最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: エムバペ

    1097
    1: Egg ★
    メッシとクリスティアーノ・ロナウド――。前者はバルセロナとラ・リーガ史上最多得点記録、後者はレアル・マドリーとチャンピオンズリーグ史上最多得点記録を有する。
    世界最高の選手に与えられる名誉ある賞バロンドールは、前者が史上最多6回、後者が5回受賞。名実ともにフットボール史上最高の2人である。

    そんな生きるレジェンドも、それぞれ33歳と35歳になった。未だ驚異的なパフォーマンスはまったく衰えることなく全世界のファンを楽しませ続けており、これからも数々の金字塔を打ち立てていくことだろう。
    しかし、“その時”が確実に近づいていることも事実。さらにピッチ外でも積極的に慈善活動を行う2人のアイコンが去った後、彼らがけん引してきたフットボール界を引き継ぐのは誰になるのだろうか。
    今回は、メッシとC・ロナウドが果たしてきた役割を担うであろう次世代のスター選手5名を紹介する。

    *  *  *

    ■キリアン・エムバペ(21歳:PSG/フランス代表)
    https://youtu.be/UNK_hWMhn0k

    彼に関しては「次世代の」という言葉は当てはまらない。すでに世界最高のスターの1人であるからだ。4年半前に16歳という若さでプロデビューを飾り、
    翌シーズンのチャンピオンズリーグで9試合6ゴールを奪うなど全世界に衝撃を与えたが、その後のキャリアでも常にフットボールファンを驚かせ続けてきた。

    2017-18シーズンにPSGへ加入すると、チャンピオンズリーグ10代における最多得点記録、史上初の二桁得点を達成。そしてシーズン終了後の夏にはフランス代表の10番を背負い、
    10代としてあの“王様”ペレ以来となる決勝での2ゴール。母国を20年ぶりの優勝に導いた。同年には“若手版バロンドール”の位置づけである「コパ・トロフィー」も手にしている。
    すでにリーグ・アンでは117試合で80ゴール。W杯優勝にリーグ・アン4連覇と、21歳にして世界中の誰もがうらやむタイトルを手にしてきた。

    同年代時のメッシ、C・ロナウドを大きく上回るスタッツを残すエムバペ。しかし、彼はことあるごとに「通過しなきゃいけないステップはまだ多い。頂点に行くために」と語って来た。
    彼の頭の中には、世界の頂点への道のりがはっきりと見えているのだろう。だが、その頂点に達するのも時間の問題だ。

    ■アーリング・ハーランド(20歳:ドルトムント/ノルウェー代表)
    https://youtu.be/soYMrSX4y2s

    2019年5月に行われたU-20ワールドカップで1試合9ゴールを叩き込んでから、まだたった1年。この怪物は、怪物らしくいとも簡単にネットを揺らしていく。
    2019-20シーズンは、ザルツブルク・ドルトムント合わせて公式戦40試合で44ゴールと、メッシやC・ロナウドに匹敵する成績を残した。

    とりわけ、普段からアンセムを聞くほど憧れ続けた舞台であるチャンピオンズリーグでの成績は驚異的。2019年のデビュー戦で10代選手としての史上初のハットトリック、史上初のデビューシーズンで二桁得点到達と、8試合で10得点をマーク。
    世界トップレベルが集まる大会で、世界トップレベルのパフォーマンスを見せてきた。


    彼もまた、自身の成功のために努力を惜しまない。幼少期のころから食生活や睡眠を重要視し、ヨガや瞑想を積極的に行っている。そんな彼が憧れてきた選手はズラタン・イブラヒモヴィッチ。
    自身との共通点として「ゴール中毒なとこだね」と語っている。インタビューでも、イブラヒモヴィッチを彷彿とさせるような大物っぷりを存分に見せるハーランド。
    はたから見れば急速にスターへの階段を駆け上がっているように見えるが、本人は「順調に進んでいるね」と予想の範囲内だったようだ。バロンドールを手にする日もそう遠くないだろうが、それもまた彼にとっては予想の範囲内なのかもしれない。


    (文・三上凌平)

    8/7(金) 17:00配信 アエラ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd0813bbbb69cad9289e250d53861693d039935b

    【【動画あり】<“メッシ&クリロナ時代”終焉近し…>引き継ぐのは誰?今後、サッカー界の主役を担う「次世代の若手5人」】の続きを読む

    960

    1: Egg ★
    国際サッカー連盟(FIFA)の関連機関であるスポーツ研究国際センター(CIES)は8日、欧州5大リーグの所属選手を対象とした市場価値試算額のランキングトップ100を発表した。パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが最高額とされている。

