最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: アーリング・ハーランド

    1516

    1: 幻の右 ★
    給与だけでも6年総額でムバッペが550億円、ハーランドが154億円と天文学的金額

    “銀河系軍団”と称されるレアル・マドリードは、サッカー界の2大若手スターのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)とノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)の両獲りを夢見ているという。スペイン紙「AS」は、この2人を獲得するために必要なコストは8億5200万ユーロ(約1092億円)にも及ぶと報じている。

    【動画】「クレイジーだ!」「今季ベストゴール」と独騒然! 怪物ハーランド、シャルケとの“レヴィア・ダービー”で決めた衝撃の“跳躍ボレー弾”

     2019年夏にチェルシーからベルギー代表MFエデン・アザールを獲得するなど、各国リーグを代表するスター選手を補強してきたレアル。新型コロナウイルスの影響で昨夏は目立った補強こそなかったものの、新戦力候補の発掘に余念はない。

     来季に向けては、パリ・サンジェルマンのムバッペと、ドルトムントのハーランドという2人の若きストライカーが獲得候補として取り沙汰されている。「AS」紙は「新しいサンティアゴ・ベルナベウスタジアムで2人を引き合わせることを夢見ているマドリードは、現代の大物選手2人の獲得費用を意識している」とし、2人を今夏に6年契約で獲得した場合の総額コストを算出している。

     まず2人に関しては、給与だけでも合わせて年間9200万ユーロ(約118億円)が必要になるという。6年契約ともなるとコストは総額でムバッペが4億3200万ユーロ(約550億円)、ハーランドが1億2000万ユーロ(約154億円)にも及ぶ。そして、移籍金はともに推定1億5000万ユーロ(約192億円)で、給与と合わせると総額8億5200万ユーロ(約1092億円)となる。

     ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)に続く、新世代の二大巨頭とも称されるムバッペとハーランド。そんな2人を獲得するためには文字通り天文学的な金額が必要となるようだ。

    Football ZONE web編集部
    2/23(火) 8:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/31424bf86ebe40db1469763082ec7499a8f4d720

    【衝撃の総額1092億円 レアル、ムバッペ&ハーランドの若手ダブル獲りへ巨額準備を意識】の続きを読む

    1513

    1: 爆笑ゴリラ ★
    2/21(日) 22:03配信
    東スポWeb

    ハーランド(ロイター)

     大争奪戦が展開されているドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(20)が、新天地に求める契約条件が明らかになった。

     英紙「デーリースター」は「ハーランドは、5年以上の契約で総額7800万ポンド(約115億4000万円)というパッケージを望んでいる」と報じ、オファーの基準を設定していることが判明した。

     同紙はオファーの条件を通知した相手として、本命視されるスペイン1部レアル・マドリードのほか、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティー、チェルシーを挙げた。

     ハーランド側が要求する額は年俸換算にして約23億円だが、これはあくまでも〝最低ライン〟になりそう。というのも、ハーランドとともに獲得合戦となっているフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)の同国代表FWキリアン・エムバペ(22)が新契約の際は年俸3700万ユーロ(約47億円)を要求するとみられており、ライバルであるハーランドも今後釣り上げてくることが濃厚だからだ。

     交渉条件が徐々に明らかになり、水面下で争奪戦が佳境を迎えつつあるようだ。

    https://youtu.be/Mqd9svYgC8k

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf6c023586fba57e3a30b5b91973b5966d209ba0

    【<ハーランド>移籍先に求める契約条件は〝最低でも〟年俸23億円!】の続きを読む

    1479

    1: 数の子 ★
    マンチェスター・シティは今夏、ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ホーランドを獲得するために巨額の資金を用意しているようだ。英『ミラー』が伝えた。

     昨年1月にドルトムントに加入した際の契約書の条項によると、ホーランドは2022年夏に6800万ポンド(約98億円)で獲得できることになっている。シティはその契約解除条項が適用される前に動き出し、1億ポンド(約144億円)を投じて、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーなど他クラブに先んじようとしている。

     ペップ・グアルディオラ監督はホーランドの獲得を熱望しており、今夏FWセルヒオ・アグエロとの契約が満了したあと、トップで起用したいと考えている。ホーランドの父親であるアルフ・インゲ・ホーランド氏はもともとシティでプレーしていたことで有名だ。

     アグエロにはバルセロナ移籍の可能性も浮上しているが、母国アルゼンチンに戻ることが予想されており、今シーズンは病気とケガの両方に苦しめられている。

     グアルディオラ監督はすでにアグエロの後釜について計画しており、FWガブリエル・ジェズスと並び、もうひとりの“スターフォワード”が必要だと考えている。 シティに移籍した場合、ホーランドの週給は40万ポンド(約5780万円)にまで上ると予想されている。

     ホーランドの活躍は2年前に母国ノルウェーを離れて以来、すさまじいものがある。オーストリアのザルツブルクでは27試合に出場して29ゴールを記録しており、昨シーズンはUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ6試合で8ゴールをマークし、世界中の注目を集めた。昨年1月にドルトムントに加入してからは39試合に出場して38ゴールを記録している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ea2673b339e60f31e51b90ab898446367d8167e

