最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 南野拓実

    1819

    1: 影のたけし軍団ρ ★
    まず注目されるのがW杯だ。ESLに反対するFIFAは1月に先手を打ち、各大陸連盟と共同で声明を出してESLに参加するクラブの所属選手はW杯やその予選、
    大陸選手権への出場禁止を決定。今回のESLの発足を受け、欧州サッカー連盟(UEFA)は改めてこの方針を強調した。

    これに対して、ESL側も動いた。米紙「ニューヨーク・タイムズ」によると、国際大会からの締め出しは違法にあたるとしてESLが嘆願書を複数の裁判所に提出し、提訴する構え。
    訴えが認められれば、ESL参加選手も代表の公式戦に出場できる道が開ける。

    それでもW杯への出場が認められない場合は、さらなる強硬手段も準備。ESLは「UEFAやFIFAによる制裁措置として、W杯への出場が許可されない場合は、
    独自のW杯を創設する」と表明し、今度は〝新W杯構想〟までぶち上げた。

    この問題が解決しなければ森保ジャパンへの影響も必至。ESL参加クラブであるレアル・マドリードは現在ヘタフェに期限付き移籍中のMF久保建英(19)、
    リバプールもサウサンプトンに移籍中のMF南野拓実(26)をそれぞれ保有しており、W杯開催時に復帰していれば、同じ理由で出場できないことになる。

    また、ESL参加クラブの国内リーグへの出場も大きな懸案だ。

    ESL参加クラブは加盟する各国リーグ戦には従来通り出場を希望しているが、UEFAは断固拒否。参加クラブが所属するイングランド、
    スペイン、イタリアの各サッカー協会、各リーグが共同で声明を発表し「大会の創設を防ぐために連合する」とした上で、
    代表の国際試合だけでなく「国内リーグの参加も禁止する」と宣言したのだ。

    ただ、これはもろ刃の剣となりかねない。ESL側にはかねて参加クラブの門戸を広げる構想があり、欧州各国の人気クラブを幅広く引き抜く可能性も。
    各リーグの人気クラブが離脱すれば、リーグ収入は激減するだけに、各国リーグがESL側に寝返ることもあり得る。

    さらに欧州事情に詳しい代理人が「本当に分断することになったら、それぞれが選手を囲うような事態も考えられる」と指摘するように、移籍市場も大混乱に陥る。
    両勢力の対立が深まれば、クラブ間の交渉が必要な大多数のケースで、ESLに所属するクラブが参加しないクラブとの交渉を閉ざすことも考えられる。逆もまたしかりだ。

    例えば今夏の移籍市場ではフランス1部パリ・サンジェルマンのFWキリアン・エムバペ(22)やドイツ1部ドルトムントのFWエーリングブラウト・ハーランド(20)が注目されるが、
    現状では新リーグに参加しない両クラブがESLの価値上昇を防ぐために移籍先候補から参加クラブを除外する可能性もある。

    世界のサッカーシーンが一変してしまう新リーグはこのまま発動するのか。今後の動向から目が離せない。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/3050822/


    【 欧州スーパーリーグ発足でサッカー界大分裂! 久保建英、南野拓実のW杯出場も消滅危機】の続きを読む

    1510

    1: live ★
    サウサンプトンの日本代表FW南野拓実がまたやってみせた。

    サウサンプトンは20日、プレミアリーグ第25節でホームにチェルシーを迎えた。

    この試合で3試合連続でスタメン出場となった南野。ホームでの2試合目となった試合だが、強豪相手に結果を残す。

    互いにスコアを動かせないまま迎えた33分、ネイサン・レドモンドからのスルーパスをセンターバックの間で受けた南野は、そのまま独走する。

    ボックス内に侵入した南野は、GKエドゥアール・メンディと一対一に。すぐにシュートを打たずにフェイントをかけると、追いかけて来たセサル・アスピリクエタを滑らせることに成功。さらに、クル・ズマも追いかけるのを諦めていたため、空いたコースに冷静に流し込んだ。

    南野はこれで移籍後2点目。一方のチェルシーはトーマス・トゥヘル監督就任後2失点目。1失点目はオウンゴールだったため初めて失点を喫したこととなった。

    南野のホーム初ゴールで先制したサウサンプトンは前半を終えて1-0でリードしている。

    【【動画あり】南野拓実がチェルシー相手に技ありゴール!】の続きを読む

    1482

    1: 砂漠のマスカレード ★
    0-2の劣勢から反撃の一撃を奪う

     サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間6日、プレミアリーグ第23節ニューカッスル戦に移籍後初先発を果たし、0-2で迎えた前半30分にいきなり初ゴールを決めた。



     南野は今冬の移籍市場最終日となった1日に、土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定。チームは前節、マンチェスター・ユナイテッドに0-9と歴史的大敗を喫しリーグ戦4連敗。4試合1ゴールと深刻な得点力不足に陥っており、テコ入れが必要な状況下でラルフ・ハーゼンヒュットル監督は敵地ニューカッスル戦で南野のスタメン起用に踏み切った。

