最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 日本代表

    1766

    【U-24日本代表】むき出しのライバル心に勝ち、アルゼンチンにも勝つ。渡辺剛「負けない力をつけてきたつもり」

    U-24日本代表の合宿3日目には海外組が本格合流を果たした。国内組の年長者である渡辺剛は制限がある中でも積極的にコミュニケーションを取り、チーム力の向上と自身のパフォーマンスを最大限発揮できるように努めている。


    金メダルを取るために強豪を倒さないと
     海外組が合流した合宿2日目。練習開始時に、海外組と積極的に話す渡辺の姿が目に付いた。今回は新型コロナウイルスの感染予防のため、行動が制限されており、宿舎の食事会場やミーティングルームで話すことができない。コミュニケーションを取るのは、主に練習中のピッチの上になる。

    「コミュニケーションがすぐに取れる状況じゃないのは仕方ないこと。個人的に海外選手とコミュニケーションを取りたいと思ってここにきていたので、取りづらいところはあるけど、練習中に会話したり、練習後のトレーニングを一緒にやってコミュニケーションを取るという意味では、食事会場やホテルでコミュニケーション取れずとも、ピッチの中で取れているのでストレスは感じていません」

     97年の早生まれで、この代表では年長者に当たる渡辺剛は今回の合宿への招集が決まった際にも「年長者として引っ張っていくつもりで臨みたい」と話していた。

    「(板倉)滉も(中山)雄太も海外でやっている選手なので、相手がアルゼンチンという強豪で、どうやって対応すればいいかを知っていると思う。試合の話はしていないけど、練習中に『こうして行こう』という話はできています。現状、コミュニケーションは取れていますね」

     限られた時間をより濃密なものにすべく、寸暇を惜しんで行動している。

    「今回のアルゼンチンにはデカイFWがいて、強くて速い選手がいると聞いている。そういう選手を抑えられるかがオリンピックに向けて大事なことだと思う。まず、世界で活躍している選手を自分たちCBが止めて、自分たちの流れをつくるのが大事になる」

     アルゼンチン戦は、しっかり本番を想定してプレーするつもりだ。

    「うまくて強いのは分かっている。そこでしっかり我慢して失点せず、相手の嫌なことをやり続けることで、ブラジル戦もそうだったけど、焦れて相手がプレーできなくなる時間帯があると思う。まずはしっかり我慢して失点抑えたり、嫌なことをやり続けることで自分たちの時間がくる。常に相手の嫌なことをやり続けることが大事」

     2019年10月に敵地でU-22ブラジル(当時)を破った。先行されながらも我慢して戦い、田中碧の2ゴールや中山雄太のミドルシュートで逆転に成功。その経験を踏まえつつ、渡辺は今回の試合のポイントを整理している。

    「オリンピックで金メダルを取るためにはアルゼンチンのような強豪をどんどん倒していかないといけない。アルゼンチンも金メダルを取る力のあるチーム。ここに勝つことがすごく大事だと思います。自分たちはチーム力で戦っていくと思いますが、組織としての意識を共有できるようにしたい」

     チームとしてはもちろん、個人としてのアピールも今合宿では必要だ。その点も渡辺は心得ていた。

    「(本大会まで)活動も数回しかなくて試合もそんなに多くない。どうやって自分をアピールをするか、大事な試合になる。自分は海外の相手とはJリーグでもやっているし、いろいろ経験して負けない力をつけてきたつもり。そういう相手をゼロで抑えることが大事だし、そういうチームを完封するのが自分の課題。まずは全体的な守備力を見せていきたい」

     本大会に臨めるのは18人。オーバーエイジを採用するなら、メンバー入りはさらに狭き門となる。競争は激しい。中山とはこんな会話をしたと明かした。

    「ここにきている選手だけでなく、オリンピック(のメンバーに)に入りたいと思っている選手がたくさんいて、そういう選手の自分たちに対する気持ちというのは、Jリーグでやっていても感じている。そういう選手がJでも海外でもウズウズしているという話をしました。そういう気持ちをすごく感じるよねと。俺らは意識されているというか、雄太や俺を蹴落として入りたいと思っている選手がJリーグにもいるので」

