最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 南野拓実

    1421

    1: Egg ★
    新型コロナウイルスの影響で異例の開催。

    現地時間1月8日に開催されたFAカップ3回戦で、南野拓実が所属するリバプールは、敵地でアストン・ビラと対戦した。

    直近の公式戦3試合で未勝利と足取りが重いリバプールはスタメンを複数変更。昨年12月のクリスタル・パレス戦以来、出場機会を得られずに起用が注目された南野は、久々に先発に抜擢。サラーとマネと共に3トップを形成した。

    アストン・ビラがトップチームの選手とスタッフに新型コロナウイルス感染が認められたため、U-23とU-18の混合チームで挑むことになった異例の試合は、開始早々にリバプールが均衡を破る。

    4分、右サイドを攻め上がったN・ウィリアムスが絶妙なクロスを供給。これをマネがヘッドでゴールへとねじ込んだ。

    公式戦3試合ぶりの得点で先手を取ったリバプールは、その後も80パーセント以上のボール支配率を維持。圧倒的な力の差を見せつける。

    その中で南野は積極的にボールを引き出しては、少ないタッチ数でパスをさばき、チームの攻撃を活性化させるプレーを披露し、状態の良さを感じさせた。

    その後もアウェーチームが主導権を握っていたなかで、“若き”ホームチームが意地を見せる。41分、速攻から相手DFラインの背後に抜け出した17歳のバリーが相手GKケレハーとの1対1を難なく制した。

    かつてバルセロナの下部組織にも在籍した逸材のゴールでタイスコアとなった試合。英衛星放送『Sky Sports』でリバプールOBのスティーブン・ウォーノックが「クロップは激怒しただろう。

    もっとボールを早く動かし、試合を決めるべきだ」と分析したように決め手を欠いたリバプールはハーフタイムに動く。ハーフタイムにゲームメイカーのチアゴを投入し、停滞気味だった攻撃に創造性をもたらした。
     
    チームが相手を押し込むなかで、南野も決定機を得る。48分にサラーのパスを敵エリア内で受け、素早いターンから強烈なシュートをお見舞いしたが、渾身の一撃は相手DFのブロックに阻まれた。

    しばらく相手の堅牢を崩せずにいたリバプールだったが、ようやく勝ち越し点を奪う。60分、敵エリア内でサラーのパスを受けた南野が巧みなポストプレーからマイナスにボールを供給。これをヴァイナルダムがダイレクトでゴール右下隅へ蹴り込んだ。

    オランダ代表MFの一撃を受けたアストン・ビラ守備陣の集中力が切れると、一気にギアを挙げたリバプールは3分後にマネが追加点を奪取。さらに65分にもサラーがゴールを決めてリードを広げた。

    その後、得点はなかったものの、ゴールラッシュを決め込んだリバプールは4-1と勝利。緊急的な事情によってトップチームではない構成で挑んだ若きアストン・ビラに苦戦を強いられながらも4回戦へ駒を進めた。

    https://youtu.be/BFKeHH76TkE

    1/9(土) 6:36配信 サッカーダイジェスト

    https://news.yahoo.co.jp/articles/93221c17b63e48412026451051bae69816812560

    写真

    【【動画あり】<南野拓実>決勝弾をアシスト! リバプールはアストン・ビラに辛勝も…「クロップは激怒したはずだ」 [Egg★]】の続きを読む

    1381

    リヴァプールに所属するFW南野拓実が、19日に行われたプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で同リーグでの初ゴールを決めた。

    南野はクリスタル・パレス戦で今季のリーグ戦2度目の先発メンバー入りを果たし、左ウイングでスタート。3分、サディオ・マネのパスを中央で受けると、相手に寄せられながらもボールをコントロールし、右足を振り抜いてゴール左下に突き刺した。

    南野はプレミアリーグ通算18試合目の出場で初ゴールを記録。稲本潤一(フルアム、現SC相模原)、中田英寿氏(ボルトン)、香川真司(マンチェスター・U)、吉田麻也(サウサンプトン、現サンプドリア)、岡崎慎司(レスター、現ウエスカ)、武藤嘉紀(ニューカッスル、現エイバル)に続いて、日本人選手7人目となる英1部でのスコアラーとなった。

    現在25歳の南野は今年1月にザルツブルクからリヴァプールへ完全移籍し、1月5日に行われたFAカップ3回戦のエヴァートン戦で新天地デビューを飾った。今シーズンはここまで公式戦15試合に出場しており、8月29日に行われたコミュニティ・シールドのアーセナル戦で移籍後初ゴールをマーク。9月24日に行われたカラバオ・カップ3回戦のリンカーン戦では2ゴールを決めている。クリスタル・パレス戦の得点で今季4ゴール目となった。



    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/4f78eda7d70989deacbbaa2554b89292f3968919

