最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 柴崎岳

    1240

    1: Egg ★
    森保一監督率いる日本代表は6日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に向けて、現地で合宿2日目を迎えた。

    今回は新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。今季からレガネスに加入したMF柴崎岳はスペイン2部でプレーを続ける理由を明かした。

     柴崎はいつも通り淡々と、でも力を込めて言葉を紡いだ。今年初めての代表活動。柴崎にとっては昨年11月以来の代表戦だ。昨季はスペイン2部デポルティボでプレーするも、チームは降格。今季からはレガネスへと新天地を移した。スペインの地で様々な経験を積みながら、一つずつ自信につなげている。

    「個人的にはこの1年だけでなく、その前の2年間も含めて、その時はサイドハーフが主戦場になって、去年はセカンドボランチが多かった。個人的には中盤を幅広くカバーできるスタイルになっていると思うし、僕もフレキシブルに対応できる選手になりたいと思っていた。去年1年はボランチで出場することが多かったので、こだわりがありそうに映るかもしれないけど、そんなことはなく、チームの状況によってポジションを替えたりできることを状況次第でやっていきたいし、それを代表チームでも反映できるようにしたい」

     持ち味の攻撃センスに磨きをかけ、ボランチとしても引き出しが増えた。柔軟な対応力は日本代表でも欠かせない存在となっている。今回は森保ジャパンの核とも言える2列目で7人招集されており、これまで多くピッチに一緒に立ったMF原口元気(ハノーファー)やMF南野拓実(リバプール)、MF堂安律(ビーレフェルト)だけでなく、MF久保建英(ビジャレアル)、MF三好康児(アントワープ)との連係にも注目が集まる。

    「重視したい部分、これは常々前からいっているけど、僕自身はリンクマンとして前と後ろからつながった状態でいられる役割が求められていることだと思う。ある程度、2列目に特徴のある選手が多い中で、彼らと最終ラインの関係、間延びしないとか言葉にするとそんな感じだけど、チームとして良い距離感を保つような役割が大事になると思う」

     今季はここまでレガネスで4試合に出場している柴崎。テネリフェ時代の恩師ホセ・ルイス・マルティ監督が指揮を執るチームで、確かな手応えを得ている。

    「まず、日本に帰るという選択肢はまったくなかった。代表に入るかどうかという話ではなく、こちら(欧州)の選手や環境、プレーに触れておくという点では、こちらに身を置くのが大事だと考えている。そんなに多くのオファーがあったわけではないけれど、レガネスに加入した理由は監督もよく知ってくれている人物だし、2部とはいえ非常に競争力のあるリーグで、見てきた経験上、2部でもしっかり存在感を発揮できる選手は1部でも確実に通用する。2部リーグに所属していることをどう見るかは自由だけれど、僕自身はそれをプラスに捉えて研鑽を積みたい」

     リーグの厳しさを知っているからこそ今季も2部に身を置く。日本代表の“心臓”として期待される男は、スペインで日々の戦いに打ち勝って力へと変えているようだ。

    Football ZONE web 2020年10月7日 8時45分
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_286680/

    写真
    no title

    【<柴崎岳>“いばらの道”スペイン2部でプレーを続ける理由】の続きを読む

    1056

    1: 豆次郎 ★
    7/21(火) 6:13
    GOAL
    柴崎岳所属のデポルティーボ、まさかの3部降格が決定…

    デポルティーボの降格が決定(C)MutsuFOTOGRAFIA
    日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティーボ・ラ・コルーニャは、ラ・リーガ2部B(3部相当)への降格が決定した。

    前節までに勝ち点48で19位につけていたデポルティーボだが、フエンラブラダの選手6名に新型コロナウイルス感染が確認されたために20日の最終節は延期となっていた。

    しかし、同日にその他の試合は開催された。すると、残留争いのライバルであったアルバセーテが首位カディスを1-0で撃破し17位に浮上(勝ち点52)。またルーゴもミランデスに2-1と競り勝ち、16位に順位を上げている(同52)。

    18位ポンフェラディーナはレアル・サラゴサに1-2と敗れ、勝ち点は51のままとなっている。しかし、デポルティーボは直接対決の成績で劣っており(2試合合計2-3)、勝ち点で並んでも下の順位になる。そのため、延期された最終節で勝利しても19位以下が確定し、2部Bへの降格が決定した。

    2000年代前半には、チャンピオンズリーグの舞台でも躍進したデポルティーボ。スペインの名門クラブは、2部Bへと降格することとなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c5a56dbcea38d9f324fe7292bf330349fc68a398


