最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: ソン・フンミン

    690

    1: Egg ★
    イングランド・プレミアリーグのトッテナムは18日、同クラブに所属する韓国代表FWソン・フンミンが右腕を骨折し、今週手術を受けることになったと発表を行った。

     ソン・フンミンは現地時間16日に行われたプレミアリーグ第26節のアストン・ビラ戦で負傷したとのことだ。この試合で同選手は、後半アディショナルタイムの劇的決勝ゴールを含めた2得点を挙げ、3-2の勝利に大きく貢献していた。

     クラブのメディカルスタッフは手術後に状態の確認を行い、その後のリハビリに向けた予定を立てていくとのこと。離脱期間は「数週間」になるとの見通しが示されている。

     ソン・フンミンはアストン・ビラ戦を含めて公式戦5試合連続ゴールを挙げ、アジア人選手では史上初となるプレミアリーグ通算50得点も達成したばかりだった。イングランド代表FWハリー・ケインも長期離脱中のスパーズにとっては大きな痛手となりそうだ。

     現時点で離脱期間は不確かだが、19日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのRBライプツィヒ戦、22日に行われるプレミアリーグのチェルシー戦などの重要な試合は確実に欠場することになる。

    2/18(火) 21:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00363248-footballc-socc

    写真
    no title

    【<ソン・フンミン>右腕骨折、手術で数週間離脱へ。トッテナムに大打撃】の続きを読む

    684

    1: 砂漠のマスカレード ★
    【アストン・ビラ 2-3 トッテナム プレミアリーグ第26節】

    イングランド・プレミアリーグ第26節、アストン・ビラ対トッテナムが現地時間16日に行われた。試合はトッテナムが3-2の勝利を収めた。

    トッテナムでは負傷離脱していたベン・デイビスがスタメン入りし、ジョゼ・モウリーニョ体制初陣となった昨年11月23日以来の復帰となった。その他、ソン・フンミンやデル・アリ、ステフェン・ベルフワインやルーカス・モウラなどが起用された。

    開始9分、アストン・ビラが先制に成功する。右サイドからのクロスに対応したアルデルワイレルトの足にボールが当たり、ゴールに吸い込まれた。思わぬ形でトッテナムが先制を許す。

    先制されたトッテナムだったが、オウンゴールのアルデルワイレルトが汚名返上のゴールを決める。27分、右CKのこぼれ球を反転しながらダイレクトシュート。これがゴールに突き刺さり、トッテナムが同点に追いついた。

    44分、ドリブルで仕掛けたベルフワインが相手に倒され、PKの判定。ソン・フンミンのPKは一度は防がれるも、ソン・フンミンが押し込み勝ち越しに成功した。ソン・フンミンはこれで公式戦5試合連続のゴールとなった。

    勝ち越しに成功したトッテナムだったが、後半開始早々にアストン・ビラに追いつかれる。53分、グリーリッシュの左CKからエンゲルスがヘディングシュートをゴールに突き刺した。

    このまま試合終了かと思われた94分、ソン・フンミンが勝ち越しゴールを奪う。味方のロングボールに反応したソン・フンミン。
    エンゲルスがカットしボールをトラップしようとしたが、ミスでボールがソン・フンミンの下へ。ソン・フンミンはセンターライン付近から独走。GKとの1対1を制し、決勝ゴールを決めた。

    トッテナムはソン・フンミンの劇的AT弾で3-2の勝利を収め、リーグ戦3連勝となった。

    【得点者】
    9分 1-0 アルデルワイレルト【OG】(アストン・ビラ)
    27分 1-1 アルデルワイレルト(トッテナム)
    45+2分 1-2 ソン・フンミン(トッテナム)
    53分 2-2 エンゲルス(アストン・ビラ)
    90+4分 2-3 ソン・フンミン(トッテナム)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200217-00362790-footballc-socc
    2/17(月) 1:03配信

    https://youtu.be/5S6MHDk8YkI


    【【動画あり】ソン・フンミンが劇的AT弾含む2ゴールの活躍!トッテナムはアストン・ビラに逆転勝利でリーグ戦3連勝 21試合9得点】の続きを読む

    650

    1: 牛丼 ★
    トッテナムは現地時間5日、FA杯4回戦の再試合でサウサンプトンと対戦し、3-2と勝利。激しい打ち合いを制したが、終了間際に決勝弾を奪った韓国代表FWソン・フンミンに“ダイブ疑惑”が浮上しており、英メディアは「ソン・フンミンのダイブを告発」と取り上げ、「あまりに簡単に倒れたため批判する人が続出」と指摘している。

