最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 南野拓実

    1286

    1: 砂漠のマスカレード ★
     チャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグD組第2節、リヴァプール対FCミッティランが現地時間27日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。日本代表MFの南野拓実はリヴァプール加入後としては初となるCLでの先発出場を飾った。しかし、モハメド・サラーと交代するまでの60分間は、非常に厳しいものとなった。(文:小澤祐作)

    ●アヤックス戦同様に苦戦したが…

     90分間を終えユルゲン・クロップ監督は言った。「理由は様々だが、正直なところ、思った通りにはいかなかった」と。

     リヴァプールは3日前にシェフィールド・ユナイテッド戦を消化したばかりだった。クロップ監督はその試合からスタメンを4人変更。南野拓実やディボック・オリギ、ジェルダン・シャキリら普段あまり出場機会を得られていない選手をピッチに送り出し、4-2-3-1のフォーメーションを採用している。

     少しフワッとした入りを見せたリヴァプールは、いきなりFCミッティランに決定機を作られた。2分、最終ラインからのロングボールに抜け出したアンダース・ドレイヤーがペナルティーエリア内でシュート。GKアリソンの好セーブで何とか失点は逃れたが、非常に危うい場面だった。

     その後は攻めるリヴァプール、守るミッティランという戦前の予想通りの展開となった。右サイドバック、トレント・アレクサンダー=アーノルドの右足は相変わらず脅威となっており、反対サイドのアンドリュー・ロバートソンも良い形で攻撃参加。ディオゴ・ジョッタも随所で持ち味を活かしていた。

     しかし、チーム全体として攻撃の迫力不足は否めなかった。クロップ監督が「彼らは狂ったようにプレスをかけてきて、本当に慌ただしいゲームになり、決定的な場面で落ち着くことができなかった」と話す通り、敵陣深くまで侵入することは簡単だったが、最後の部分で精彩を欠き続けた。事実、リヴァプールは前半5本のシュートを放っていたが、枠に飛んだのは1本もなかった。

     後半、クロップ監督は南野を右に回しオリギを中央、ジョッタを左に置きシャキリを低めに置いた4-3-3システムで勝負に出た。すると55分、アレクサンダー=アーノルドからのクロスをジョッタがフィニッシュ。待望の先制弾を奪った。

     リードを得たリヴァプールはサディオ・マネやモハメド・サラーを投入。相手の反撃を受けぬよう攻め続けるかつ追加点を奪うための交代だった。

     そのクロップ監督の狙いは的中した。90分にあわや同点という大ピンチを招いたものの、1分後にサラーがPKを獲得。これを背番号11自ら決め、2-0で試合を締めている。スコアだけをみれば、完勝だ。

     ただ、上記した通りクロップ監督は試合後に「思い通りにはいかなかった」と話している。前回のアヤックス戦同様、このミッティラン戦も苦戦した末に何とか勝ち点3をもぎ取ったと言えるだろう。

    ●南野拓実の最低評価は妥当

     このミッティラン戦で日本代表の南野拓実は、リヴァプール加入後としては初となるチャンピオンズリーグ(CL)での先発出場を飾った。ポジションは4-2-3-1システムの1トップ。結果が求められた。

     しかし、最終的には0得点0アシスト。チャンスを得たにもかかわらず目に見える結果をまたも残すことはできなかった。それどころか、流れの中でも良いプレーはほとんど見られなかった。

     現地紙『リヴァプール・エコー』などは南野に最低評価を与えたようだが、それも妥当と言えるだろう。また、試合後のリヴァプール公式ツイッターには「南野は終わった」、「彼はダメだ。我々のチームから出るべき」といった辛辣な投稿もいくつか寄せられていた。

     そして、クロップ監督も試合後に「タキは非常に生き生きとしていたが、明らかにゲームに参加することができていなかった」とコメント。南野は厳しい現実を突きつけられてしまった。

     先述した通り、リヴァプールは前半ほとんど大きなチャンスを作ることができなかった。その原因はオリギ、そして残念ながら南野の低パフォーマンスがあったからと言わざるを得ない。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/6bc56c596a2b09f78bdfb34e95f9216cab7b2a5b
    10/28(水) 11:56配信

