最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 岡崎慎司

    1466

    29日のラ・リーガ第21節、ウエスカは敵地ホセ・ソリージャでのバジャドリー戦に3-1で勝利した。FW岡崎慎司は2試合連続で先発出場を果たし、負傷のため53分にピッチから退いた。

    解任となったミチェル氏の後を継いでウエスカを率いるパチェタ監督は、この試合でも3バックのシステムを継続。3-5-2のシステムで、岡崎とラファ・ミルを2トップとして起用した。

    このシステムによりポゼッションフットボールから堅守速攻のフットボールにスタイルを変化させたウエスカは、バジャドリーの攻撃を防ぎながら決定機を迎えていき、37分に先制点を獲得。マフェオのクロスからラファ・ミルがヘディングシュートでネットを揺らした。

    先制したウエスカは、2トップのもう一角である岡崎も45分にGKマシップのクリアミスからボレーシュートを放ってゴールをうかがったが、これは枠を捉えられず。1点リードのまま試合を折り返した。

    ウエスカが追加点を獲得したのは、後半開始から4分後のこと。マフェオの前方のスペースへのパスから、ラファ・ミルがフィニッシュと、1点目と主役たちが再び結果を残した。勢いに乗るウエスカだが、53分には岡崎がエスクリチェと交代……。日本人FWはどうやら左足に問題を抱えたようで、交代後に痛めた箇所をアイシングしている。

    リードを得て堅守速攻の塩梅を強めるウエスカは、57分にエスクリチェのスルーパスからラファ・ミルがまたもマシップを破り、ハットトリックを達成。後半アディショナルタイムにはトニ・ビジャに1点を返されるも、2点リードで試合終了のホイッスルを迎えた。

    今季2勝目、12月12日以来となる白星を飾ったウエスカは、残留圏17位オサスナと暫定勝ち点3差で最下位に位置している。同チームが次戦に臨むのは、本拠地アルコラスでのレアル・マドリー戦。岡崎の左足の状態と、その大一番に出場できるかが気になるところだ。



    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f41d72b9b9e0bfcafd9795fdf9c7cab46867bd28

    1388

    レバンテ戦に先発出場、ゴール前でのオーバーヘッドキックが相手のハンドを誘う
     スペイン1部ウエスカの日本代表FW岡崎慎司は現地時間22日、リーガ・エスパニョーラ第15節のレバンテ戦に先発し、前半27分に相手ゴール前でオーバーヘッドキックを披露すると相手DFのハンドを誘発した。このPK獲得シーンに海外メディアも反応しており、「アクロバティックなショット」などと伝えている。

     今季スペイン1部に初参戦の岡崎は、リーガ第12節のグラナダ戦(3-3)で待望の初ゴールをゲット。その後3試合連続でスタメンを飾るなか、レバンテを相手に魅せた。

     0-0で迎えた前半27分、左サイドのMFハビエル・オンティベロスがクロスを送ると、ゴール前の岡崎の頭上を越えて後方にいた相手FWホルヘ・デ・フルートスの太もも付近に当たってボールが跳ね上がった。ゴールを背にしていた岡崎は、このボールに素早く反応しオーバーヘッドキックを敢行。右足から放たれたシュートは、マークしていたDFルベン・ヴェソの手に当たった。

     プレーはその後続行されるが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の助言によりPK判定に。これをオンティベロスが決めてウエスカが先制した。

     このシーンについて、スペイン紙「AS」がマッチレポート内で「オカザキによるアクロバティックなシュート」と伝えれば、衛星放送「ユーロ・スポーツ」スペイン版は「オカザキが好機誘発! 彼がエリア内でオーバーヘッドキックによるフィニッシュを試みると、ボールはディフェンダーの手に当たった」と速報している。

     岡崎のストライカーの嗅覚がPKを呼び込み先制したウエスカだったが、後半に失点して1-1のドロー。いまだ今季1勝で最下位に沈んでいるものの、“侍FW”の調子は上向きなだけに今後の爆発に期待が高まる。

    引用元:https://www.football-zone.net/archives/299826

    1380

     リーガ・エスパニョーラ第14節が18日に行われ、ウエスカとアスレティック・ビルバオが対戦した。ウエスカに所属している岡崎慎司は、リーグ戦2試合連続となるスタメン出場を果たしている。

