最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 鎌田大地

    1512

    1: 久太郎 ★
    ブンデスリーガ第22節が2月20日に行われ、フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地がバイエルン・ミュンヘン戦でゴールを決めた。

    スコアレスで迎えた12分。鎌田はコスティッチの突破に反応してフリーでボックス内に侵入すると、ワンタッチで冷静にネットを揺らした。

    なお鎌田にとって、今シーズンのリーグ戦3点目のゴールとなった。

    【【動画あり】鎌田大地、王者バイエルンから貴重な先制ゴール!巧みな動きで今季3点目】の続きを読む

    1498
    1: 脱衣クマ ★
    SOCCER KING
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d15306966c558c08ebf7b5864d74c433a8351cb8
    【スコア】
    フランクフルト 2-0 ケルン

    【得点者】
    1-0 57分 アンドレ・シウヴァ(フランクフルト)
    2-0 79分 エヴァン・ヌディカ(フランクフルト)

     ブンデスリーガ第21節が14日に行われ、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属する5位フランクフルトは、ホームで14位ケルンと対戦した。長谷部はリーグ戦10試合連続の先発出場となり、5試合ぶりにフル出場を果たした。鎌田はリーグ戦4試合連続の先発出場となり82分までプレーした、

     立ち上がりから主導権を握るフランクフルトは23分、右サイドに流れたアンドレ・シウヴァのクロスに鎌田が頭で合わせたが、相手GKティモ・ホルンの好セーブにも阻まれてネットを揺らせない。30分にはポストプレーでボールを収めたA・シウヴァの落としから鎌田が右足を振り抜いたが、強烈なシュートはまたもホルンに防がれる。45分にはフィリップ・コスティッチのクロスにA・シウヴァが頭で合わせたが、これは枠を捉えられない。

     スコアレスで折り返すと、フランクフルトは57分に先制する。枠の外からエリック・ドゥルムがミドルシュートを放つと、ボールは鎌田に当たってA・シウヴァの元にこぼれる。相手GKホルンもすかさずカバーに入ったが、A・シウヴァは瞬時の判断でループシュートを成功させてネットを揺らし、今シーズンのリーグ戦で18点目を記録した。なお、鎌田にはラッキーな形で今季7アシスト目が付くことになった。

     すると79分、フランクフルトがリードを広げる。コスティッチが右コーナーキックからニアサイドにピンポイントのボールを入れると、頭で合わせたエヴァン・ヌディカがゴール左に流し込んだ。

     試合はこのまま終了し、フランクフルトは4連勝でリーグ戦10試合無敗となり、暫定で3位に浮上した。ケルンはリーグ戦3試合ぶりの黒星で今季10敗目となった。次節、フランクフルトは20日にホームでバイエルンと、ケルンは同日にMF遠藤航が所属するシュトゥットガルトとホームで対戦する。


    【【動画あり】長谷部フル出場の好調フランクフルトが4連勝! 鎌田が今季7アシスト目を記録 暫定で3位に浮上 [脱衣クマ★]】の続きを読む

    1355

    1: 久太郎 ★
    ブンデスリーガ第10節が5日に行われ、MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはホームでドルトムントと対戦した。鎌田は開幕から10試合連続でスタメンに名を連ね、長谷部は3試合連続でベンチスタートとなった。

     フランクフルトは9分、マルティン・ヒンテレッガーがハーフライン付近からゴール前にロングフィードを通すと、相手のDFを取った鎌田が反応。飛び出してきた相手GKに対し、浮き球のシュートで脇の下を通してネットを揺らした。

     ドルトムントは20分、ジェイドン・サンチョがカットインから左足でゴール左上隅を狙ったが、これはわずかに枠の上。26分には左サイドを突破したジオヴァニ・レイナのパスから、サンチョが抜け出してフィニッシュを放ったが、枠を捉えることはできなかった。前半はフランクフルトの1点リードで折り返した。

     後半から16歳のユスファ・ムココを投入したドルトムントは、56分に試合を振り出しに戻す。左サイドのサンチョからパスを受けたジオ・レイナは、ファーストタッチで前を向き、柔らかなタッチで相手1枚を剥がして右足一閃。強烈なシュートをゴール左上隅に突き刺した。

     後半は大半の時間を敵陣で過ごしたドルトムントだったが、逆転の1点は遠く、試合はこのまま終了。フランクフルトは5試合連続のドローで7戦未勝利、ドルトムントはリーグ戦今季初のドローとなった。次節、フランクフルトは11日にヴォルフスブルクとアウェイで、ドルトムントは12日にMF遠藤航が所属するシュトゥットガルトとホームで対戦する。 

    https://youtu.be/LXjPyREfrrU


    【スコア】
    フランクフルト 1-1 ドルトムント

    【得点者】
    1-0 9分 鎌田大地(フランクフルト)
    1-1 56分 ジオヴァニ・レイナ(ドルトムント)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/da6573780a0c7ddb227049711e7fa444a84c8582

