最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 日本代表

    1780

    1: ファムシクロビル(岐阜県) [TW]
    モンゴル戦(W杯アジア2次予選)は、終わってみれば 14-0。
    クリンチで逃げるのが精一杯の、戦意を喪失したモンゴルに対し、
    日本は容赦なく最後まで殴りかかった。

    日本の勝利自体は喜ばしいことではある。ただ、欧州では
    (南米でもそうだろうが)、10点以上奪うのはマナー違反。
    得失点差が絡んだ試合でない限り、5点ぐらいで打ち止めに
    しようとする風土がある。

    2001年3月。スタッド・ドゥ・フランスで行なわれたフランス対日本
    の親善試合。日本が0-5で大敗した試合だ。その後半なかばだった。
    ロベール・ピレスがタッチライン際でボールを受け、前進しようとした
    瞬間、背後のベンチから声が飛んだ。

    「もう止めておけ」

    フランスは日本の息の根を止めることを避けようとした。
    相手を完全に殴り倒すことは、スポーツの親善外交上、
    好ましくない振る舞い。礼儀知らずの作法になる。

    一方、ドイツは2002年日韓共催W杯で、サウジアラビアに8-0の
    勝利を収めた。欧州各国はその行きすぎた行為に対して、非難を
    浴びせたものだ。しかしドイツは懲りることなく2014年ブラジルW杯で、
    再びマナー違反を冒す。準決勝でブラジルに7-1の勝利を飾る。
    開催国を奈落の底に突き落とす礼儀知らずの大勝劇を演じた。
    その夜、ブラジル全土に放送された現地のスポーツニュースは、
    ドイツの攻撃を、空爆の被害を受ける実際の戦争映像と
    重ね合わせる自虐的とも言うべき手法で、大敗を悼もうとした。

    モンゴルをコテンパンにやっつけてしまった日本を褒める気はしない。
    日本が欧州大陸の一国だったら、糾弾されていたに違いない。
    モンゴルのサッカー界が、ショックでしばらく寝込んでしまう可能性を、
    否定することはできないからだ。
    (中略)
    14-0。強化ということで考えれば、歴史的大勝劇の陰で露呈した
    監督の采配が心配になる。モンゴル相手に大胆になれない、
    よく言えば生真面目さ。悪く言えば臆病さ、心配性。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f0f1f71930317adb1489418755feb76c4357ea2?page=1

    【杉山茂樹「10点以上奪うのはマナー違反 相手を完全に殴り倒すのは礼儀知らず」】の続きを読む

    1778

    1: 豆次郎 ★
    3/30(火) 21:19
    配信
    SOCCER DIGEST Web
    大迫がハットトリック!

    日本代表、モンゴル相手に予選最多得点更新の14発!! W杯2次予選5連勝で最終予選進出へ王手!
    3ゴールを挙げた大迫。大勝に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)
     カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル代表対日本代表の一戦が3月30日、フクダ電子アリーナで行なわれ、14-0で日本が勝利を収めた。

     モンゴルのホーム扱いで行なわれた無観客開催の試合は、立ち上がりから日本が主導権を握り、13分に松原からの折り返しを受けた南野が左足で蹴り込み先制点。日本が南野のワールドカップ予選5試合連続ゴールとなる得点でリードする。

     日本はここからゴールを量産。23分に南野のスルーから、受けた大迫がゴール前に持ち込み2点目をゲット。26分には鎌田が松原からのクロスを冷静に押し込み3点目。さらに33分には守田が代表初ゴールとなる4点目を決め、39分にはオウンゴールで5点目を奪った。前半は、日本が大量5ゴールを奪って折り返した。

     後半に入り、最初のゴールは大迫が決める。55分、CKの流れから鎌田がドリブルで仕掛けて折り返すと、大迫が合わせてゴールネットを揺らす。日本が6-0とした。さらに、68分には大迫のポストプレーから最後は途中出場で代表デビューを果たしたばかりの稲垣祥が冷静に右足で沈め7点目をゲット。稲垣の代表デビュー戦ゴールでリードを広げる。

     日本の勢いは止まらない。73分にはゴール前の浮き球を処理した伊東純也が押し込み、8点目を奪うと、78分に途中出場の古橋亨梧が頭でねじ込み9点目。直後の79分には再び伊東がドリブルで持ち込み右足で蹴り込み10点目を決めた。日本はこれでワールドカップ予選での最多得点記録に並んだ。さらに、日本は86分、古橋がこの日2点目を奪い11-0とし、予選での最多得点記録を更新した。

     終了間際には、浅野拓磨が12点目、さらに大迫がハットトリックとなる13点目、稲垣が14点目を追加。結局、試合は14-0でタイムアップ。日本がワールドカップ・アジア2次予選5連勝とし、勝点を15に積み上げて最終予選進出に王手をかけた。