    【南野拓実のワースト評価は妥当。60分間でノーインパクトという問題、狭まるリヴァプールでの居場所】の続きを読む

    1285

    1: 砂漠のマスカレード ★
     チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が27日に行われ、FW南野拓実が所属するリヴァプールはホームでミッティランと対戦した。南野は今シーズン公式戦3度目の先発出場で60分までプレーしたが、ノーゴールに終わった。

     2年ぶりの欧州制覇を狙うリヴァプールは第1節でアヤックスに1-0の辛勝。今節は、第1節でアタランタに0-4で敗れたデンマーク王者のミッティランをホームに迎えた。メンバーはモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネら主力がベンチスタートとなり、3トップはディオゴ・ジョッタ、南野、ディヴォック・オリジが入った。

     試合は開始3分、アウェイのミッティランが先にチャンスを作った。ロングボールでアンダース・ドレイヤーが抜け出しペナルティエリア内からシュートを打ったが、これはGKアリソンの好セーブに阻まれた。リヴァプールは14分、トレント・アレクサンダー・アーノルドがピンポイントのクロスを送ると、南野がゴール前に飛び出したが、空振りでシュートを打てず。

     30分、リヴァプールにアクシデントが発生。離脱中のフィルジル・ファン・ダイクの代役を務めていたファビーニョが負傷交代を余儀なくされ、代わりに19歳のリース・ウィリアムズが送り出された。

     リヴァプールは前半アディショナルタイム1分、アレクサンダー・アーノルドが右サイドからピンポイントのアーリークロスを供給。ゴール前に走り込んだ南野が頭で合わせたが、これは枠を捉えなかった。

     スコアレスで折り返したリヴァプールは55分、ついに均衡を破る。アレクサンダー・アーノルドがジェルダン・シャチリとのワンツーでエリア右に抜けて折り返すと、ジョッタが無人のゴールに沈めて先制点を挙げた。

     リードを得たリヴァプールは60分、南野とオリジを下げてマネとサラーを投入。81分にはジョッタに代えてフィルミーノを送り出す。主力3トップがピッチにそろったものの、追加点は遠い。89分には逆にピンチを迎え、ミッティランはドレイヤーがエリア右へ切り込んでループシュートで狙ったが、これは枠を捉えなかった。

     リヴァプールは後半アディショナルタイム1分、サラーが倒されてPKを得ると、自らゴール右に突き刺して試合を決めるゴールを挙げた。リヴァプールはデンマーク王者に苦戦したものの、完封勝利でCL2連勝を飾った。

     次節は11月3日に行われ、リヴァプールはアウェイでアタランタと、ミッティランはホームでアヤックスと対戦する。

    【スコア】
    リヴァプール 2-0 ミッティラン

    【得点者】
    1-0 55分 ディオゴ・ジョッタ(リヴァプール)
    2-0 90+3分 モハメド・サラー(PK/リヴァプール) 

    【【動画あり】南野拓実は今季3度目スタメンも不発…リヴァプール、ジョッタ&サラー弾でCL連勝】の続きを読む

    1257

    1: 豆次郎 ★
    10/13(火) 17:00
    配信
    デイリー新潮

    サッカー日本代表「背番号10」を南野が付けたウラ事情 久保建英はなぜ断った?

     たかが背番号、されど背番号、なのである。

     今年初めてのサッカー日本代表戦がオランダで開催されているが、事前に話題となっていたのは、日本代表のエース背番号“10”を誰が背負うか、であった。
     これまで“10”を付けていたのは中島翔哉(26)。しかし今回の遠征では招集から外れ、“10”は空位となった。中島から“10”を剥奪せざるを得ない事情については後ほど説明するが、はてさて、新たな“10”は誰になるのか、スペインリーグで成長著しい若き司令塔、久保建英(19)がいよいよ“10”を付けるのではないか? と、スポーツ各紙は期待を込めて書き立てたのだった。

