最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: アーリング・ハーランド

    757

    1: Egg ★
    パリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールの“煽り”パフォーマンスが物議を醸している。

    11日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16セカンドレグのPSG vsドルトムントが開催され、2-0でPSGが勝利。この結果、2戦合計3-2で、PSGが逆転突破を決めた。

    この試合、先発したネイマールは28分にCKからゴールを記録。ベンチ方面までセレブレーションに行った際、座禅を組んで瞑想するハーランドのパフォーマンスを真似した。

    試合後には、MFアンヘル・ディ・マリアやMFユリアン・ドラクスラーら10名以上がハーランドのゴールパフォーマンスを真似して笑顔で喜びを示していた。こういった一連の行動について現地を含むほとんどのメディアは、ネイマールが19歳ハーランドの真似をしたのは、リスペクトからではなく嘲りであるとみている。

    一方で、PSGがこういった行動に移ったのはあくまでも“報復”であったと伝えられている。ハーランドはSNSのスナップチャット上でパリという都市について「君たちのではなく、僕の街だ」とコメントしていたため、PSGの選手たちが応じたとみられている。なお、ハーランドのコメントは本物かどうか、第三者によって編集されSNSで公開されたかどうかは不明である。

    しかし、ネイマールは個人でも返答しており、試合後には自身のインスタグラムを更新。瞑想パフォーマンスを行う自身の写真とともに、「パリは君たちのではなく、僕らの街だ」とコメントしている。







    3/13(金) 14:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00010022-goal-socc

    写真no title

    【【動画あり】<ネイマールらパリSG一同>“怪物”ハーランドを侮辱? 試合後の“挑発行為”に非難殺到!「なんて無礼な」「いじめか!」】の続きを読む

    711

    1: Egg ★
    スペインの強豪レアル・マドリードは、今季欧州で大ブレークしたノルウェー代表の19歳FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)を“時価”となる今夏に獲得するべく動くという。スペインメディア「エル・チリンギート」が報じている。

    【動画】レアルも熱視線! ドルトムントの19歳FWハーランド、CL16強PSG戦で2ゴールと爆発

     ハーランドは今季をオーストリアのレッドブル・ザルツブルクでスタートさせると、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でゴールを量産。そして今冬の移籍市場でブンデスリーガの強豪ドルトムントへ移籍した。

     新天地ドルトムントでも公式戦7試合で10ゴールと大活躍。現時点での今季は公式戦30試合で40ゴールという凄まじい成績を残している。

     ハーランドとドルトムントの契約は、2021年夏以降に7500万ユーロ(約90億円)の契約解除条項が結ばれているという。それは、1年半後にはどのクラブもその金額を支払うことでハーランドと条件交渉で合意すれば獲得できるということになるが、レアルはその1年前になる今夏の獲得を狙っているようだ。

     契約解除条項の適用前となる今夏は、放出する場合もドルトムントが移籍金を決定できる“時価”の状態にある。それでも、翌年に多くのクラブと条件面で競争するよりも、今夏に高額投資を行ってドルトムントを説得する方針だという。

     現在の高騰するサッカー界の移籍金を鑑みれば、ドルトムントを納得させるには相当な金額をレアルが提示することが予想される。それでも、スペインの“白い巨人”が超高額オファーに踏み切るのか注目されることになりそうだ。

    https://youtu.be/osZcsX17Rlg

    【<ハーランド>史上屈指の高額オファー必至!レアル・マドリード、7戦10ゴール絶好調FW獲得へ】の続きを読む

    708
    1: Egg ★
    今シーズン、レッドブル・ザルツブルクの選手として欧州CLで8ゴールを挙げて話題となったFWエルリング・ブラウト・ハーランド。
    2019年12月29日、ボルシア・ドルトムントへ移籍したノルウェー代表FWは、2月18日に行われたCLラウンド16のPSG戦でも大活躍した。

    未だ満足しない怪物ハーランド 敵将も「動物だ」と称賛
    https://sport-japanese.com/news/id/28797

    強敵相手に2ゴールを奪いチームを勝利に導いたのも去ることながら、脚光を浴びたのは彼の驚異的なスピードも同じである。194cmと大柄な体躯からは想像もつかないほどのスピードと瞬発力を披露している。
    19歳の若きフォワードは、前半14分、カウンターアタックのために自陣ゴール前から60mもの距離をスプリントで一気に駆け上がった。このシーンは得点には結びつかなかったものの、彼のスプリントは会場を沸かせた。

    メディア『Sky Italia』は、このシーンを振り返り、ハーランドが60mをわずか6.64秒で駆け抜けたと報じている。
    ウサイン・ボルトが100m走の世界記録を樹立したレースでの60m時点での記録は6.34秒である。194cmの長身を誇るハーランドは、優れたストライカーであると同時に、世界有数のスプリンターなのである。

    3月11日にはパルク・デ・プランスで2ndレグが行われるが、勢いに乗ったドルトムントを相手にPSGがどう戦うかに注目したい。

    写真
    no title


    怪物は誰にも止められないのだろうか。ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが再び歴史を作った。
    ハーランドは22日に行われたブンデスリーガ第23節のブレーメン戦に先発出場。66分にチームの2点目を記録し、0-2での勝利に貢献した。

