最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: 鎌田大地

    1120

    1: ネギうどん ★
     W杯予選が来年に再延期になり、この先の活動の見通しがまだ不透明なサッカー日本代表チーム。もし今すぐに試合があるとしたら、2020年8月時点で選ばれるべきベストメンバーはどんな顔ぶれになるのか、識者たちが選出した。前回の活動から8カ月が経ち、所属クラブでの状況から状態のいい選手、悪い選手が誰なのか。また、現在適任がいないポジションもわかってきた。

    海外組で活躍した選手は使いたいところ

     ヨーロッパではシーズン途中で打ち切りになったリーグもあり、海外組に関しては現状をつかめないところもあるが、概ね充実したシーズンを送った海外組に加え、Jリーグで好調の選手を選んだ。

     何と言っても、まずは久保建英だ。ラ・リーガ再開後は際立ったパフォーマンスを披露していた。現状において海外組のなかでも最高のプレーを見せている。使わない手はない。

     久保につづくのは、フランクフルトでの活躍が目覚ましい鎌田大地。本来は1トップ向きではないとは思うが、2列目は人材豊富なこともあり、鎌田がハマってくれれば先々の見通しが明るくなる。同じく、ブンデスリーガのシュツットガルトで右肩上がりに調子を上げた遠藤航も、今使いたい選手だ。

     南野拓実はリバプールへの移籍で、さすがに出場機会は減らしたが、彼自身のパフォーマンスは悪くない。久保や鎌田にはない日本代表での実績もあり、外す理由にはならないだろう。

     DFラインでは、冨安健洋、酒井宏樹が所属クラブで安定したプレーをつづけた。経験もあり、彼らが守備陣の中心となる。

     一方、国内組だが、まずはJ1でのパフォーマンスが際立つ古橋亨梧を抜擢したい。中島翔哉、堂安律らが物足りないシーズンを過ごした今、新戦力を試すチャンスだ。

     ボランチでは大島僚太を、同じリオ五輪組の遠藤と組ませたい。これまでケガが多く、再三日本代表招集を棒に振ってきたが、現在の川崎フロンターレでのプレーは出色で、まさに充実期を迎えている印象だ。

     GKには中村航輔。ケガがなければ、すでに日本代表の主力にもなれたはずで、今季も出場機会を得てからはいいプレーを見せている。

     難しいのは、左サイドバック(SB)と左センターバック(CB)の選択だ。国内外を問わず、正直、これといった決め手がない。長友佑都、吉田麻也への回帰も視野に入れつつ、新たな顔を加え、選択の幅を広げたい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fb60cad3cf7f9c276451de70bb38f3a8e8d6797d

    【代表ベストメンバーを考える 今試合をしたら久保建英が中心か 続いて鎌田大地】の続きを読む

    973

    1: Egg ★
    日本代表MF鎌田大地と元同MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、現地時間13日のブンデスリーガ第31節でヘルタ・ベルリンと対戦し、敵地で4-1と勝利した。この試合で鎌田が相手3人を華麗に抜き去り、驚愕のアシストを披露。海外メディアが「メッシ風のプレー」「メッシを演じた」「3人を置き去り」と絶賛している。

     長谷部が3バック中央、鎌田はトップ下で先発したフランクフルトは、前半24分に先制点を献上。だが前半終了間際、ヘルタ・ベルリンのベルギー代表DFデドリック・ボヤタが一発退場し、数的有利となったフランクフルトが後半に4点を奪い、4-1と逆転勝利を収めた。

     この一戦で脚光を浴びているのが鎌田の超絶ドリブルだ。1-1で迎えた後半17分、相手エリア左でパスを受けた日本人アタッカーは、中央への鋭いカットインから1人目をかわすと、縦への急激な方向転換から2人目を翻弄。さらにカバーリングに入っていた3人目が捨て身のタックルを見せると、鎌田は華麗なタッチで抜き去り、最後は中央へパス。これをポルトガル代表FWアンドレ・シルバがバックヒールで流し込んだ。

