況だ。

     各国のリーグ戦が延期を経て再開され、日程が7月にまで及ぶことになったとすれば、レンタルを含めて各クラブと今季中までの契約を交わしている選手の扱いがどうなるのかも問題視されている。多くの場合、選手の契約期間は6月30日が満了日に設定されているためだ。

     マドリーからマジョルカにレンタルされている久保もそれは同じ。現状では4月12日に予定されるリーガ第31節のマドリー対マジョルカ戦が延期され、もし7月に開催されることになったとすれば、「久保はどちらのチームでこの試合を戦うのだろうか?」とスペイン紙は述べている。

     現実的には、もしマジョルカでの出場が不可能になったとしても、外国人枠の問題もあるマドリーで久保が出場できるとは考えにくいだろう。だがあらゆる可能性に対して「現時点では答えが出ない状況」だとされている。

     久保だけでなく多くの選手が同様の問題を抱えることが見込まれる中、混乱が生じる状況を避けようとする動きもある。欧州サッカー連盟(UEFA)の加盟協会は、事態が正常化すれば各国リーグを6月30日までに終わらせると合意。一方国際サッカー連盟(FIFA)は選手の登録期間変更などの特例措置を講じる合意が交わされたと発表している。

    3/19(木) 20:52配信フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200319-00367575-footballc-socc

    写真
    no title

    【<久保建英>レアルとマジョルカのどっちで出場?7月以降まで延期の可能性にスペイン紙注目!】の続きを読む

    756

    1: Egg ★
    現地時間3月7日に開催されたラ・リーガ第27節のエイバル戦で、マジョルカの久保建英は、1-0とリードして迎えた78分に右足で今シーズンの3ゴール目をゲット。チームに今季アウェー初勝利をもたらした。

     マジョルカがここ3試合で奪った全5ゴールに関与するなど、ここにきて一気に評価を高めている日本代表MFに現地も注目。スペイン紙『AS』は「クボの未来」と題して、来シーズンの“処遇”について展望している。

     周知の通り、久保は現在レアル・マドリーからマジョルカにレンタルされている。来シーズン、マドリーに復帰するのか、マジョルカでレンタルを継続するのか(1部残留が条件となるだろうが)、それとも他のクラブに貸し出されるのか、関心を集めている。

    『AS』紙は、「ルカ・モドリッチの去就と、復帰が取り沙汰されているマルティン・ウーデゴー(レアル・ソシエダにレンタル中)の処遇次第」としつつ、「クボにとって最も理にかなった選択肢は、スタイルが合い、かつ欧州カップ戦に出場するチームで武者修行をすることだろう」と綴っている。

     念頭にあるのは、攻撃的スタイルで現在4位と好調を維持するR・ソシエダへのレンタルだろう。ウーデゴーがマドリー復帰となれば、同じレフティーで技巧派の久保を迎え入れられれば、ソシエダにとっても願ったりかなったりだ。

     また記事は、クボがEUパスポートを持っていないことも「状況を複雑にしている」と伝えている。ラ・リーガではEU外選手は3人しか登録できず、マドリーでは、エデル・ミリトン、ヴィニシウス・ジュニオール、そしてロドリゴのブラジル人3選手がそれに該当。

    さらに今夏にはブラジル五輪代表候補のMFヘイニアルの獲得も決定している。同紙は、シーズン終盤のパフォーマンス、とりわけ4月のマドリー戦でのそれが、久保の今後に影響すると報じている。

     そして、東京五輪については、「クボは日本で歴史的な大会と見なされている東京オリンピックの象徴的な存在であり、本人も出場を望んでいる」としたうえで、「(マドリーの)ジネディーヌ・ジダン監督がプレシーズンキャンプへの参加を望めば、五輪に参加できない可能性もある」と指摘し、こう続けている。

    「レンタル移籍であれば、その貸出し先の判断となる。いずれにしても、マドリー上層部の計画と新型コロナウイルスの問題もあり、クボの未来は宙に浮いている」

     コロナウイルスの影響で、28節と29節の2節分が延期になるなど、先が読めないラ・リーガの終盤戦。久保にとっては、来シーズンにマドリーでプレーできるかどうかの試金石となる重要な11試合となりそうだ。

    3/13(金) 19:37配信サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200313-00070791-sdigestw-socc

    写真
    no title

    【<久保建英のマドリー復帰の可能性>鍵はモドリッチ】の続きを読む

    748

    1: Egg ★
    新型コロナウイルスの流行に伴い、リーガ・エスパニョーラでは10日以降、2週間にわたる全公式戦の無観客開催が決まった。中でも大きな打撃を受けたのがMF久保建英所属のマジョルカ。大入りが予想される本拠地でのバルセロナ戦を週末に控えるなか、普段よりはるかに高いチケット料金を設定していたが、約5300万円という入場料収入が一挙に消えてしまった。

     14日に予定されているバルセロナ戦は、残留を争うクラブにとっても、古巣に挑む久保にとっても重要な一戦。クラブは今月3日にチケット発売を開始して以降、偽造チケットや子供用チケットで入場しようとするファンへの警戒強化を公表するなど、普段とは異なる体制で販促に取り組んでいた。

     入場料も普段と大きく違った。バルセロナ戦の設定料金は安い席から70€(約8300円)、140€、170€、240€、290€(約34400円)。中位~下位が相手であれば最高額席でも70€程度だが、それぞれ4~5倍の値段だ。また同じく名門クラブのR・マドリー戦でも、最も高い席は250€で売られていた。すなわち、バルセロナ戦は1年で最も大きなビッグマッチと言える。

     今回、リーグ側が発表した無観客試合の対象期間は2週間。リーグ戦の第28節、第29節が組まれている。この期間中、平時以上の大入りが期待できるバルセロナとR・マドリーのアウェーゲームは1試合のみ。R・マドリーは2試合ともホームゲームのため、最も大きな損失を被ったのはマジョルカだと言える。

     地元紙『ディアリオ・デ・マジョルカ』によると、チケットはほとんど売り切れていたといい、入場料収入の損失額は1試合で約45万ユーロ(5300万円)。『マジョルカ・デイリー・ブリティン』は損失金額だけでなく「この試合に向けて、何ヶ月も前からカレンダーを赤く塗っていた地元ファンを失望させた」と地元ファンの悲しみも伝えている。

    3/11(水) 5:30ゲキサカhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-43478892-gekisaka-socc

    写真
    no title

    【<久保建英所属のマジョルカ>次節バルセロナ戦の無観客決定で“大損失”】の続きを読む

    このページのトップヘ