最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 吉田麻也

    1469


    1: 数の子 ★
    現地時間1月30日に開催されたセリエA第20節で、本拠地で3位のユベントスを迎え撃った10位のサンプドリアは0-2で敗れた。20分にフェデリコ・キエーザに先制点を奪われ、後半アディショナルタイム1分にラムジーのゴールでダメ押しをされた。

     絶対王者に地力の差を見せつけられたサンプドリアにあって、小さくない存在感を放ったのが、日本代表DFの吉田麻也だ。CBとして7戦連続先発出場を飾った32歳は、クリスチアーノ・ロナウドを相手に奮闘。42分には、縦パスに反応して裏に抜け出た相手エースから絶妙なタイミングでのタックルでボールをかすめ取り、大ピンチを防いでみせた。

     直後にもC・ロナウドの突破を食い止めるなど、最後の砦として存在感を示した日本代表DFには、現地メディアからも賛辞が寄せられている。

     イタリアのサッカー専門メディア『Calciomercat.web』は、「ヨシダは良かった」と銘打った採点記事において、吉田に及第点以上の「6.5」をつけ、こう寸評を綴った。

    「0-1とされた場面でキエーザは味方の選手を振り切ってきたが、日本人DFはポジショニングがズレていた。しかし、前半の終わりのロナウドへのスライディングで完全にミスを帳消しにした。驚くべきことに、それは2回もあった。そこからのヨシダは完璧だった。2点目に関しては完全に間違っていたが、サンプドリア全体として前がかっていた」

     また、イタリアの全国紙『Gazzetta dello sport』は、C・ロナウドに焦点を当てた特集記事で、前半終了間際のマッチアップシーンを次のように描写した。

    「ベンタンクールからの素晴らしいパスを受け、危険なエリアに侵入したロナウドだったが、掃除をしにきたヨシダの傑作と言えるタックルによってボールは彼の足から吹き飛んでいった。この時のロナウドのアイデアが何であったかは言葉では表わせない」

     ユベントスに敗れたものの、見せ場は作ったサンプドリア。次節は12位のベネベントと対戦するが、再び勝利をもぎ取れるだろうか。

    【【動画あり】「傑作と言えるタックルで…」C・ロナウドを封じた吉田麻也に伊メディアが賛辞「ヨシダは完璧だった」】の続きを読む

    1357

    1: 首都圏の虎 ★
    サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也は、現在フリーとなっているMF香川真司を獲得することをクラブに提案している。伊紙『コッリエレ・デッロ・スポルト』によるインタビューでのコメントをイタリア複数メディアが伝えた。

    昨季所属したスペイン2部のレアル・サラゴサを10月に退団して以来フリーとなっており、新たなクラブが決まっていない香川。冬の移籍市場に向けてサンプドリアに推薦したい選手を聞かれた吉田は、日本代表で長年チームメートとして戦ってきたその香川の名前を挙げた。


    「元ボルシア・ドルトムント、(マンチェスター・)ユナイテッドの香川。彼と一緒にここでプレーしたいと思います。サンプドリアで一緒にプレーできれば、クラブにとってもスポンサーにとっても大きな意味があります。あまり費用はかからず、経験豊富で、まだ若いですので」と吉田は語る。

     香川は現在31歳、吉田自身も32歳だが、「イタリアの水準ではまだ若い」と語る。「セリエAには僕より年上の選手たちもたくさんいます。プレミアではこの年齢でクラブを見つけるのは大変ですが、イタリアでは32歳や35歳くらいでプレーしてリスペクトされている選手も多い」と吉田。チームメートであるFWファビオ・クアリアレッラ(37歳)や、ズラタン・イブラヒモビッチ(39歳)、クリスティアーノ・ロナウド(35歳)、エディン・ジェコ(34歳)を例として挙げた。

     また吉田は、53歳で現役生活を続けている横浜FCのカズことFW三浦知良についてもコメント。「サンプドリアに来る前にメッセージを送って、ジェノヴァはすごく美しい街だと返事がありました。僕にとってはお手本です」と、サンプのライバルクラブであるジェノアでプレーしたセリエA初の日本人選手について語っている。

     少年時代の憧れの選手としては元名古屋グランパスのドラガン・ストイコビッチ氏を挙げたほか、過去に指導を受けたイタリア人監督であるアルベルト・ザッケローニ氏についてもコメント。また、C・ロナウドに対して日本への移籍を勧め、「日本のサッカーにとっても経済にとっても素晴らしいことになると思いますし、CR7にとっても新しい世界で異なる文化を体験できる。(アーセン・)ヴェンゲルやストイコビッチ、ザッケローニのように、日本は外国人に良いインスピレーションを与えられると思います」とコメントしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f405646609847b4e2c756ea1ff55ad6d50ec58d
    no title