     米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターのブラジル版は「凄い! 鎌田がメッシを演じ、相手DFを置き去りに、アンドレ・シルバがフランクフルトを象徴するゴールを決めた。見て!」と絶賛。ペルーメディア「Depor」が「鎌田のメッシ風の動き」と報じ、衛星放送「FOXスポーツ」公式ツイッターのアルゼンチン版も「鎌田が3人のライバルを置き去りにした」と賛辞を送っている。

     フランクフルトは逆転勝利で残留を決めたなか、圧巻のドリブルから超絶アシストで勝利に貢献した鎌田のプレーに世界から注目が集まっている。 

    【動画】「メッシを演じた」と世界絶賛! フランクフルト鎌田大地、「メッシ風」の3人置き去りドリブルから“超絶アシスト”の決定的瞬間 
    【【動画あり】<鎌田大地>「メッシ風」3人抜きドリブルから超絶アシストを世界絶賛!「凄い」「見て」】の続きを読む

    953

    1: Egg ★
    再開した独ブンデスリーガ1部フランクフルトのFW鎌田大地(23)の評価がウナギ上りだ。

     再開2合目の前節ボルフスブルグ戦。鎌田はMF長谷部誠(36)とともに先発出場。1-1で迎えた後半40分である。

     ペナルティーエリア内で味方FWが頭で落としたところに走り込み、相手GKの広げた手足が届かないコースを沈着冷静に見極め、左足インサイドでゴール右に流し込んだ。

     これで鎌田は今季公式戦で通算10得点。2ケタに乗せたこともあり、同じブンデス1部ブレーメン所属で不振にあえぐFW大迫勇也(30)の後継者として脚光を浴びるだろう。元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏がこう言う。

    「鎌田は、大向こうウケするようなファンタジックなプレーを披露したり、鍛え上げたフィジカルを利して相手DFをなぎ倒しながらゴールに猛進していくタイプではない。ただし天才です。何の天才かというと、相手ペナルティーエリア付近で冷静さを保ちながら局面ごとにベストのプレーを瞬時に選択。顔色を変えないでサラリとやってのける天才と言える」

     17年6月、J1鳥栖から移籍。昨季は期限付移籍先のベルギー1部シントトロイデンで活躍し、今季は晴れてブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルトに復帰した。

     ベルギーよりも格上のブンデス1部への順応も早く、フランクフルトではトップ下を任されながら、ただチャンスメークに専念するのではなく、相手ゴール前に侵入しては積極果敢にゴールに絡んでいく。

     ブンデス1部でブービー17位のブレーメンでスタメンから外れ、ピリッとしないFW大迫に取って代わり、森保ジャパンの正ストライカー奪取のチャンスでもある。

    「ポスト大迫探しは、森保日本代表の重要課題です。鎌田が有力候補として名乗りを挙げました」(前出・六川氏)

     これからも鎌田がゴールを量産したら、代表エースFWも交代劇も近い。


    6/4(木) 9:26 日刊ゲンダイ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/484481c75723761dd906d80c7eb18b9cde07124c

    写真
    no title

    【【動画あり】<FW鎌田大地>ドイツ1部通算10得点! “ポスト大迫”に名乗り..「顔色を変えないでサラリとやってのける天才と言える」】の続きを読む

    943

    1: 久太郎 ★
    フランクフルトは30日、ブンデスリーガ第29節でヴォルフスブルクとのアウェー戦に臨んだ。

    ブンデス再開後、1分け2敗と勝利がない14位フランクフルト。3-3で引き分けたフライブルク戦から中3日で迎えた6位ヴォルフスブルクとの一戦、鎌田大地と長谷部誠は引き続き先発に名を連ねた。長谷部は3バックの中央リベロ、鎌田は2列目にポジションに入った。

    一進一退の序盤を経て、最初の決定機を得たのはヴォルフスブルク。ゴール前正面のブレカロが左からの折り返しをフリーで受けてシュートを放つ。しかし、これはGKトラップのファインセーブに阻まれた。