     サバイバルに勝っていくという意味でもアルゼンチン戦のパフォーマンスは重要だ。26日には東京で、29日には北九州で、U-24日本代表は大会の優勝候補と激突する。



    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/586f1aab219df0510d336cf3bccc8d24b8ac98eb/images/000

    1765

    3月26日(東京スタジアム)と29日(北九州スタジアム)にU-24アルゼンチン代表と親善試合を戦うU-24日本代表は24日、千葉県内で3日目の練習を行なった。
     この日は、別メニューで調整する選手はなく、23人の招集メンバー全員が同じトレーニングをこなした。  2チームに分けての実戦形式のフォーメーション練習も行なわれ、主力組と思われるほうは4―2―3―1を採用。注目の久保建英(ヘタフェ)がトップ下、三笘薫(川崎フロンターレ)が左サイドハーフに入った。2人が絡む場面はわずかだったが、短いパス交換から密集地帯を突破するシーンも見られた。  このチームは、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、最終ラインは右から菅原由勢(AZ)、渡辺剛(FC東京)、板倉滉(フローニンヘン)、旗手怜央(川崎)、ダブルボランチが田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)と中山雄太(ズウォーレ)、2列目が右から三好康児(アントワープ)、久保、三笘、1トップ田川亨介(FC東京)という布陣となった。  26日の初戦では、このメンバーを中心にスタメン11人が組まれる可能性が高い。明日の前日練習で、連携を高められるか。


    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/6671fda722525bc3b003b5d8bc63321e23509a4e

    1755

    1: 久太郎 ★
    東京五輪世代のU-24日本代表は26日と29日にU-24アルゼンチン代表と親善試合に臨む
     日本サッカー協会(JFA)は19日、国際親善試合・U-24アルゼンチン代表戦(26日=東京スタジアム/29日=北九州スタジアム)に臨むメンバー23人を発表した。2試合で指揮を執る横内昭展代行監督が会見に出席。森保一兼任監督は前日18日に行われた日本代表メンバー発表会見で「(A代表で)『絶対的にスタメンでない』ということであればU-24日本代表が臨む世界的強豪のアルゼンチン戦に回ってもらい、そこで素晴らしい相手とプレーする時間が長い方が個の成長、五輪に向けての強化にもなる」と話しており、今回はA代表の常連MF久保建英(ヘタフェ)やMF堂安律(ビーレフェルト)、昨季Jリーグで飛躍を遂げたMF三笘薫(川崎フロンターレ)らが入った。

    【動画】「ヤバすぎる!」 川崎MF三笘薫、「変態スラローム」ドリブルで相手2人を“瞬殺”した瞬間

     U-24日本代表メンバーは以下のとおり。

    ■U-24日本代表メンバー

    GK
    大迫 敬介(サンフレッチェ広島)
    沖 悠哉(鹿島アントラーズ)
    谷 晃生(湘南ベルマーレ)

    DF
    板倉 滉(フローニンゲン)
    渡辺 剛(FC東京)
    町田 浩樹(鹿島アントラーズ)
    原 輝綺(清水エスパルス)
    古賀 太陽(柏レイソル)
    瀬古 歩夢(セレッソ大阪)
    菅原 由勢(AZ)
    中野 伸哉(サガン鳥栖)

    MF
    中山 雄太(ズヴォレ)
    相馬 勇紀(名古屋グランパス)
    三好 康児(ロイヤル・アントワープ)
    三笘 薫(川崎フロンターレ)
    田中 駿汰(北海道コンサドーレ札幌)
    旗手 怜央(川崎フロンターレ)
    堂安 律(アルミニア・ビーレフェルト)
    田中 碧(川崎フロンターレ)
    渡辺 皓太(横浜F・マリノス)
    久保 建英(ヘタフェ)

    FW
    食野 亮太郎(リオ・アヴェ)
    田川 亨介(FC東京)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8b2a211edb9af0569bb9bd75f66321f95186421f