     試合は序盤から拮抗した展開となり、両者譲らない一進一退の攻防が繰り広げられる。アスレティック・ビルバオはイニャキ・ウィリアムスが持ち前のスピードを生かしてチャンスを演出すると、ウエスカもハビエル・オンティベロスがテクニカルなドリブルから果敢にシュートを狙う。それでも、前半にネットが揺れることはなく、スコアレスで後半に突入した。

     後半に入っても両者ゴールを奪うまでには至らず。このままスコアレスドローで終了かと思われた84分、遂に試合が動く。敵陣でボールを奪ったアスレティック・ビルバオは、すぐさまショートカウンターで反撃に出る。浮き球スルーパスから最後はケナン・コドロが相手DFの背後に抜け出すと、ウエスカのホルヘ・プリードに倒されてPKを獲得する。プリードはこの日2枚目のイエローカードを提示されて退場処分となった。このPKをコドロが自ら沈め、試合終了間際にアスレティック・ビルバオが先手を取った。

     勢いに乗るアスレティック・ビルバオは後半アディショナルタイム、右からのコーナーキックをウナイ・ヌネスが頭で押し込み、試合を決定付ける。このままタイムアップを迎え、アスレティック・ビルバオがウエスカを2-0で下した。ウエスカの岡崎は61分までプレーしている。

     次節は22日に行われ、ウエスカはホームでレバンテと、アスレティック・ビルバオは敵地でビジャレアルと対戦する。



    引用元:https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20201219/1155518.html

    1367

    1: 久太郎 ★
    【ウエスカ 1-0 アラベス ラ・リーガ第13節】

     ラ・リーガ第13節のウエスカ対アラベスが現地時間12日に行われた。試合は1-0でホームのウエスカが勝利した。ウエスカの岡崎慎司は先発出場し、86分までプレーしている。

     前節グラナダ戦で今季初ゴールを記録した岡崎は、負傷明け後初の先発出場。前半から得点を予感させた。


     42分、岡崎は左からのグラウンダーのクロスに合わせてゴールネットを揺らす。しかし、オンティベロスがクロスを入れる際に相手を蹴ってしまったため、得点は認められずに折り返した。

     後半立ち上がりにも岡崎がゴールネットを揺らす。48分、右サイドのスペースを突いてパスを受けた岡崎はペナルティエリア右に持ち込んでシュートを放ち、ニアを射貫いた。だが、こちらはVARでオフサイドが確認されて取り消されている。

     それでも先制したのはウエスカ。66分、左サイドでボールを持ったオンティベロスがドリブルでペナルティエリアに侵入して右足でシュートを放つと、見事ゴール右隅に決めた。

     その後も前半で体を張った岡崎は86分に交代。ウエスカは今季初勝利のために最後まで集中を切らさず、逃げ切りに成功した。

    【得点者】
    66分 1-0 オンティベロス(ウエスカ)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fb48014b4ab51bb31c54dd97257218e25ec14f47

    【【動画あり】岡崎慎司、2度ゴールネット揺らすも2戦連発弾は幻に…。それでもウエスカが待望の今季初勝利】の続きを読む

    1362

    1: Egg ★
    スペイン1部ウエスカの日本代表FW岡崎慎司(34)が、3―3の引き分けだった6日のグラナダ戦で決めた得点が、リーグ第12節のベストゴールに選出された。

    後半19分からピッチに立った岡崎は、同37分に約35メートルのロングループシュートを決めて、スペイン1部初ゴール。
    ウエスカの公式ツイッターにゴールシーンの動画がアップされると絶賛の嵐となり、現地でも話題になっていた。

    9日には、リーグ公式ツイッターが、動画付きで「初ゴールとなったミドルループ弾が第12節ベストゴールに輝きました」と伝えた。
    チームはリーグ戦未勝利(4敗8分け)で20チーム中最下位に沈んでいるだけに、12日のアラベス戦で2戦連発の期待がかかる。日本人ストライカーは、チームを浮上させることができるか。

    2020年12月10日 18時10分 東スポWeb
    https://news.livedoor.com/article/detail/19359438/

    動画 (2:08~
    https://youtu.be/C1eXQMdaZXw


    岡崎慎司の“35m超ループ弾”が「今節ベストゴール」に選出 リーガ公式称賛「真の芸術作品」
    https://www.football-zone.net/archives/297479

    【【動画あり】<FW岡崎慎司(34)>“35m超ループ弾”が「スペイン・リーガ今節ベストゴール」に選出!絶賛の嵐「真の芸術作品」 [Egg★]】の続きを読む

    このページのトップヘ