    このゴールにより、19歳のハーランドはブンデスリーガのデビューから6試合で9ゴール目。これは長いブンデスリーガの歴史上初の記録となった。
    デビュー戦のアウグスブルク戦で34分の出場でハットトリックを記録して以降、ケルン戦は25分の出場で2ゴールを記録。この活躍で先発の座を掴んでいた。

    ◆ハーランド、ブンデスリーガの歴史
    1月18日:vsアウグスブルク/3ゴール
    1月24日:vsケルン/2ゴール
    2月1日:vsウニオン・ベルリン/2ゴール
    2月8日:vsレバークーゼン/0ゴール
    2月14日:vsフランクフルト/1ゴール
    2月22日:vsブレーメン/1ゴール 

    【【動画あり】<”ハーランド”>ウサイン・ボルト級の爆速!60mスプリントが速すぎる!デビューから6戦9発はブンデスリーガの歴史で初】の続きを読む

    699

    1: Egg ★
    欧州サッカー界でいま最もホットなライジングスターが、ノルウェー代表FWのアーリング・ハーランドだ。
     
     2016年に母国ブリンでプロデビューし、翌年にはモデルFK、そして2019年1月にはレッドブル・ザルツブルクと渡り歩いたストライカーは、2019年のU-20ワールドカップのホンジュラス戦で1試合9得点を記録して一躍脚光を浴びる。
     
     迎えた2019-20シーズンはレッドブル・ザルツブルクで、公式戦22試合で29ゴールと大爆発。今冬の移籍市場ではドルトムントに引き抜かれ、ここでも公式戦7試合で11ゴールと類稀な決定力を発揮する。2月18日のパリSG(CLラウンド・オブ16第1レグ)でも2得点で2-1の勝利に貢献。とくに77分の左足ミドルは文字通りのゴラッソだった。計10ゴールはロベルト・レバンドフスキと並び、今シーズンのCL得点ランク1位だ。
     
     そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの19歳の怪物は、その“価値”も急騰中。パフォーマンス、移籍金、年齢、移籍の噂などを元に独自の市場価値を算出する『transfermarkt』の推定市場価格は、500万ユーロ(19年6月)→1200万ユーロ(19年9月)→3000万ユーロ(19年11月)→4500万ユーロ(19年12月)→6000万ユーロ(20年2月)とまさに右肩上がりだ。
     
     ハーランドのこの6000万ユーロという金額は、ティーンエージャーの中ではすでに世界2位だ。
     
    【10代選手の推定市場価格ランキング(2020年2月20日現在)】

    1位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)1億2000万ユーロ
    2位:アーリング・ハーランド(ドルトムント)6000万ユーロ
    3位:ロドリゴ(レアル・マドリー)5000万ユーロ
    3位:ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)5000万ユーロ
    5位:アンス・ファティ(バルセロナ)4000万ユーロ
    5位:アルフォンソ・デイビス(バイエルン)4000万ユーロ
    5位:フェラン・トーレス(バレンシア)4000万ユーロ
    8位:エドゥアルド・カマビンガ(レンヌ)3500万ユーロ
    8位:デヤン・クルセブスキ(パルマ)3500万ユーロ
    8位:ライアン・セセニョン(トッテナム)3500万ユーロ
    8位:カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)3500万ユーロ
     
     ちなみにアジア勢の10代プレーヤーだと、韓国代表のイ・ガンイン(バレンシア)が2000万ユーロで19位タイ、日本代表の久保建英(マジョルカ)が1500万ユーロで29位だ。
     
     いずれにしても、ハーランドはこのまま活躍を続ければ、数年以内に現時点で19名しかいない「1億ユーロ・プレーヤー」になる可能性を秘めていると言えるだろう。要注目だ。
    写真 
    no title

    https://youtu.be/DqDxnuE7gXc

    【<ドルトムント怪物FWハーランド>「10代選手価値ランク」で急浮上! 久保建英は何位?】の続きを読む

    691

    1: Egg ★
    ドルトムントの19歳、FWアーリング・ハーランドが止まらない。

    18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、ドルトムントはパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。先発したハーランドは、69分にクロスのこぼれ球を押し込んで先制点を奪う。そして同点に追いつかれた直後の77分、レイナのパスを受けて強烈なシュートを叩き込んだ。ドルトムントは2-1で先勝している。

    ハーランドはこれで、ドルトムント加入後7試合で10ゴール。同期間中の欧州5大リーグの選手でトップスコアラーとなっている。

    なお、CLでもデビューから7試合で10ゴールに到達。他の選手に4試合の差をつけ、史上最速で二桁得点を奪った。また、1シーズンで10ゴールを挙げた史上初の10代選手となっている。

    勢いの止まらない“怪物”ハーランド。19歳の進化はとどまることを知らないようだ。 


    【【動画あり】<19歳「ハーランド」がヤバすぎる!>圧巻ゴラッソを含む2ゴール!ドルトムントがパリSGにホームで先勝】の続きを読む

    このページのトップヘ