    【柴崎岳所属のデポルティーボ、まさかの3部降格が決定・・・】の続きを読む

    994

    1: Egg ★
    2月のサラゴサ戦に続く退場
    現地時間6月23日に行なわれたスペイン2部の第35節で、柴崎岳を擁する19位のデポルティボが5位のエルチェと敵地で対戦した。

     過密スケジュールもあり、前節のラージョ・バジェカーノ戦は出番がなかった柴崎は、5-3-2のインサイドハーフで先発。ダブルボランチの一角で出場した時に比べ、前線に絡む機会が多く、序盤から積極的なプレーを披露していた。

     しかし、スコアレスで迎えた32分、敵MFホサンへのタックルが遅れ、足にチャージしてしまう。ファウルを取られた柴崎には、レッドカードが提示された。

     イエローカード2枚でプロキャリア初の退場を喫した2月23日のサラゴサ戦(第29節)以来、今シーズン2度目のレッドカード。一発退場は初めての経験となった。

     冷静なプレーが持ち味でもある日本代表MFのまさかの退場劇に、デポルティボの公式ツイッターには、「ガク、何してる!」「愚かな…」「このタックルは遅れてる」「最悪だ」といった嘆きの声が寄せられた。

     だが、10人となったデポルティボがここから粘りを見せる。攻勢を強める敵の攻撃を凌ぐと、65分に途中出場のウーゴ・バジェホが、値千金のヘッド弾を叩き込んだのだ。

     78分にエルチェも退場者を出したこともあり、このまま1-0でデポルティボが勝利。チームが8試合ぶりの白星を飾ったのが、柴崎にとっては幸いだった。

    https://youtu.be/-qSqbXyznLg
    no title

    【【動画あり】<柴崎岳>キャリア初の一発レッド。今季2度目の退場にファン嘆き「ガク、何してる!」「愚かな…」】の続きを読む

    641

    1: 久太郎 ★
    マーカーを分散させて決勝点をお膳立てしたほか、決定機を作るスルーパスも披露
     日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボは現地2月1日、リーガ・エスパニョーラ2部第26節ラス・パルマス戦に2-1の勝利を飾り、リーグ戦6連勝を飾った。そのなかでゲームメイクした柴崎も、地元紙でおしなべて高い評価を受けている。

     試合は前半17分にセットプレーからFWサビン・メリノがニアサイドを打ち破ってデポルティボが先制に成功。後半に入って12分にオウンゴールで同点とされたものの、その7分後に左サイドからのクロスにゴール中央に柴崎が放り込んでマーカーの集中を分散させると、ファーサイドのMFエネコ・ポペダが合わせて決勝ゴールをゲットした。

     柴崎はこの決勝点の前にも球足の長いスルーパスでメリノの決定機を演出するなど、持ち味を見せた。スペイン紙「AS」の選手採点では、スペード3つが満点の中でスペード2つの評価を受けており、地元紙「ラボス・デ・ガリシア」では10点満点中7点の評価。「彼はスタメンだったが、後半に入ってから彼がゲームメイクする試合となった。メリノにとってこの日2ゴール目がほぼ可能であったはずの、個の力を見せつけた」と、ゲームメーカーとして輝きを放ったと評価している。

     暫定ではあるものの、デポルティボはこの勝利で15位に浮上。また昇格プレーオフ圏内の6位のフエンラブラダと勝ち点差7にまで復調してきた。そのなかで柴崎のコンスタントな活躍があるのは間違いない。 


    【【動画あり】デポルティボ柴崎岳、6連勝を呼ぶゲームメイク力を現地高評価「個の力を見せつけた」】の続きを読む

    594

    1: 久太郎 ★
    スペイン紙『マルカ』は、先週末に行われたセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第24節のベストイレブンを選出し、20日に発表を行った。デポルティボの日本代表MF柴崎岳も選出されている。

     デポルティボは前節まで首位に立っていたカディスと現地時間19日に対戦し、ホームで1-0の勝利を収めた。柴崎はボランチとして先発でフル出場し、決勝点となるゴールを絶妙なスルーパスでアシストするなど好プレーをみせていた。

     デポルティボからは他に、柴崎からのパスで決勝点を決めたFWサビン・メリノもベストイレブンに選出。柴崎については「デポルティボでのベストゲームを戦った」と評されている。

     今季前半戦は開幕戦での活躍以降は低調な試合が続き、負傷などの影響もあって出場機会を失っていた柴崎だが、ここのところ公式戦3試合連続でフル出場を果たして復調の気配をみせている。チームもリーグ戦4連勝で最下位を抜け出し、3部降格圏からの脱出が見えてきた状況だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00358735-footballc-socc

    【【動画あり】柴崎岳、スペイン紙で今節2部ベストイレブンに。「デポルティボでのベストゲーム」】の続きを読む

    このページのトップヘ