    すると、先制したのはフランクフルトだった。27分、アンドレ・シウバが倒されてPKを得ると、これを自ら冷静に沈めてリードをもたらした。

    フランクフルトの1点リードで迎えた後半も好勝負が繰り広げられる。そんな中、58分にネットを揺らしたのはホームチーム。右サイドからマキシミリアン・アーノルドが入れたFKにゴール前で合わせたムバブがヘディングシュートを突き刺し、ヴォルフスブルクが追いつく。

    終盤にかけてはフランクフルトが押し気味に試合を進めたが、粘り強い対応を続けるヴォルフスブルクの守備をなかなか崩せない。それでも、85分に鎌田が魅せる。前線へのフィードをドストが頭で落とすと、走り込んだの鎌田。冷静にシュートを流し込み、前節のブンデスリーガ初ゴールから2試合連続弾を挙げた。

    結局、これが決勝弾となり、フランクフルトが勝利。フランクフルトは鎌田の活躍もあり、再開後の初勝利とともにリーグ7試合ぶりの白星となった。鎌田は89分にお役御免となり、長谷部はフル出場している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1e67a1a7341663c3549b004502f9c61a4322f0

    【【動画あり】フランクフルトの鎌田大地が2試合連続ゴールでヒーローに! 値千金の決勝弾で7試合ぶり勝利もたらす [久太郎★]】の続きを読む

    733

    1: Egg ★
    DFBポカール準々決勝が4日に行われ、MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属するフランクフルトとFW大迫勇也が所属するブレーメンが対戦した。鎌田は先発出場、大迫はベンチスタートとなり、長谷部の出場はなかった。

     32分、ホームのフランクフルトはコーナーキックの2次攻撃からマルティン・ヒンターエッガーがボレーシュートを放ったが、枠を捉えることができず。対するブレーメンは35分、ダヴィー・ゼルケが右からのクロスに頭で合わせたが、枠を捉えたヘディング弾はフランクフルトのGKケヴィン・トラップに弾き返されゴールならず。42分にはマクシミリアン・エッゲシュタインがミドルシュートを狙ったが、これもトラップの好セーブに遭いゴールとはならず。

     前半はスコアレスで終わるかに思えたが、フランクフルトは後半アディショナルタイム、VARの介入によってPKを獲得。キッカーを担当したアンドレ・シルヴァは相手GKの逆を突いて、ゴール左上に強烈な一撃を突き刺した。ホームチームは1点のリードで前半を終えた。

     46分、一部のブレーメンサポーターが爆竹を鳴らしたことで試合は一時中断。また、50分頃からはフランクフルト側のバックスタンドにホッフェンハイムの出資者であるディミトマー・ホップ氏を侮辱する内容のバナーが掲げられるなど、スタジアムは一時混沌とした空気に包まれた。

     そんな中、フランクフルトは60分に追加点を獲得する。左のフィリップ・コスティッチが相手のDFとGKの間に低くて速いクロスを送ると、中央で鎌田が合わせる。右足ダイレクトでネットを揺らし、今季公式戦8得点目を記録した。

     2点を追う展開になったブレーメンは66分、レオナルド・ビッテンコートに代えて大迫を投入した。一方、鎌田は82分にドミニク・コールと代わってピッチを後にした。

     フランクフルトは後半アディショナルタイム1分、コスティッチがブレーメンのDFエメル・トプラクのすねを足裏で踏んづけ1発退場。準決勝は出場不可となった。また、エメル・トプラクはプレー続行が不可能となり、担架に運ばれてピッチを後にした。

     試合はこのまま終了し、フランクフルトがDFBポカール準決勝の最後のイスを勝ち取った。

    【スコア】
    フランクフルト 2-0 ブレーメン

    【得点者】
    1-0 45+6分 アンドレ・シルヴァ(フランクフルト)
    2-0 60分 鎌田大地(フランクフルト)


    3/5(木) 6:47配信サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200305-01042918-soccerk-socc

    写真
    no title

    【【動画あり】<先発の鎌田大地>華麗なボレーで今季8点目をマーク!フランクフルトがブレーメンを下して独杯4強進出】の続きを読む

    このページのトップヘ