最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 南野拓実

    1222

    1: Egg ★
    【リバプール 3-1 アーセナル プレミアリーグ第3節】

     プレミアリーグ第3節、リバプール対アーセナルの試合が現地時間28日に行われた。リバプールが3-1の勝利をおさめている。

     先日行われたリーグカップ3回戦のリンカーン・シティ戦で2得点1アシストの活躍を見せたリバプールの南野拓実はベンチ入りを果たした。25分、アンドリュー・ロバートソンのクリアミスをアレクサンドル・ラカゼットに拾われ、先制点を決められてしまう。


     それでも28分、モハメド・サラーが放ったシュートはGKベルント・レノに弾かれるが、そのこぼれ球をサディオ・マネが押し込んでリバプールが同点に追いつく。さらに34分、トレント・アレクサンダー・アーノルドのクロスからロバートソンが得点し逆転に成功。

     そして88分、新加入のディオゴ・ジョッタもチーム3点目を決めた。後半アディショナルタイムに南野はロベルト・フィルミーノとの交代で途中出場を果たす。リードを守り切ったリバプールが3-1の勝利をおさめた。

    【得点者】
    25分 0-1 ラカゼット(アーセナル)
    28分 1-1 マネ(リバプール)
    34分 2-1 ロバートソン(リバプール)
    88分 3-1 ジョッタ(リバプール) 


    【【動画あり】<リバプール>アーセナルに3-1逆転勝利! 南野拓実のライバルがデビュー戦で会心弾!】の続きを読む

    1212

    1: 久太郎 ★
     カラバオ・カップ3回戦が24日に行われ、MF南野拓実が所属するリヴァプールはアウェイでリンカーン(3部)と対戦した。南野は今シーズン初のスタメンでフル出場。2ゴール1アシストを記録して勝利に貢献した。

     若手主体で臨んだリヴァプールは開始9分、ペナルティエリア前右の好位置でFKを得ると、ジェルダン・シャチリが鮮やかなシュートを直接ゴール右上隅に突き刺して先制に成功した。18分には高い位置でボールを奪うと、エリア前中央のこぼれ球に反応した南野が右足でゴール右隅に鮮やかなミドルシュートを沈めて追加点。南野は今シーズン公式戦2点目となった。

     さらにリヴァプールは32分、ディヴォック・オリジの落としを受けたカーティス・ジョーンズがエリア左から右足シュートを沈めて3点目。さらにC・ジョーンズは36分、エリア前でパスを受けると、華麗なターンと切り返しで相手守備陣を抜き去り、右足を振り抜く。シュートは相手選手に当たって、そのままゴールネットを揺らした。

     4点リードで折り返したリヴァプールは後半開始直後の46分、ハーヴェイ・エリオットがエリア内に抜け出すと、シュートはGKに阻まれたが、こぼれ球を南野が押し込んで追加点を挙げた。リヴァプールは57分、エリオットに代わってディオゴ・ジョッタが途中出場。新加入のジョッタがリヴァプールでデビューを果たした。

     リンカーンは劣勢だったが、60分にエリア中央で折り返しをタヨ・エデュンが右足シュートを流し込んで1点を返す。だが、リヴァプールは65分、マルコ・グルイッチがエリア前右からゴール左へシュートを沈めて5点差に戻す。それでもリンカーンは直後の66分、左CKをルイス・モントスマがヘディングで叩き込んで再び1点を返した。

     リヴァプールは89分、カウンターで南野が自陣から持ち上がり右サイドへラストパス。これをオリジがエリア右からゴール左へ沈めてダメ押しゴールを挙げた。試合はこのまま終了し、リヴァプールが大勝で3回戦突破。4回戦ではアーセナルと対戦する。

    【スコア】
    リンカーン 2-7 リヴァプール

    【得点者】
    0-1 9分 ジェルダン・シャチリ(リヴァプール)
    0-2 18分 南野拓実(リヴァプール)
    0-3 32分 カーティス・ジョーンズ(リヴァプール)
    0-4 36分 カーティス・ジョーンズ(リヴァプール)
    0-5 46分 南野拓実(リヴァプール)
    1-5 60分 タヨ・エデュン(リンカーン)
    1-6 65分 マルコ・グルイッチ(リヴァプール)
    2-6 66分 ルイス・モントスマ(リンカーン)
    2-7 89分 ディヴォック・オリジ(リヴァプール) 


    【【動画あり】南野拓実が2ゴール1アシスト!…リヴァプール、3部に7発大勝でリーグ杯4回戦進出】の続きを読む

    1187

    1: Egg ★
    プレシーズンで印象的なパフォーマンスを披露した南野、リーズ戦で先発抜擢の可能性

    リバプールは現地時間12日、2020-21シーズンのプレミアリーグ開幕戦でリーズ・ユナイテッドとの対戦を控えている。
    連覇に向けての第一歩となるが、現地メディアは日本代表MF南野拓実のトップ下での先発出場を予想している。

    昨季30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールは、約2週間の短期休暇を経て、オーストリアでキャンプイン。
    初のプレシーズンに臨む南野は、現地時間8月29日に行われたコミュニティー・シールドのアーセナル戦で移籍後初ゴールをマークすると、9月4日のブラックプール戦では1ゴール1アシストを記録した。