    「今年は、コロナのせいで代表戦が行われなかったので、レプリカユニホームが全く売れず、アディダスは頭を抱えていました」

     とサッカーライターが語る。日本サッカー協会公式スポンサーであるアディダスは、代表のレプリカユニホームを独占的に販売している。

    「今回の代表戦はユニホームが売れる久々の機会。特に、最も売れる“10”を、いま最も注目されている久保が付ければ、爆売れ間違いなし! と踏んでいたのですが……」

     蓋を開けてみると、背番号“10”は南野拓実(25)。久保は“17”だった。

    「実は、協会は試合前、久保に背番号“10”を打診していたんです」

     と協会関係者が囁く。

     基本的に背番号は選手や監督の意向で決まる。しかし、エース番号“10”だけは、ユニホームの売り上げに直結する、つまりステークホルダーであるアディダスの意向が最優先されるのだという。

     事実、歴代の“10”を見渡すと、アディダスと契約している選手がずらり。2008年に代表デビューして以来長年に渡って“10”を背負った香川真司ももちろんアディダス契約選手である。

    「代表初選出当時の香川は、所属のセレッソ大阪で同クラブのエースナンバーである“8”をつけていました。代表でも“8”を付けたがったのですが、“10”は商売上、“アディダス”の看板選手が付けなければいけない。そこでやむなく香川は“10”をつけた。同じ時期、本田圭佑が代表の“10”を熱望していましたが、本田の契約先はミズノ。希望は叶わず、“4”をあてがわれていました」(同)

     香川の後に“10”を継承した中島ももちろんアディダスと契約していた。しかし、彼は昨年、契約先をミズノに鞍替えした。

    「今回は本人のコンディション不良のため招集から外れましたが、招集されていたとしても早晩“10”は返上する算段になっていました。アディダスとの契約を解消する時点で“10でなくなる”のは、中島も覚悟の上だったことでしょう」

     さて、ここで気になるのは、今回、アディダスが切望していたとされる“久保10番”がなぜ実現しなかったか、である。

    「実は、久保本人が打診を固辞したのです」

     と協会関係者が明かす。

    「なんでも“自分はまだそこまでの選手ではない”と。実際のところ、久保はまだA代表ではこれといった実績はありませんし、エースどころかレギュラーとすら言い難いですからね」

     たしかに、オランダ遠征初戦のカメルーン戦では彼はベンチスタートだった。

    「そんな自分が“10”を付けるのは格好悪いし、チームメイトから顰蹙を買うのではないか、と考えたみたいです。“10”はスポンサーの力ではなく“自分の力で勝ち取りたい”という気持ちもあるらしい」

     その意気込みや良し! 

     ちなみに、久保に代わって10番を背負うことになった南野も、

    「本当は、海外ではストライカーの背番号とされる“9”を希望していました。が、香川のときと事情は同じ。なので、久保より年長者で同じくアディダスと契約している南野に落ち着いたわけ。彼は所属でも“10”を背負ったことはありませんし、そもそも“10”に執着はないので、久保次第でいつでも“10”を譲るようですよ」

     舞台裏はややこしいことこの上ない二人だが、ピッチ上では思い切ったプレーを見せてほしいものである。

    週刊新潮WEB取材班

    2020年10月13日 掲載
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f763d409876f64c03391377218a59ecf5298f95d

    【サッカー日本代表「背番号10」を南野が付けたウラ事情 久保建英はなぜ断った?】の続きを読む

    1238

    1: 豆次郎 ★
    2020.10.06

    JFAが背番号を発表 中島の未招集で空きとなっていた10番は南野

     日本サッカー協会(JFA)は6日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に臨む日本代表の背番号を発表した。MF中島翔哉(ポルト)が未招集となり、注目となっていた“新10番”はリバプールのMF南野拓実が背負う。

     日本代表にとっては、昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動。新型コロナウイルス感染拡大により、年内のワールドカップ(W杯)予選は延期となったなか、今回の遠征が実施。5日から合宿を開始している。


    ■オランダ遠征の日本代表メンバー背番号

    GK
    1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
    12 権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    23 シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

    DF
    22 吉田麻也(サンプドリア/イタリア)
    19 酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
    3 室屋成(ハノーファー/ドイツ2部)
    2 植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
    20 安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    13 板倉滉(フローニンゲン/オランダ)
    16 冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
    21 菅原由勢(AZ/オランダ)