    【【全14ゴール集 動画あり】日本代表、モンゴル相手に予選最多得点更新の14発!】の続きを読む

    1776

    1: 久太郎 ★
    国際親善試合のU-24日本代表対U-24アルゼンチン代表が3月29日、北九州スタジアムで行なわれ、日本が3-0で勝利を収めた。

     日本は3日前の26日に行なわれた第1戦からスタメン9人を変更。前回に続き先発入りしたのは久保建英と板倉滉の2名となった。

     試合は立ち上がりから日本が積極果敢なプレッシングでペースを掴み、両サイドの相馬勇紀、食野亮太郎の積極的な仕掛けや久保のスルーパスなどからチャンスを窺う。一方、守備では町田浩樹、瀬古歩夢の両CBと田中碧、板倉のダブルボランチを軸にタイトな守備でアルゼンチンにつけ入る隙を与えない。

     すると44分、日本は瀬古のロングフィードに林大地が抜け出し、GKとの1対1を制してゴール右に突き刺す。日本が先制に成功した。前半は日本の1点リードで終了した。

     後半に入り、アルゼンチンも攻撃のテンポを上げて反撃を試みるが、日本は序盤の相手の攻勢を凌ぐと再びペースを掴む。そして68分、日本はCKのチャンスを得ると、久保のクロスに板倉が頭で合わせネットを揺らす。日本がリードを2点差に広げる。

     さらに73分にも再びCKから追加点。やはり久保のクロスから板倉が頭から飛び込み、アルゼンチンゴールに突き刺した。日本が南米王者を突き放す。

     結局、日本は3-0でアルゼンチンに完勝。第1戦の雪辱を果たし、1勝1敗で今回の親善試合を終えた。
    【【動画あり】U-24日本、アルゼンチンとの第2戦に3発完勝! 林先制弾&板倉2発で南米王者にリベンジ成功】の続きを読む

    1769

    1: 久太郎 ★
    『SAISON CARD CUP 2021』が26日に行われ、U-24日本代表とU-24アルゼンチン代表が対戦した。

     今夏の東京オリンピックで金メダルを目指す五輪世代の日本代表にとって、2020年1月のAFC U-23選手権以来となる、約1年2カ月ぶりの国際試合。また、アルゼンチンの選手たちは入場時、昨年11月に60歳で死去したディエゴ・マラドーナ氏に捧げる特別仕様のユニフォームを着用し、試合前にはマラドーナ氏らへの黙祷が捧げられた。

     試合開始からテンションの高い入りを見せた“南米王者”アルゼンチンは、8分に決定機を迎える。力強いドリブルで右サイドからペナルティエリア右の深い位置に侵入したアドルフォ・ガイチが折り返し、フェルナンド・バレンスエラが頭で合わせると、シュートはクロスバーに直撃した。

     アルゼンチンは、19分に2度目の決定機。味方からのスルーパスに抜け出したF・バレンスエラが左足のループシュートでゴール右隅を狙ったが、これもポストに阻まれる。すると21分、アルゼンチンが先制する。背後からのボールに抜け出したマティアス・バルガスが板倉滉とのマッチアップを制し、右サイドから柔らかいクロスを供給。中央でガイチが頭で合わせると、ボールはクロスバーにも当たってゴールに吸い込まれた。

     追う展開になった日本は32分、右サイドから中央に切り込んだ田川亨介が右足でゴール右上を狙うが、強烈なシュートは惜しくもクロスバーの上に外れた。前半を通じてアルゼンチンのスピード感あふれる攻守に苦しめられた日本は、1点のビハインドで試合を折り返した。

     後半に入って持ち直した日本は59分、背後からのスルーパスに抜け出した田川がペナルティエリアの左からフィニッシュを試みるものの、相手GKヘレミアス・レデスマの飛び出しに阻まれる。62分には右サイドの深い位置でフリーキックを獲得すると、キッカーは久保。左足でゴールに向かう鋭いボールを供給するが、相手GKレデスマに弾き出された。

     日本は70分にビッグチャンスが到来。途中出場の相馬勇紀が左サイドを切り裂いてスルーパスを供給し、抜け出した久保がグラウンダーで折り返してゴール前で混戦が生じる。田川が押し込もうとするが、シュートは相手DFのブロックに阻まれてネットを揺らせなかった。74分には三好康児が右サイドから左足でファーサイドのポスト前に鋭いクロスを供給。飛び込んだ相馬が合わせようとしたが、寸前で相手DFにカットされた。

     日本は80分にも決定機を迎える。渡辺皓太が前方にシュート性の浮き球を供給し、食野亮太郎が胸で落としたボールに反応した久保が右足でボレーシュートを放ったが、枠を捉えることができない。