    【吉田麻也、サンプドリアに香川真司獲得を推薦。「フリーで経験豊富でまだ若い」】の続きを読む

    1331

    1: 久太郎 ★
    セリエA第8節が22日に行われ、サンプドリアとボローニャが対戦した。

    サンプドリアは吉田麻也、ボローニャは冨安健洋が先発し、日本人対決が実現した。試合は7分にサンプドリアが先制。コーナーキックからモルテン・トルズビーが頭で叩き込み、ネットを揺らす。

    16分にはドリブルで抜け出したロドリゴ・パラシオがゴール右からシュートを放つも、サンプドリアGKにセーブされ、同点ゴールは生まれず。さらに24分、ボローニャのマティアス・スヴァンベリのスルーパスに抜け出したリカルド・オルソリーニが左足で狙うが、バーに嫌われる。

    それでも前半終了間際にボローニャが同点に追いつく。コーナーキックからサンプドリアDFバスコ・レギーニがオウンゴールをしてしまい、1-1で前半を終える。

    後半に入ると、ボローニャが勝ち越し。52分、左サイドからムサ・バロウのクロスにオルソリーニがファーで合わせ、ネットを揺らす。

    その後、サンプドリアはファビオ・クアリアレッラ、アントニオ・カンドレーヴァがチャンスを得るも、GKの好守で決めきれず。逆にボローニャもバロウ、パラシオがシュートを放つが、こちらもネットを揺らすには至らない。

    終盤にはサンプドリアのクラウディオ・ラニエリ監督がレッドカードで退席処分に。結局、試合は1-2のまま終了し、ボローニャが3ポイントを手にした。一方のサンプドリアは連敗となっている。 


    【【動画あり】吉田麻也との日本人対決は冨安健洋に軍配…ボローニャがサンプドリアに逆転勝利】の続きを読む

    1078

    1: 久太郎 ★
    【サンプドリア 1-4 ミラン セリエA第37節】
     
     セリエA第37節、15位サンプドリアと6位ミランの試合が現地時間29日に行われた。ミランが4-1の勝利をおさめている。

     サンプドリアに所属する吉田麻也は先発出場を果たした。4分、アンテ・レビッチのクロスにズラタン・イブラヒモビッチが頭で合わせてミランに先制点が入る。続けて52分、イブラヒモビッチが折り返したボールにハカン・チャルハノールが飛び込み追加点。

     さらに58分、カウンターからイブラヒモビッチがチーム3点目を決めた。しかし、87分にサンプドリアのクリストファー・アスキルドセンに1点を返されてしまう。それでも後半アディショナルタイム、ラファエル・レオンも得点しミランが4-1の勝利をおさめた。

    【得点者】
    4分 0-1 イブラヒモビッチ(ミラン)
    52分 0-2 チャルハノール(ミラン)
    58分 0-3 イブラヒモビッチ(ミラン)
    87分 1-3 アスキルドセン(サンプドリア)
    90分+2分 1-4 レオン(ミラン) 

    【【動画あり】イブラヒモビッチが2得点1アシストの活躍! ミラン、吉田麻也がフル出場のサンプドリアに4-1快勝 [久太郎★]】の続きを読む

    791

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/03/29(日) 13:43:44.95
    サッカー日本代表でイタリア1部サンプドリアのDF吉田麻也が29日、インスタグラムを更新。
    新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なイタリアの現状から、日本へ向けて「冗談抜きで家にいた方がいいです」とメッセージを伝えた。

    今年2月、イングランドからサンプドリアに移籍。3月にデビューを果たした矢先に、イタリアが危機的な状況に陥った。

    吉田は動画を添付し、「僕がイタリアにいて、イギリスも少し見ていて思うのは初期の段階で少し、みんなが油断していたんじゃないかなと思いました。
    中国で起こっていることだとか、アジアの問題だとか捉えていて日常生活を送っていたことによって、
    一気に感染が拡大してしまったなと思っています」と、率直な思いを口にした。

    そして、「日本の皆さんももしかしたら心のどこかで、頭の片隅でヨーロッパで広がっているね、
    それくらいに思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、本当に感染は一気に広がります。
    なので、できるだけ、極力、必要時以外は自宅に待機されることが一番だと思います」と警鐘を鳴らした。

    1分21秒の動画で切実な思いを伝えた吉田。最後に「感染の拡大を食い止めるにはひとりひとりの意思だと思うので、
    是非協力してみなでこの危機を乗り越えましょう。Stay home」と呼びかけた。
    https://www.daily.co.jp/soccer/2020/03/29/0013230964.shtml

    【<吉田麻也>イタリアから日本へ切実メッセージ 「冗談抜きで家にいた方がいい」】の続きを読む

    このページのトップヘ