     選手の市場価値はパフォーマンスや年齢、現在の契約残り期間など様々なパラメータに基づく独自基準で算出。新型コロナウイルスの影響により各クラブが経済的に苦しい状況となり、移籍市場の冷え込みが予想される中でも、依然として多くの選手が高い価値を維持していると試算されている。

     ランキング1位となったムバッペの価値は2億5920万ユーロ(約320億円)。2年連続リーグアン得点王に輝くなどの活躍に加え、21歳という若さや、2023年までの契約を残していることなどにより高い価値を持つと算出された。

     2位から5位まではイングランドの若手選手が続く。マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリング(約240億円)、ボルシア・ドルトムントのFWジェイドン・サンチョ(約221億円)、リバプールのDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(約211億円)、マンチェスター・ユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォード(約188億円)がランクインしている。

     6位以降はリバプールのFWモハメド・サラ-(約179億円)、同FWサディオ・マネ(約172億円)、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマン(約168億円)、バイエルン・ミュンヘンのFWアルフォンソ・デイビス(約167億円)、トッテナムのFWハリー・ケイン(約146億円)がトップ10圏内。19歳のデイビスは100位までのランキングで最年少選手となった。

     バルセロナのFWリオネル・メッシは32歳という年齢や、契約が残り1年であることなどから約123億円で22位止まり。ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドは約77億円で70位であり、35歳でランキング内の最年長選手となった。アジア国籍の選手としてはトッテナムのFWソン・フンミンが唯一ランクインしている(約93億円、48位)。

    6/8(月) 20:01 フットボールチャンネル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c370ff3a6a81c0b00c9d0adfe134f02b6cd379b

    写真
    no title

    【<コロナ後”の選手市場価値ランキング>ムバッペが約320億円で世界1位!2位から5位まではイングランドの若手選手が続く...】の続きを読む

    829

    1: 砂漠のマスカレード ★
    パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペのレアル・マドリー移籍を、元PSGのMFジェローム・ロタン氏が確実視している。『Radio Montecarlo』に語った。

    21歳ながら世界最高峰のアタッカーの1人に数えられ、2018年にはフランス代表としてワールドカップ(W杯)制覇にも貢献したムバッペ。
    レアル・マドリーからの関心が継続して報じられており、ジネディーヌ・ジダン監督も「私はもう彼に恋をしている」と以前に発言していた。

    そして、ロタン氏がクラブ関係者から得た情報によれば、ムバッペの移籍交渉はほぼ完了しているという。とはいえ、新型コロナウイルスの影響でタイミングが遅れる可能性があるようだ。

    「私がクラブの情報筋から把握したところでは、キリアン・ムバッペをレアル・マドリーに移籍させる契約はほぼ完了した。だが、現状を踏まえれば、ムバッペのレアル・マドリー移籍は先延ばしになると確信している」

    「ムバッペがPSGとの契約を延長することはない。PSGが今夏に彼を退団させることに同意しているから、彼ら(レアル・マドリーとPSG)の間にも合意があるだろう。私の見解では、時間の問題だ」

    ムバッペは今シーズン、公式戦33試合30ゴール17アシストと飛び抜けた成績を記録。“白い巨人”への移籍を果たし、ジダン監督のもとでさらなる飛躍を遂げることはできるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-00010019-goal-socc
    4/12(日) 15:01配信

    【<ムバッペ>レアル・マドリー移籍はほぼ内定済み?PSGのOBが明かす】の続きを読む

    688

    1: 風吹けば名無し

    【次世代サッカー、エムッペ、ハーランドの二強へ クリロナメッシ時代終了】の続きを読む

    600

    技術が進歩したこの21世紀に、思わず笑ってしまうくらいバレバレなハンドを冒した男がいる。

    22日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ準決勝でランスと対戦したパリ・サンジェルマン(PSG)。リーグ・アンで首位に立つチームよろしく、この日も9分にDFマルキーニョスのゴールで先制すると、オウンゴールで前半の内に追加点。さらに後半にはDFタンギ・クアシが3点目を決めた。

    ここで終われば単に「PSGの快勝だった」で済むのだが、90分を迎えた最後の最後にまさかのプレーをした選手がいる。それはフランス代表FWキリアン・ムバッペだ。

    ほとんど勝利が確定した中でも攻撃の手を緩めないPSGは終盤にも果敢にゴールを狙う。その中でゴール前で混戦に巻き込まれたムバッペは、相手の足が引っかかって転倒。だがここで、目の前に転がってきたボールを左手でゴールに押し込んだのだ。

    もちろん主審はイエローカードを提示。VARも必要ない。露骨すぎる反則プレーに本人もにやけてしまうほどだ。

    無得点だっただけにそこまで点が欲しかったのか。結局、21歳はネットは揺らせないまま試合は終了。決勝のリヨン戦も“神の手ゴール”を試みるだろうか。



    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00368861-usoccer-socc 

    このページのトップヘ