     試合はこのまま終了。日本は1点が遠く、アルゼンチンに0-1で敗れた。なお、U-24日本代表とU-24アルゼンチン代表は、29日に『北九州スタジアム』でも対戦する。同試合は19時45分のキックオフを予定しており、『BS朝日』にて生中継、および『TVer』でライブ配信される。

    【スコア】
    U-24日本代表 0-1 U-24アルゼンチン代表

    【得点者】
    0-1 21分 アドルフォ・ガイチ(アルゼンチン)

    【スターティングメンバー】
    U-24日本代表(4-2-3-1)
    大迫敬介;菅原由勢、渡辺剛、板倉滉、旗手怜央(66分 古賀太陽);渡辺皓太、中山雄太;三好康児(87分 林大地)、久保建英、三笘薫(66分 相馬勇紀);田川亨介(78分 食野亮太郎)

    【【動画あり】U-24日本代表、南米王者アルゼンチンとの初戦は黒星…善戦も1点遠く完封負け】の続きを読む

    1767

    1: 久太郎 ★
    国際親善試合が25日に行われ、日本代表と韓国代表が対戦した。

     日本のスターティングメンバーはGKが権田修一、最終ラインは右から山根視来、吉田麻也、冨安健洋、佐々木翔の4枚。遠藤航と守田英正がダブルボランチを組み、前線は右に伊東純也、トップ下に鎌田大地、左に南野拓実が並び、大迫勇也がワントップを務める。

     最初にチャンスを作ったのは日本。6分、左サイドから佐々木が入れたグラウンダーのクロスにゴール前の鎌田が右足で合わせたが、わずかに枠の左へ逸れた。直後の10分にはショートコーナーから遠藤がヘディングシュートを放ったが、惜しくもクロスバーに阻まれた。

     試合が動いたのは16分。主導権を握る日本が敵陣深くに押し込むと、ペナルティエリア手前でルーズボールに反応した大迫がヒールでディフェンスラインの裏へパスを通す。抜け出した山根がエリア右から強烈なシュートを叩き込み、日本が先制に成功した。さらに27分、大迫を起点にカウンターを仕掛けると、追い越してパスを受けた鎌田がドリブルでエリア内へ侵入。右足を振り抜いてネットを揺らし、日本のリードが広がった。

     2点ビハインドの韓国は38分、高い位置でボールを奪ったナ・サンホがエリア内右からシュートを放ったが、大きく枠の上に外れた。前半はこのまま2-0で折り返す。

     日本はハーフタイムに鎌田を下げ、代表初招集の江坂任を投入。53分にはその江坂がエリア内でクロスのこぼれ球を拾い、右足でシュート。GKが弾いたボールを自らダイレクトで狙ったが、ここもGKのセーブに阻まれた。一方の韓国は65分、エリア手前右の好位置でFKを得ると、小さく動かしてからホン・チョルが左足で狙ったが、壁をかすめたボールはわずかにゴール右へ外れた。

     追加点を狙う日本は小川諒也、古橋亨梧、浅野拓磨を投入。81分には浅野が裏に抜け出してGKと一対一の局面を迎えたが、GKに阻まれた。それでも直後の83分、江坂が蹴った左CKに遠藤が頭で合わせ、3点目をマーク。このままタイムアップを迎え、日本が3-0で勝利を収めた。

     日本は30日に2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でモンゴル代表と対戦する。
    https://youtu.be/xSkOzFwuI4E
     

    【スコア】
    日本代表 3-0 韓国代表

    【得点者】
    1-0 16分 山根視来(日本)
    2-0 27分 鎌田大地(日本)
    3-0 83分 遠藤航(日本)

    【スターティングメンバー】
    ■日本代表
    権田修一;山根視来、吉田麻也、冨安健洋、佐々木翔(66分 小川諒也);遠藤航、守田英正(86分 川辺駿);伊東純也(74分 古橋亨梧)、鎌田大地(46分 江坂任)、南野拓実(86分 脇坂泰斗);大迫勇也(77分 浅野拓磨)

    □韓国代表
    チョ・ヒョヌ(46分 キム・スンギュ);キム・テファン、ウォン・ドゥジェ(62分 イ・ジンヒョン)、キム・ヨングォン、ホン・チョル;パク・ジス;チョン・ウヨン#5(76分 イ・ドンギョン)、ナム・テヒ(82分 キム・インソン)、ナ・サンホ(46分 チョン・ウヨン#22);イ・ガンイン(46分 イ・ジョンヒョプ);イ・ドンジュン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/51e9568114b201d19db37f78c65f8e6f5ad7c2ce


    【【動画あり】日本、韓国に3発快勝!代表デビューの山根が初ゴール、鎌田と遠藤が追加点】の続きを読む

    このページのトップヘ