最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: アーリング・ハーランド

    688

    1: 風吹けば名無し

    【次世代サッカー、エムッペ、ハーランドの二強へ クリロナメッシ時代終了】の続きを読む

    683

    1: 久太郎 ★
    【ボルシア・ドルトムント 4-0 フランクフルト ブンデスリーガ第22節】

     ブンデスリーガ第22節のボルシア・ドルトムント対フランクフルトが現地時間14日に行われた。試合は4-0でホームのドルトムントが勝利を収めている。フランクフルトの長谷部誠と鎌田大地はベンチ入りしたが、出番はなかった。

     シーズン後半戦に入って無敗を維持するフランクフルトと、失点の多さが気になるドルトムントの対戦。主導権を握ったのはホームチームで、33分に左右の揺さぶりからベテランのピシュチェクが決めて先制する。

     1点リードで折り返すと、後半はドルトムントの攻撃が爆発。49分にサンチョが決めて2点差とすると、その5分後にはハキミのクロスにハーランドが飛び込んで3点目。19歳のハーランドはブンデスリーガデビューからわずか5試合で8得点を挙げている。

     さらにラファエル・ゲレイロのゴールで4点目を奪ったドルトムントは、守備でも相手にチャンスをほぼつくらせず、無失点で勝利を収めた。

     『Opta』によると、第22節終了時点で63得点というのは、1973/74シーズンのバイエルン・ミュンヘン、1981/82シーズンのハンブルガーSVに並ぶリーグタイ記録。圧倒的な得点力を見せつけているドルトムントが、暫定で2位に浮上した。

    【得点者】
    33分 1-0 ピシュチェク(ドルトムント)
    49分 2-0 サンチョ(ドルトムント)
    54分 3-0 ハーランド(ドルトムント)
    74分 4-0 ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント) 


    【【動画あり】19歳怪物ハーランドがヤバすぎる!5試合で8発。ドルトムントがフランクフルトを粉砕。】の続きを読む

    634

    1: 久太郎 ★
    暫定3位に浮上
    ブンデスリーガ第20節が1日に行われ、ドルトムントとウニオン・ベルリンが対戦した。

    シーズン前半戦ではウニオン・ベルリンにアップセットを許したドルトムント。加入から2試合で5ゴールを奪うアーリング・ハーランドがついに先発メンバー入り。マルコ・ロイスやジェイドン・サンチョと前線でユニットを組んだ。

    試合は12分にドルトムントが先制。サンチョが左サイドから仕掛けると、カットインしてシュート。これがDFに当たりながら、ゴールへ吸い込まれた。直後の18分には右サイドのクロスをGKが弾いたところをハーランドが押し込み、あっという間に2-0に。ハーランドは加入から3試合連続ゴールとなった。

    ドルトムントが前半を2点リードで終えると、68分にはPKをロイスが沈めて3点差に。70分にもアクセル・ヴィツェルが追加点。76分には、ゴール前で細かく回し、最後はハーランドが左足を振り抜き2試合連続のドッペルパックを達成。5-0と大勝を収め、3連勝を飾った。

    ドルトムントは後半戦3試合でいずれも5得点を記録。新加入ハーランドはすべての試合でゴールを挙げ、チームをけん引している。

    https://youtu.be/qUF3qN_Vnh4

    https://youtu.be/Vm23f6QJ4RE

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010000-goal-socc

    【【動画あり】驚異のハーランド、またも2ゴールで3戦連発!ドルトムントは3試合15ゴールで3連勝】の続きを読む

    606

    1: Egg ★
    ブンデスリーガ第19節が24日に行われ、ドルトムントとケルンが対戦した。

    ドルトムントはマルコ・ロイス、ジェイドン・サンチョ、トルガン・アザールが先発。前節、ハットトリックのアーリング・ハーランドはベンチスタートとなった。

    試合は開始からわずか1分で先制。縦に速い攻撃から、最後はサンチョのクロスにラファエル・ゲレイロが右足で合わせ、ゴールを陥れる。

    29分にはマッツ・フンメルスからのフィードにロイスが抜け出す。そのままワンタッチで流し込み、2点差に。後半開始早々の48分には、ロイスのパスを受けたサンチョが強烈なシュートを右足で突き刺し、3-0と試合を決定づける。