    1月25日のアウェー戦で1-1と引き分けたため、ホームで再戦が行われた。前半12分にオウンゴールで先制するも、同34分、後半27分に連続失点。それでも同33分にFWルーカス・モウラが同点弾を奪うと、2-2で迎えた同42分、ペナルティーエリア内に抜け出したソン・フンミンが相手GKに倒されPKを獲得した。

     勝敗を占う重要な場面を韓国代表エースが自ら蹴り込み、決勝弾を奪ってみせたが、PK判定を引き寄せた転倒に英メディアでは物議を醸している。英メディア「ソン・フンミンのダイブを告発」と見出しを打ち、「PKを得るためにダイブしたのか? トッテナムはその波に乗じて勝利を掴んだが、物議を醸す状況を呼んでいる」と説明し、「SNS上でも、韓国人の飛び込みが非難されている」と指摘している。

     また、英紙「フットボール・ロンドン」は「リバプール、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドのファンはソン・フンミンがサウサンプトン戦で行ったことに唖然」と取り上げ、「ソンがあまりに簡単に倒れたため批判する人が続出」と綴っている。接触があったのは確かだが、ややオーバーリアクションとなった転倒には懐疑的な目も向けられているようだ。





    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200206-00245151-soccermzw-socc

    【【動画あり】疑惑のPK獲得に英物議「ソン・フンミンのダイブを告発」「韓国人の飛び込みを非難」】の続きを読む

    637

    1: 砂漠のマスカレード ★
    【トッテナム 2-0 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第25節】

    イングランド・プレミアリーグ第25節、トッテナム対マンチェスター・シティが現地時間2日に行われた。試合はホームのトッテナムが2-0で勝利した。

    押し気味に試合を進めるシティだがトッテナムも粘り強い守備でゴールを許さない。27分にはパスミスを奪い最後はアグエロがペナルティーエリア内でシュートを狙うもボールは右ポストに弾かれ先制点とはならず。

    40分にはアグエロが倒され一度は主審が試合を進めたものの、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の検証結果、PKと判定される。
    しかしギュンドアンの打ったシュートをGKロリスが見事にストップ、シティは先制のビッグチャンスを逃す。

    後半開始直後の48分にも決定的なチャンスを迎えたシティだが、アグエロが打ったシュートはDFにクリアされ、こぼれ球をギュンドアンが押し込むもボールはバーを越える。

    ゲームを支配していたシティだったが60分、ジシチェンコがこの日2枚目のイエローカードで退場となると試合の流れが変わる。
    63分に左サイドからの折返しをゴール正面で受けたベルフワインがワントラップから右足でボレーシュート、これが決まり押されていたトッテナムが先制する。

    これで勢いに乗ったトッテナムは71分、エンドンベレのパスをゴール前で受けたソン・フンミンが右足を振り抜くとボールはゴール左下に決まり貴重な追加点を挙げる。
    なおソン・フンミンは22日のノルウィッチ戦、25日のサウサンプトン戦でも得点を決めており、公式戦3試合連続ゴールとなった。

    結局このまま試合は終了、優位に試合を進めていたシティだったがトッテナムに0-2で敗れ今季リーグ戦6敗目を喫した。一方、勝ったトッテナムは5位に浮上した。

    【得点者】
    63分 1-0 ベルフワイン(トッテナム)
    71分 2-0 ソン・フンミン(トッテナム)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200203-00360601-footballc-socc
    2/3(月) 3:27配信

    https://www.youtube.com/watch?v=D3ElYb9WptQ
    6:32~


    【【動画あり】ソン・フンミン、公式戦3戦連続ゴール! トッテナムは10人のマンCに2-0勝利 20試合7得点】の続きを読む

    507

    イングランドサッカー協会(FA)は24日、韓国代表FWソン・フンミンへの処分に対するトッテナムの異議申し立てを棄却したと発表した。

     22日に行われたプレミアリーグ第18節でトッテナムはホームでチェルシーと対戦。2点ビハインドで迎えた62分、ソン・フンミンがドイツ代表DFアントニオ・リュディガーに対して故意に足を振り上げたとしてVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により、レッドカードを受けて一発退場となっていた。

     ソン・フンミンには3試合の出場停止処分が下されたが、トッテナムはFAに処分軽減を訴えていた。しかし、FAはトッテナムによる異議申し立てを却下。これにより、ソン・フンミンは26日のブライトン戦と28日のノリッジ戦、1月1日のサウサンプトン戦の3試合を出場停止となることが決まった。

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-01012729-soccerk-socc 

    このページのトップヘ