    いよいよ新シーズンの開幕を迎えるが、英メディア「THE BOOT ROOM」は、これまで採用してきた4-3-3システムではなく、
    今夏のプレシーズンで取り組んできた4-2-3-1システムを開幕戦のリーズ戦で採用すると予想しており、トップ下で南野の抜擢を主張している。

    昨季はノーゴールノーアシストに終わったものの、今夏のプレシーズンでは印象的なパフォーマンスを披露した南野について、
    「ブラックプール戦では90分フル出場し、No.10のポジションで納得させた。ケイタと同様、今季のアタッカー陣における重要人物」と太鼓判を押している。

    主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが負傷明けであることから、記事では代役としてギニア代表MFナビ・ケイタの起用を予想し、
    セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、エジプト代表FWモハメド・サラーが並び、かじ取り役として南野も配置されていた。

    ライバルチームが積極的な大型補強を敢行するなか、リバプールは今夏の移籍市場で静観の姿勢を示している。それだけに、南野の重要性は高まることになりそうだ。

    9/12(土) 20:06配信 フットボールゾーン
    https://news.yahoo.co.jp/articles/228ff834af6e2c07e302e0486b1d63f7c232129b

    写真
    no title

    【<リバプール南野拓実>4-2-3-1新システムで開幕戦“トップ下先発”か?現地メディアは予想「No.10で納得させた」】の続きを読む

    1179

    1: 梵天丸 ★
    9/8(火) 6:40
    配信
    Football ZONE web

    強力3トップに次ぐスコアラーとなれるか 南野が「問題解決」のキーマン

     日本代表FW南野拓実は王座防衛を狙うリバプールの“秘密兵器”となれるだろうか――。海外サッカーメディアが現在好調を維持する南野の可能性について特集している。

     今年1月にオーストリア1部ザルツブルクからリバプールへ移籍した南野。チームは悲願のプレミアリーグ初制覇を成し遂げたなかで10試合に出場して優勝メダルを手にしたものの、得点には絡むことができず、不完全燃焼でシーズンを終えた。

     勝負の2年目に向けて調整を続けている今夏のプレシーズンではアーセナルとのコミュニティーシールド、ブラックプールとのフレンドリーマッチで連続ゴールを決めてアピールしている。熾烈なポジション争いのなかで、どれだけ出場機会を手にすることができるかに注目が集まる。

     そうしたなかで「南野拓実は今季、リバプールの秘密兵器になれるのか?」と特集したのは英スポーツ情報サイト「Sportskeeda」だ。同メディアは「昨シーズン終了後、25歳の南野はチームから孤立していたように見えた。一部のファンはこの契約に疑問を持ち始めていた」と不安要素があったことを取り上げつつも、その一方で今夏のプレシーズンの活躍により、そうした不安が徐々に取り除かれていると見ている。

     そして、記事では南野がフィットできれば、チームとしてもう一段階上のレベルに到達することが可能として、次のように記されている。

    「アーセナルとブラックプールの試合で得点を決めた後、彼(南野)がさらに得点を決め始めれば、リバプールは問題を解決できるかもしれない。昨シーズン、有名なフロントスリー(フィルミーノ、サラー、マネ)に次ぐチームのトップスコアラーは5得点のDFフィルジル・ファン・ダイクだった。新たなゴールの驚異が増えれば、それはリバプールの攻撃を新たな次元に導く可能性がある」

     南野はザルツブルクではシーズン二桁得点&アシストを記録するなどゴールに絡むプレーでチームに貢献していた。フィルミーノ、サラー、マネの3トップの負担を減らすバックアッパー不在というチームの課題を解消しうる存在して、南野への期待は高まっているようだ。

     在籍2年目のシーズンを迎える南野。プレミアリーグ連覇を目指すチームのなかで、自身の価値を証明することができるだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/72e019116f888b181706ae55286717556d40d1c1

    【<南野拓実>リバプール王座防衛の秘密兵器? 英メディアが進化に期待「新たな次元に」】の続きを読む

    1172

    1: 久太郎 ★
    リバプールのユルゲン・クロップ監督が日本代表MF南野拓実の活動を評価した。クラブ公式サイトが伝えている。

    5日に行われたプレシーズンマッチでブラックプール(イングランド3部)と対戦したリバプールは7-2で圧勝。南野は2-2で迎えた54分にFWロベルト・フィルミーノの逆転ゴールをアシストすると、71分にはフィルミーノのパスからチーム5点目を奪う活躍を披露した。

    試合後のインタビューでクロップ監督はコミュニティ・シールドのアーセナル戦に続いて結果を残した南野の活躍に満足感を示し、全体的なパフォーマンスを称えている。

    「多くのことを願っているし、それは常に望んでいることだ。タキ(南野)にとっても、我々にとっても重要だ。だが、常に見ているから、全体的なパフォーマンスについて考えている」

    「そうすれば、全てが機能した時に個人が輝く。個人が少ししか輝けないのなら、本当には上手くいっていない。だからフットボールの試合で勝つために努力をしなければいけない」

    「誰がゴールするのかはあまり重要ではない。しかし、タキにとっては、この7日、8日は素晴らしいかった。もちろんね」 


    【【動画あり】「運命共同体なんだ」南野拓実、1G1Aの活躍をクロップ称賛「この7、8日は相当良かった」】の続きを読む

    このページのトップヘ