最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 宇佐美貴史

    1077

    1: Egg ★
    UEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグマーケティング代理店のアジア・パシフィック地域統括責任者のツイートが、物議を醸している。

    問題となっているのは、岡部氏が27日に投稿したツイート。その中で岡部氏は、ガンバ大阪の宇佐美貴史を「天才」と評するニュースを引用しつつ、「メディアもファンも、すぐに『天才』とか呼んで、
    必要以上に持ち上げて選手を勘違いさせるの、いい加減やめてほしいです…」と苦言。「現代サッカーのメッカである欧州サッカーで通用せずに、日本に帰りざるを得なかった選手です(原文ママ)」と断じ、「厳しくかつ温かく見守りましょう!」とつづった。

    >>「もっと私をもてなせよ」夫・宇佐美貴史の愚痴噴出の妻に、視聴者ドン引き<<

    しかし、これに対しサポーターなどを中心に、「必要以上に天才と持ち上げることへの苦言は同意できるけど、通用せずとか評する必要ある?」
    「宇佐美がいつ勘違いしたっていうんだろう?」といった批判が殺到する事態に。

    岡部氏はこれらの批判を受け、28日に再びツイッターを更新し、「たまたま彼の記事だっただけで、宇佐美云々の話ではないので、ファンの方ご安心ください!」と弁解。
    「ポイントは、『すぐに“天才”と呼んで必要以上に持ち上げるのやめましょう』です。日本の成長には、メディアとファンの成熟が欠かせません!」と呼びかけ、
    「世界のサッカー現状を踏まえて、俯瞰して日本サッカーを見ています。厳しい世界のサッカー界ですら、『天才』と呼ばれるのは、マラドーナやメッシなど、ごく一握りです。
    もし、日本サッカーに『天才』がいたとすると、大けがする前の小野伸二だけかと…」とつづった。

    しかし、このツイートにも、「宇佐美のことだったら『欧州サッカーで通用せずに』とかいらないでしょ」「いや、書き方が選手やサポーターに対する礼節を欠いてるてことだと思います」
    「どう見てもバカにしてるこんな表現したことをまず謝ろうよ」といったバッシングが殺到。さらに、「天才」とする日本人選手に「大けがする前の小野伸二」という名前を出したことにも、
    「徹底して上から目線」「大けがをする前なんて冠失礼すぎる」という声が集まっていた。

    日本のサッカーファンを刺激し続けた岡部氏。多くの不信感が集まってしまっていた。

    2020/07/29 12:52 / 提供元 リアルライブ
    https://wjn.jp/article/detail/8677957/

    no title

    【<宇佐美貴史>「欧州で通用せず日本に帰った選手」? UEFA日本人関係者の投稿にファン激怒・・・】の続きを読む

    831

    1: 砂漠のマスカレード ★
    J1G大阪・宇佐美貴史の妻でキャスターの宇佐美蘭が、12日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」に出演。自宅でサッカーの話題をしない理由を明かした。

    以前、夫の貴史はサッカーの試合で負けると「どこがあかんかった?」と聞いてきたという。聞かれたため「あそこは点決めなあかんかったと思う」と正直に返答すると、「サッカー分からんくせに何言うねん」と言い返されたという。

    また、試合でうまくいかず落胆している時も「ピンチはチャンス 爆発することがくるよ」と励ますと、「浅はかな言葉で慰めるな」と返ってきたエピソードなどを披露。蘭は「そこからサッカーの話はするのはやめました」と苦笑いを浮かべていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-00000050-dal-socc
    4/13(月) 12:24配信

    【ガンバ大阪 宇佐美の妻・蘭 夫婦間でサッカーの話題をしない理由を吐露】の続きを読む

    434
    G大阪は元日本代表FW宇佐美貴史(27)の約50メートル独走ゴールなどで仙台に2―0と勝利し、J1残留を決めた。0―0の後半24分。自陣でボールを拾った宇佐美が、右サイドでDFを引きはがして独走。そのまま右足でネットを揺らす3試合連続ゴールで先制した。さらに後半32分には、宇佐美のラストパスにFWアデミウソンが抜け出し、ループシュートを沈めて追加点。この2点で勝利し、J1残留を決めた。

    試合は前半から元日本代表MF遠藤を中心としたパスワークで主導権を奪い、日本代表に復帰したMF井手口が中盤で高いボール回収率をみせるなど躍動。それでもゴールを割れない状況が続いたが、エースが個人技でゴールをこじ開けた。また10月19日の川崎戦(パナスタ)で同点ゴール直後に相手選手と接触し、脳しんとうと左頬骨骨折を負ったG大阪MF倉田も、後半25分からの途中出場で復帰した。

    今季は夏に韓国代表FW黄など選手の大量流出などもあり、低迷が続いたG大阪。しかし終盤になって今夏復帰した宇佐美、井手口がチームにフィットしてきたことで、最低限の目標と言えるJ1残留は果たした。


    8:27~

    引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191123-11230128-sph-socc 

    このページのトップヘ