最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: ロベルト・レヴァンドフスキ

    1486

    1: 砂漠のマスカレード ★
    [2.8 クラブW杯準決勝 アルアハリ0-2バイエルン ドーハ]

     クラブワールドカップは8日、準決勝を行い、欧州王者のバイエルン(ドイツ)がアフリカ王者のアルアハリ(エジプト)に2-0で勝利した。準決勝からの登場となったバイエルンはFWロベルト・レワンドフスキが2得点を挙げ、7大会ぶり2度目の大会制覇と年間6冠に王手。11日の決勝では北中米カリブ海王者のティグレス(メキシコ)と対戦する。

     バイエルンは昨季、圧倒的な強さでUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)を制し、ブンデスリーガ、DFBポカール(ドイツ国内杯)、UEFAスーパー杯、ドイツスーパー杯と5冠を達成。クラブW杯は2013年大会以来の出場となり、前回の優勝メンバーからはGKマヌエル・ノイアー、FWトーマス・ミュラー、DFイェロメ・ボアテング、DFダビド・アラバの4選手が参戦している。

     序盤からバイエルンが試合を支配し、前半17分に均衡を破った。PA内右からMFキングスレイ・コマンがシュート性のクロスを入れ、流れたボールをMFセルジュ・ニャブリが落とすと、反応したのはレワンドフスキ。巧みなタッチから素早い振りの右足シュートで守備陣の間を抜き、先制点を挙げた。

     1-0のまま追加点が奪えない時間帯が続いたものの、後半41分、スルーパスで抜け出したFWリロイ・サネがPA右ゴールライン際から折り返すと、ファーサイドのレワンドフスキがヘッドで押し込み、ダメ押しゴール。2-0で勝利したバイエルンは08-09シーズンのバルセロナ以来、史上2クラブ目となる年間6冠に王手をかけた。

     エジプトの名門アルアハリは3位決定戦に回り、11日に南米王者のパルメイラス(ブラジル)と対戦する。

    【【動画あり】レワンドフスキ2発のバイエルン、クラブW杯決勝進出! 2度目の大会制覇&年間6冠に王手】の続きを読む

    1378

    1: 久太郎 ★
     国際サッカー連盟(FIFA)は17日、スイス・チューリヒで「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2020」の表彰式をリモート形式で開催。男子年間最優秀選手賞にはバイエルン・ミュンヘン所属のポーランド代表FWレバンドフスキ(32)が初受賞。ポーランド人として初、ドイツ1部所属のプレーヤーとしても初の栄誉に輝いた。バルセロナのアルゼンチン代表FWメッシ(33)は2年連続での受賞とはならなかった。

     レバンドフスキは昨季、チームを欧州3冠制覇(リーグ、国内カップ戦、欧州CL)に導き、その3大会全てで得点王に輝くなど大活躍。10月にはUEFA男子最優秀選手賞を受賞。FIFA男子最優秀選手賞の最終候補者3人の中でも、FWメッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)を抑え“大本命”との見方が強かった。

     今年の「バロンドール」でも大本命とされていたがコロナ禍の影響により、史上初の選出なしとなったため受賞できず。“幻のバロンドーラー”として同情の声が多く上がっていただけにうれしい初受賞となった。

     さらにBミュンヘン所属のプレーヤーとしても初の快挙。1991年に創設された同賞で2010~2015年の「FIFAバロンドール」時代を含め最終候補まで残った事があるのは、レバンドフスキを除き4人。95年クリンスマン(ドイツ)3位、02年カーン(ドイツ)2位、13年リベリー(フランス)3位、14年ノイアー(ドイツ)3位といずれも受賞を逃した。ドイツ1部からはBミュンヘン以外のチームから最終候補まで残った選手は一人もおらず。偉大な“先輩”でも獲得出来なかったタイトルを手にすることに成功した。 


    【レバンドフスキ FIFA年間最優秀選手賞を初受賞!ポーランド人&ドイツ1部選手として初の快挙】の続きを読む

    403

    ドルトムント戦で2ゴールを奪ったレバンドフスキ、華麗なボールタッチ動画を公開
     バイエルン・ミュンヘンは現地時間9日、ブンデスリーガ第11節でドルトムントと対戦し、ホームで4-0の勝利を収めた。注目の“デア・クラシカー”でライバルを圧倒したバイエルンだったが、エースのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが試合中に披露した圧巻のボールタッチが反響を呼んでいる。

     今季序盤戦は思うように勝ち点を伸ばせず、ニコ・コバチ監督の解任に踏み切ったバイエルンは、動揺が走るなかでドルトムントとの大一番を迎えたが、古巣対決となったレバンドフスキが大爆発。前半17分に右サイドのクロスをヘディングで合わせてネットを揺らすと、2-0で迎えた後半31分には浮き球のパスをボレーで叩き込み、決定的な3点目を決めた。

     2ゴールで勝利に導いたレバンドフスキだが、バイエルン公式インスタグラムは「この世のものではない」との文章を添え、レバンドフスキの圧巻のボールタッチ映像を公開。やや大きくなったロングパスをジャンプしながら足を伸ばしてコントロールすると、着地と同時にボールはレバンドフスキの体をつたって転がっていった。

     この映像を受けて、コメント欄では「ワールドクラスのトップに君臨」「一流のスキル」「世界最高のNo.9だ」「信じられない」「美しいトラップ」「史上最高だ」など感嘆の声が上がっていた。今季リーグ戦で11試合16ゴールと爆発中のレバンドフスキ。得点ランキング首位を独走しており、31歳となった今も圧倒的な得点力を維持している。


    【動画】「この世のものではない」 バイエルンFWレバンドフスキ、“ボールが体を転がる”圧巻トラップの瞬間

    この投稿をInstagramで見る

    😱 OUT. OF. THIS. WORLD. 😱 @_rl9 #FCBBVB #MiaSanMia

    FC Bayern München(@fcbayern)がシェアした投稿 -



    引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228947-soccermzw-socc


    このページのトップヘ