    MF
    8 原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)
    7 柴崎岳(レガネス/スペイン2部)
    6 遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
    14 伊東純也(ヘンク/ベルギー)
    10 南野拓実(リバプール/イングランド)
    9 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
    4 中山雄太(ズウォレ/オランダ)
    25 三好康児(アントワープ/ベルギー)
    11 堂安律(ビーレフェルト/ドイツ)
    17 久保建英(ビジャレアル/スペイン)

    FW
    15 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
    24 鈴木武蔵(ベールスホット/ベルギー)


    (Football ZONE web編集部)
    https://www.football-zone.net/archives/286739
    no title

    【日本代表、背番号発表! “新10番”はエース候補の南野拓実、久保17番、堂安11番】の続きを読む

    1234

    1: 首都圏の虎 ★
    現地時間4日、イングランド・プレミアリーグは第4節が行われ、リヴァプールは敵地ヴィラ・パークでアストン・ヴィラと対戦した。

    チアゴに続いてマネもコロナの陽性反応が出てしまったリヴァプールは、代役に新戦力のジョタを起用。一方、リーグ戦2試合消化で2連勝中のアストン・ヴィラは新戦力のバークリーが先発した。

    開始わずか4分、ロバートソンのバックパスをGKアドリアンが受けて右に展開するが、このパスがずれてグレアリッシュが奪い、折り返したボールをワトキンスが決めてアストン・ヴィラが先制する。

    さらに8分には、ペナルティーエリア左で仕掛けたグレアリッシュが対峙したファン・ダイクの股を抜くパスを通すと、ゴール前に走り込んだバークリーがフリーでシュート。しかし、この絶好機はゴール右へと外してしまう。

    嫌な立ち上がりとなったリヴァプールは15分、ケイタが入れたクサビをサラーが流してフィルミーノがエリア内右を抜け出す。決定機だったが、ここはGKエミリアーノ・マルティネスがファインセーブで切り抜ける。

    ピンチをしのいだアストン・ヴィラは22分、グレアリッシュのパスに左サイドを抜けたワトキンスがカットインして対峙したゴメスを振り切ると、倒れ込みながらも右足でシュート。これがゴール右へと決まり、アストン・ヴィラが追加点を挙げる。

    2点を追う格好となったリヴァプールは33分、左サイドからカットインしたジョタがゴール前にパスを入れると、ケイタのシュートはブロックされたものの、こぼれ球をサラーが押し込んでリヴァプールが1点を返す。

    これで追い上げムードになるかと思われた35分、バークリーの右CKのこぼれ球をマッギンがボレーで叩くと、これがファン・ダイクに当たってコースが変わり、ゴール左へと決まってアストン・ヴィラが再び2点差にリードを広げる。

    さらに39分、右サイドからのFKをバークリーが蹴ると、ファーサイドのトレゼゲが滑り込みながら折り返し、これをワトキンスが押し込んでハットトリック。アストン・ヴィラが4-1と突き放す。

    やや不運も重なって4失点を喫したリヴァプールは後半、ケイタに代えて南野拓実を投入。まずは2点差に詰め寄りたいところだったが、次の1点を決めたのはまたしてもアストン・ヴィラ。55分、グレアリッシュとのパス交換から、バークリーがペナルティーエリア手前左から左足を一閃。ブロックに入ったDFの足に当たって若干コースの変わったシュートがゴールに吸い込まれ、アストンヴィラが5点目を挙げる。



    ■試合結果
    アストン・ヴィラ 7-2 リヴァプール

    ■得点者
    アストン・ヴィラ:ワトキンス(4分、22分、39分)、マッギン(35分)、バークリー(55分)、グレアリッシュ(66分、75分)
    リヴァプール:サラー(33分、60分)

    https://youtu.be/EWPEeHICT6s

    【【動画あり】王者リヴァプール、衝撃の7失点大敗…アストン・ヴィラが開幕3連勝!南野拓実は後半から出場】の続きを読む

    このページのトップヘ