     新天地デビューとなる南野は、左サイドハーフで先発。チームが前半16分、26分と失点するなか、同30分に大仕事をやってのける。左サイドのDFライアン・バートランドからのグラウンダーのアーリークロスをニアサイドで絶妙なタッチで受けて相手DF間を突破すると、トラップしたボールがやや前方に流れたものの踏ん張り、左足を一閃。強烈な一撃がニアサイドを破り、相手GKも反応しきれなかった。

     サウサンプトンのデビュー戦でいきなり結果を残した南野。新加入の日本人アタッカーが反撃の狼煙を上げる一撃を奪っている。
    【【動画あり】南野拓実、サウサンプトン初陣で初ゴール! 絶妙トラップから左足一閃…相手GK動けず】の続きを読む

    1472

    1: 砂漠のマスカレード ★
    リバプールのFW南野拓実(26)がサウサンプトンに期限付き移籍することで基本合意に達したようだ。移籍期間は今季終了までの半年間とみられる。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

     今冬の移籍市場の締め切りは現地時間の2月1日23時となっている。同メディアによると、サウサンプトン側は1日午前に6か月のローン契約についてリバプールとの交渉を開始。数時間前に両クラブ間で基本合意に至り、南野は1日夜にメディカルチェックを受けたという。

     今後、2日のプレミアリーグ第22節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先立ってサウサンプトンに合流する予定だが、同試合の登録には間に合わなかったと伝えられている。

     南野は昨年1月にザルツブルクからリバプールに完全移籍した。2シーズン目の今季は、ここまで公式戦17試合に出場し、4ゴールを記録。直近の公式戦3試合を欠場するなど、最近は出番が減っていた。

    南野 成績

    第11節 出場せず
    第12節 後半1分~
    第13節 出場せず
    第14節 フル出場 1得点
    第15節 出場せず
    第16節 出場せず
    第17節 出場せず
    第19節 出場せず
    第18節 後半39分~
    FA杯4回戦 出場せず
    第20節 出場せず
    第21節 出場せず

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f89f8a298e2c2135e28095941765fd259a6a824f
    2/2(火) 7:19配信

    【リバプール南野がサウサンプトンへのレンタル移籍で基本合意! 英メディア報じる 9試合1得点】の続きを読む

    1459

    1: 砂漠のマスカレード ★
    カップ戦でも出場なし…南野の苦境は続く。(C)Getty Images

     プレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦でリーグ初ゴールを決めた他、その後も効果的なプレーを続けて歴史的大勝に大貢献したことで、現地メディアからの評価が一気に上昇した南野拓実だったが、そこからの公式戦7試合でのプレー時間はわずか68分にとどまっている。

    【動画】南野拓実がプレミア初得点を挙げたクリスタルパレス戦の全ゴールハイライト

     FAカップ3回戦(対アストン・ビラ)でのスタメン出場(62分で交代)と、リーグ18節のバーンリー戦で終盤の6分間だけという、ユルゲン・クロップ監督の起用については、チームの不調も相まって、指揮官に厚い信頼を寄せてきたファンも、疑問と不満の声を上げるようになった。

     メディアからも、南野の出場を待望する声は多く出るようになっているが、それでも変わらぬ状況に、英国の総合サイト『HITC』は「クロップは700万ポンドのリバプール・プレーヤーに対して明確なメッセージを送った」と題した記事で、26歳の日本人選手の今後を危ぶんでいる。

     同メディアは、昨年1月にレッドブル・ザルツブルクから700万ポンド(約11億円)の移籍金で加入した南野が、多くのメディアが先発出場を予想したFAカップ4回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦で最後までベンチを温め、さらにFWの交代でディボック・オリギが選択されたことで、「この日本代表選手が、どれだけ序列を下げているかを示している」と指摘した。
     
     このベルギー人FWは、以前からこの冬の移籍市場でチームを去ることが噂されているが、そんな彼がクロップ監督の指名を受けたのは、過去に重要なゴール(2018-19チャンピオンズ・リーグ決勝での決勝点など)を決めた実績があるからだろうと、同メディアは推測する。

     と同時に、南野がベンチで観戦を続けていることは、「彼を信頼していないとの明確なメッセージをクロップ監督が送った」と捉えた。

    「リバプール加入以来、瞬間的に輝きを放つも、定位置を得るほどのクオリティーを見せることは少ない」という南野の今後については、「劇的な好転が見られない限り、アンフィールドでの滞在時間は短いものとなる危険性がある。ゆえに、彼は今後のキャリアについて、懸念を抱いているに違いない」と綴った。

     前述の通り、南野については称賛する声が多く寄せられている一方で、リバプールOBのジェイミー・キャラガー、元アーセナルのイアン・ライトら元選手から、チームの一員としての働きや力が不十分だと批判を受けてもいる。

     過密日程、ライバルの負傷離脱などにより、ポジション奪取のためのチャンスとされていたこの時期に訪れた思わぬ苦境……。南野はチャンスを得ることができるか。あるいは、ベンチに座り続ける試合が続くのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/26900ab0acafd171f3b05afc4f252270e3af3072
    1/27(水) 7:17配信

    【「信頼していないという明確なメッセージ」クロップ監督から“干され”続ける南野拓実の今後を現地メディアが懸念】の続きを読む

    このページのトップヘ