    【U-24日本代表、U-24アルゼンチン代表戦に臨む23人を発表 久保・堂安と三笘が“共演”へ [久太郎★]】の続きを読む

    1752

    1: 風吹けば名無し
    【FW】
    浅野拓磨(パルチザン)
    山下敬大(サガン鳥栖)
    鈴木武蔵(ベールスホット)


    【MF】
    古橋恭吾(ヴィッセル神戸)
    稲垣祥(名古屋グランパス)
    柴崎岳(レガネス)
    伊東純也(ヘンク)
    脇坂泰斗(川崎フロンターレ)
    奥川雅也(ビーレフェルト)
    堂安律(ビーレフェルト)
    江坂任(柏レイソル)
    南野拓実(サウサンプトン)
    遠藤航(シュトゥットガルト)

    【DF】
    吉田豊(名古屋グランパス)
    吉田麻也(サンプドリア)
    酒井宏樹(マルセイユ)
    長友佑都(マルセイユ)
    山根視来(川崎フロンターレ)
    冨安健洋(ボローニャ)
    菊池流帆(ヴィッセル神戸)
    福森 晃斗(コンサドーレ札幌)

    【GK】
    川島永嗣(ストラスブール)
    権田修一(清水エスパルス)
    中村航輔(ポルティモネンセ)

    【【速報】サッカー日本代表メンバー発表、久保建英落選】の続きを読む

    1379

    1: 豆次郎 ★
    12/18(金) 7:50
    配信
    Football ZONE web
    公式インスタグラムで国ごとに特集、日本代表では6人の選手が登場

    FIFA公式が「歴代日本代表の象徴」6人を選出 “コラ画像”に海外ファン反応「翼はどこ?」

     日本代表は1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)に初出場して以降、6大会連続で本大会出場を果たしている。2002年、10年、18年とベスト16に3度進出するなどアジア強豪としての地位を固めつつあるが、W杯公式インスタグラムがそんな日本を特集。「象徴的な選手」6人の写真を使った画像を投稿し、話題を呼んでいる。


     W杯公式インスタグラムでは現在、10月以降に特定の国に注目したコラージュ画像を投稿している。その国の地図上に歴代の名手と名所などを散りばめたもので、王国ブラジルであればペレやジーコ、ロナウド、ロナウジーニョらとともにコルコバードのキリスト像が描かれ、イタリアではパオロ・ロッシやディノ・ゾフ、ファビオ・カンナバーロらとともにコロッセオがコラージュされている。

     そうしたなか、今回は日本が登場。日本地図とともに富士山や桜、鹿などが添えられ、そこに「日本の最も象徴的なプレーヤー」として6人の選手が登場している。最も大きな扱いとなったのは、18年ロシア大会で輝きを放ったMF香川真司で、同時代をともに駆け抜けた選手としてMF本田圭佑、FW岡崎慎司、MF長谷部誠が入っている。

     そして日本人選手の欧州進出のパイオニアとなり、02年日韓W杯で象徴的存在だった中田英寿も選出。さらに日本のオールドファンにとって感慨深いのは、W杯本大会には出場していないものの、90年代以降の日本サッカーを支え、53歳となった今も現役でプレーする“キング・カズ”ことFW三浦知良が入ったことだろう。

     この投稿に、コメント欄では海外ファンも反応。「ナカタとカガワ、2人のベストプレーヤー」「ハセベはレジェンド」など登場している選手に言及したコメントのほか、「シュンスケ・ナカムラは?」「そして新進気鋭の未来のスター、タケフサ・クボ」など、MF中村俊輔が選外となったことや、次代を担う若手としてMF久保建英の名前を挙げるファンもいた。また「キャプテン翼はどこ?」と、日本の人気漫画のキャラクターが描かれていないことを指摘する声も多く上がるなど、様々な反響を呼んでいる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5696204a24c67b96747d7e2627bef39f42d97a80
    no title

    【【画像あり】FIFA公式が「歴代日本代表の象徴」6人を選出 海外ファン→「シュンスケ・ナカムラは?」「翼はどこ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