    【ペップ本気 ホーランドの早期獲得へマンCが約140億円準備】の続きを読む

    1431

    1: Egg ★
    RBライプツィヒ戦で見せたゴールが話題に

    アーリング・ハーランドが決めたゴールが大反響を呼んでいる。

     現地時間1月9日に行なわれたブンデスリーガ第9節で、ドルトムントはRBライプツィヒとのアウェー戦に3-1で勝利。ハーランドがドッペルバック(2得点)を達成する活躍で、2連勝に貢献した。

    【動画】怒涛の5人抜きからのヘッド!ハーランドの衝撃ゴールシーンはこちら

     この試合で見せた、ハーランドの1点目が話題を集めている。71分に敵陣でパスを受けると、細かいフェイントやタッチを織り混ぜながら計5人をかわしながらドリブルで持ち運び、サイドのジェイドン・サンチョにボールをはたく。

     そして、ゴール前のファーサイドへと動き、サンチョからのクロスに、ドイツ代表DFマルセル・ハルステンベルクを背負いながら頭で合わせ、ゴールネットを揺らしたのだ。

     自慢のフィジカルの強さだけでなく、洗練されたテクニックも披露したこのゴールに、敵将ユリアン・ナーゲルスマンも「本当に並外れている。すべてがケタ違いだ」と脱帽。元ドイツ代表のローター・マテウスは、「彼はハリケーンのようだ。周りにいるものすべてを吹き飛ばすパワーがある」と称賛した。
     
     また、世界のフットボールファンもハーランドの万能ぶりに驚嘆しているようだ。サッカーに関するさまざまな動画などを公開している『433』がこのゴールシーンをアップすると、瞬く間に1200件以上のコメントが殺到している。

    「同世代のエムバペを超えている」
    「リオネル・ハーランド」
    「190cm超のメッシなんて脅威でしかない」
    「これは、彼が天から授かったギフトだ」
    「凄すぎる。こんなのを止められるDFがいるのか…?」
    「ハーランドは史上最高のプレーヤーになるだろう。これを見て確信した」
    「規格外すぎる!宇宙人だ!」

     負傷で戦列を離れていたハーランドは、これで今シーズンのゴール数を12に伸ばした。得点ランクトップを走るバイエルンのロベルト・レバンドフスキ(20点)とはまだ大きな差があるが、どこまで迫れるかに注目だ。

    サッカーダイジェット
    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=84749





    【【動画あり】<“怪物”「ハーランド」が決めた5人抜きからのヘッド弾>ファン驚愕!大反響「190cm超のメッシなんて脅威でしかない」】の続きを読む

    1342

    1: Egg ★
    スペイン紙「AS」の読者投票でハーランドを望む読者が64%に上る

    ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、2019年12月末にドルトムント移籍後もゴールを量産している。スペインの名門レアル・マドリードも獲得に興味を示していると報じられているが、
    スペインメディアの読者アンケートでは、同じく補強ターゲットと目されるフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)よりも支持率は高かったという。

    2016年に母国ノルウェーのブリンでプロデビューを飾ったハーランド。モルデを経てオーストリア1部ザルツブルクへ移籍すると、昨季はリーグ戦14試合16ゴールを挙げて注目を浴び、19年末にドルトムントへ完全移籍した。

    昨季は公式戦40試合で44ゴールを記録。194センチの長身ながら他の選手が追いつけないほどのスピードと圧倒的なフィニッシュ力が特徴で、今季も依然として好調をキープしている。

    現地時間4日のCLグループステージ第3節クラブ・ブルージュで2ゴールを決め、大会最速で通算14得点に到達して話題を呼んだが、24日のリターンマッチでも2得点を決め、
    12試合目の出場で元ブラジル代表FWロナウド、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリード監督)らを上回るCL16ゴールに到達した。

    そんな“得点製造機”に対して、欧州のビッグクラブが熱視線を送っているともされるが、スペイン紙「AS」によれば、
    ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、「今後長い間彼(ハーランド)がここにいると見ている」「我々は長い期間、彼を計画に入れている。噂は気にしない」と話しているという。

    レアルは、2019年6月に6000万ユーロ(約74億7000万円)でセルビア代表FWルカ・ヨビッチを獲得。しかし、1年目はリーグ戦17試合2得点に終わり、主力と言えない状態が続いている。
    記事によれば、レアルは2021年にムバッペ(さらにエドゥアルド・カマビンガ)獲得を優先し、翌22年にハーランドを狙う計画だというが、「AS」紙が実施したファン投票では、「ハーランドを望む」が64%、ムバッペ36%で、フランスの神童を大きく上回ったという。

    ハーランドに対する世界の評価は、右肩上がりで上昇している。

    11/29(日) 7:50配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/082c084e69db28a6d15169ffc639d3d6e5c8b747

    【<怪物ハーランド>レアル・マドリードの“補強候補”投票でムバッペを圧倒!「64%対36%」】の続きを読む

    このページのトップヘ