    64分には、コーナーキックからの流れでマルク・ウートが角度のないところからボレーで叩き込み、ケルンが1点を返す。ドルトムントは直後にハーランドを投入すると、77分に結果を残す。ゲレイロのシュートがGKに弾かれたところをハーランドが押し込み、再びリードは3点に。

    終了間際にはスピードを生かして抜け出したハーランドがGKをかわしてフィニッシュ。角度はなかったが、左足で流し入れた。試合はそのまま終了し、ドルトムントが5-1と勝利。2020年連勝を達成している。

    1/25(土) 6:22配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00010000-goal-socc

    https://youtu.be/eyi5_a1lwZE
    https://youtu.be/iyxMwykGj0s

    ハーランドは2試合で5得点


    写真no title

    【【動画あり】<怪物19歳ハーランド>途中出場から2ゴールで2試合連続弾!ドルトムントは5発完勝..】の続きを読む

    586

    1: Egg ★
    ブンデスリーガ第18節が18日に行われ、アウクスブルクとドルトムントが対戦した。今冬ザルツブルクからドルトムントに移籍したFWアーリング・ハーランドはベンチスタートとなり、移籍が噂されるFWパコ・アルカセルはメンバーから外れた。

     試合は互いにシュートまで持ち込む場面を多く作るなど、見応えのある展開となった。22分にはディフェンスラインの裏へ抜け出したフロリアン・ニーダーレヒナーのラストパスをルベン・バルガスが押し込むが、これはオフサイドの判定。先制点は奪えない。一時はドルトムントへ流れが傾きかけたが、33分に先制点を奪ったのはアウクスブルク。ペナルティエリア左脇からバルガスが入れたクロスがニアサイドの密集地帯を抜けると、ファーに飛び込んだニーダーレヒナーが合わせて先制に成功する。

     後半に入るや否や、アウクスブルクがさらにたたみかける。開始1分にマルコ・リヒターが敵陣中央から思い切りよくミドルシュートを放つと、虚を突かれたドルトムントのGKロマン・ビュルキは一歩も動けず、リードを2点に広げる。その直後に1点を返されるが、56分に再びニーダーレヒナーがゴールを奪って突き放す。

     ここで、ドルトムントはハーランドを投入し、フォーメーションを4-2-3-1に変更して巻き返しに出る。すると、そのハーランドが絶妙なタイミングでDFの裏へ抜け出すと、落ち着いて決めて移籍後初ゴールを奪取。再び1点差に迫ると、その直後にジェイドン・サンチョのゴールで同点に追いつく。ドルトムントはおろかサッカー界の未来を担う2人の活躍で一気に流れに乗ると、71分にはトルガン・アザールがGKとの1対1の決定機を迎える。すると、フォローに入ったハーランドにラストパスを送ってゴールをプレゼント。この日2点目を奪い、ついに逆転に成功する。

     さらにこの日のハーランドは止まらない。アウクスブルクの最終ラインの裏を簡単に突くと、スルーパスを受けて独走状態に。GKとの1対1を難なく流し込み、デビュー戦でハットトリックを達成。壮絶な撃ち合いは5-3でアウェイのドルトムントが逆転勝利を収めた。

     ハーランドはブンデスリーガ史上7人目のデビュー戦ハットトリック、途中出場からの同記録はリーグ史上初となり、将来有望な19歳が快挙を成し遂げた。

    【スコア】
    アウクスブルク 3-5 ドルトムント

    【得点者】
    1-0 34分 フロリアン・ニーダーレヒナー(アウクスブルク)
    2-0 46分 マルコ・リヒター(アウクスブルク)
    2-1 49分 ユリアン・ブラント(ドルトムント)
    3-1 55分 フロリアン・ニーダーレヒナー(アウクスブルク)
    3-2 59分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
    3-3 61分 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
    3-4 70分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
    3-5 79分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)

    1/19(日) 1:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-01024818-soccerk-socc







    写真
    no title

    【【動画あり】怪物ハーランド、途中出場ハットトリックの衝撃デビュー!ドルトムントが逆転勝利でアウクスブルク粉砕!】の続きを読む

    このページのトップヘ