    【【動画あり】鎌田大地が技あり弾で今季2点目!…フランクフルトはドルトムントの猛攻耐えドロー】の続きを読む

    1340

    1: 久太郎 ★
    【ウニオン・ベルリン 3-3 フランクフルト ブンデスリーガ第9節】

     ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリン対アイントラハト・フランクフルトの試合が現地時間28日に行われた。試合は3-3の引き分けに終わっている。

     フランクフルトに所属する鎌田大地は先発出場を果たし、長谷部誠はベンチ入りした。2分、フランクフルトのGKケビン・トラップがキャッチミスしたボールをロバート・アンドリッヒに押し込まれ相手の先制を許してしまう。さらに6分、マックス・クルーゼがPKを決めてウニオン・ベルリンに追加点が入った。


     追いかける展開となったフランクフルトも27分、中盤でボールを奪った鎌田がドリブルで駆け上がりゴール前に向けてラストパス。そのパスに反応したアンドレ・シウバが押し込んで1点を返した。

     37分に鎌田が倒されてフリーキックのチャンスを得ると、そのフリーキックから再びシウバがゴールを決めて同点に追いつく。さらに79分、鎌田が粘って相手を引きつけた後、ゴール前にパスを通してバス・ドストが逆転ゴールを決めた。

     だが、直後の82分にウニオン・ベルリンのクルーゼにゴールを決められ再び同点に。その後はお互いに追加点はなく、試合は3-3の引き分けに終わっている。
    https://youtu.be/Gpt6yzH1mPc


    【得点者】
    2分 1-0 アンドリッヒ(ウニオン・ベルリン)
    6分 2-0 クルーゼ(ウニオン・ベルリン)
    27分 2-1 シウバ(フランクフルト)
    37分 2-2 シウバ(フランクフルト)
    79分 2-3 ドスト(フランクフルト)
    82分 3-3 クルーゼ(ウニオン・ベルリン)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2623bde4c5fd0cdb389b006d938b5986077e1dce

    【【動画あり】鎌田大地が絶妙パスから2アシスト! 一時逆転も失点しフランクフルトは3-3ドロー】の続きを読む

    1294

    1: 久太郎 ★
    ブンデスリーガは31日に第6節が行わ
    れ、フランクフルトはブレーメンと対戦した。


    前節は王者バイエルン・ミュンヘンに0-5と敗れたフランクフルト。大敗から立ち直りたい一戦で、ホームにブレーメンを迎えた。長谷部誠は3バックの真ん中、鎌田大地はトップ下で先発出場を果たしている。一方4試合負けなしのブレーメンでは、大迫勇也がベンチに入った。

    立ち上がりにピンチを迎えたフランクフルトだが、長谷部が2度良い対応でしのぐ。一方攻撃では、鎌田が左右に流れながらチャンスメイク。しかし押し込む場面は作るものの、なかなかシュートを打てない時間が続く。逆に20分過ぎからはカウンターで危ないシーンを迎えるものの、長谷部を中心に失点を許さない。

    すると34分、フランクフルトがネットを揺らす。A・シウバのシュートがGKに弾かれたこぼれ球にいち早く反応した鎌田が、冷静に押し込んだ。しかしVARレビューの結果、シュートを放つ前のA・シウバがわずかにオフサイドだったとして、ゴールは無効となった。前半アディショナルタイムにはボール奪った鎌田が速攻を仕掛け、最後はボックス内でシュートを放つがGKに防がれた。前半はスコアレスで折り返す。

    後半立ち上がりにチャンスを作ったフランクフルトだが、決めきることはできない。すると51分、カウンターから抜け出したサージェントが一対一を制し、ブレーメンが先制に成功する。56分にも長谷部がボールを奪われピンチを迎えたフランクフルトだが、長谷部が自らクリアで逃れた。

    しかし65分、フランクフルトが追いつく。右サイドで仕掛けると、最後は鎌田のクロスにA・シウバが合わせてネットを揺らした。鎌田にとっては今季4アシスト目となった。

    追いつかれたブレーメンは70分、大迫を最前線に投入して勝ち越しを狙う。一方のフランクフルトは、鎌田が積極的に絡みながら敵陣深い位置に侵入する場面を作っていく。しかし、スコアは動かず。試合は1-1のドロー決着となった。フランクフルトは3試合勝利なし(2分け1敗)、ブレーメンは3試合連続の1-1となった。

    ■試合結果
    フランクフルト 1-1 ブレーメン

    ■得点者
    フランクフルト:A・シウバ(65分)
    ブレーメン:サージェント(51分) 

    【【動画あり】鎌田大地が今季4アシスト目で輝き放つ!長谷部、大迫も出場のフランクフルト対ブレーメンはドロー決着】の続きを読む

    このページのトップヘ