    1365

    1: Egg ★
    イングランド・プレミアリーグの強豪リバプールで苦闘が続く日本代表MF南野拓実(25)に新たな悩みが出てきた。

    【写真】南野の美人彼女 究美くびれ披露 

     今季の南野は世界屈指の強豪で出場機会が得られずベンチ外になることもあって〝構想外〟となりつつあった。ただ、9日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのミッティラント(デンマーク)戦は、消化試合だったこともあってフル出場。その際にこれまでの前線ではなく中盤に下がってインサイドハーフとして起用され、ユルゲン・クロップ監督(53)は「そのポジションでプレーするのはたった2回目だ。最初のブライトン戦(11月28日)よりも良かった」と高評価。分厚い層の攻撃陣では起用機会がないため、今後は中盤でチャンスを与えることを示唆した。

     コンバートにより名門で生き残る光明が差してきたが、南野にとっては悩ましい状況となりそうだ。本来は最前線でゴールを決めるストライカーで、森保ジャパンでも高い決定力を見せて次期エースとしての期待が高まっている。しかし、クラブで全く役割の違うポジションでのプレーを強いられれば、高い位置でのプレーや得点に対する感覚が鈍る危険性がある。

     ほかに選択肢がなければ仕方ないが、南野にはまだ道は残されている。欧州組を担当する代理人は「ドイツを中心に高く評価するクラブはあるし、冬(の移籍市場)はいくつか声がかかるのでは」と指摘。他クラブへ移籍すれば、まだまだストライカーとして活躍できる可能性があるのだ。

     名門でのプレーにこだわるのか、本来のストライカーとして勝負するのか。南野にとってはサッカー人生を左右する冬となりそうだ。

    12/12(土) 6:15 東スポ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9cd79820b4a3ad55d58c4b3879fa7efc18fb60d8

    写真
    no title

    【<南野拓実>大きな岐路!名門リバプールで中盤挑戦か? 移籍で〝本業〟ストライカー勝負か?】の続きを読む

    1361

    久々にスタメンに抜擢されたサムライ戦士のプレーが小さくない物議を醸している。

    現地時間12月9日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ最終節(D組)で、敵地に乗り込んで最下位のミッティランと対戦したリバプールは1-1で引き分けた。大会史上最速となる開始55秒でモハメド・サラーが先制ゴールを決めたものの、劣勢となった後半にVARの介入の末に与えたPKで追いつかれた。

    この試合で物議を醸したのが、試合終盤にリバプールの南野拓実が得た決定的シーンだ。

    公式戦では2試合ぶりにスタメンで抜擢され、前半から絶好機を演出するなど存在感を示していた日本代表FWに最大の見せ場がやって来たのは、88分だった。敵エリア内でサディオ・マネの落としを受けると、右足で落ち着いてフィニッシュ。決勝弾となるゴールを決めたかに思われたが、主審はVARによるチェックでマネのハンドを取り、ゴールを取り消したのだ。

    試合の結果を左右することになった南野のゴール取り消しに地元メディアからも疑問の声が噴出している。贔屓紙として知られる『Liverpool Echo』は、「オフサイドにも見えなければ、リバプールの選手のハンドでもなかった」と訴えている。

    「ミナミノに同情する。我々は何度もVARに悩まされてきたが、これも不可解な決定だ。ミナミノがエリア内でシュートを押し込む前にマネのハンドを取られたようだが、それはどちらかと言えば、ミッティランのディフェンダーの手に当たっているように見える。本当に残念でならない」

    試合後にユルゲン・クロップ監督も「今では私もVARを信用できなくなりつつある」と語った際どい判定によって、およそ3か月ぶりのゴールが幻となった南野。出場機会を得られない現状を打破するためにも目に見える結果が欲しかっただけに悔しい判定となってしまった。


    引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/14e4b5ba2749f12c12301344f5f9bec6814462e5

    1339

    1: 砂漠のマスカレード ★
    ◇イングランド・プレミアリーグ リバプール1―1ブライトン(2020年11月28日 ブライトン)

     リバプールの日本代表MF南野拓実(25)が28日、アウェーのブライトン戦で先発フル出場。今季プレミアリーグ開幕10試合目で初のスタメン起用となったが、得点には絡めなかった。

     ポジションは4―3―3のインサイドハーフ。これまで主に3トップの一角で起用されてきた南野にとっては慣れない位置で苦戦した。

     守備は豊富な運動量とスプリントでプレスをかけ、ピンチでは自陣ゴール前まで戻るなど奮闘。一方で攻撃では効果的にボールに絡めず、後方へのパスが目立った。

     唯一のシュートは前半42分、こぼれ球をペナルティー外から右足ミドルで狙ったがGKのほぼ正面。後半20分には数少ない裏を狙う動きを見せたが、シュートに持ち込めなかった。

     リバプール加入2季目の南野は、これで今季公式戦12試合(先発4試合)に出場して3得点。リーグ戦は前節まで途中出場の5試合にとどまり、無得点だった。

     チームは後半15分にポルトガル代表FWジョタの今季リーグ戦5点目で先制したが、終了間際にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の微妙なPK判定から同点に追いつかれ、引き分けに終わった。 

    【【動画あり】リバプール南野 今季初スタメンでフル出場も得点に絡めず 6試合0得点】の続きを読む

    このページのトップヘ