最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: リヴァプールFC

    813

    1: 久太郎 ★
     リバプールは4日、新型コロナウイルス感染拡大による財政不安に対処するため、一部従業員に一時休暇を与えることを発表した。イギリス『ガーディアン』によると、これは従業員が政府から月給80%を補償されるようにするための措置。ところがビッグクラブによる一大決定はイギリス国内で批判を呼び、「炎上」状態にあるようだ。

     欧州主要リーグでは現在、新型コロナウイルスの感染拡大により公式戦の開催がストップしている。各クラブは大半の収入源が断たれ、給与支払いへの影響も避けられない情勢。スペイン、ドイツなどでは選手が一部給与の受け取りを拒否し、従業員の給与に充てるよう申し出ている中、イングランドでは従業員に無給の一時休暇を与える措置を取っている。

     この違いはイギリスの政策に端を発する。ボリス・ジョンソン首相が3月下旬、レストランやパブ、映画館や劇場などで業務ができなくなった人々の賃金80%を月2500ポンド(約32万円)を上限に政府が肩代わりし、この窮地を乗り越えてもらうという支援制度を打ち出したためだ。

     ところが、昨今市場価値が高騰し続けているサッカークラブがこの制度を活用することには大きな批判が向けられている。とりわけ労働者の支援を受けてビッグクラブとなり、国を代表する地位を築いたリバプールとなればなおさらだった。記事によると、今年2月に発表された2018-19会計年度のクラブ利益は4200万ポンド(約56億円)だった。

     リバプールの決定に対し、OBのジェイミー・キャラガー氏も自身のTwitter(@Carra23)で痛烈批判。「ユルゲン・クロップはこの流行の初期にすべての人々への思いやりを果たし、賃金カットに深く関わっているプレーヤーもいる。すべての尊厳も善意も失われた。貧しいLFC」と綴っている。

     一方、クラブが選手の賃金カットを行うためにはプロサッカー選手協会(PFA)との合意が必要だが、PFAはこれに猛烈な反対姿勢を取っていることも問題をより難しくしている。現状では30%の賃金カット案が浮上しているが、「彼らは財政的な貢献をすることで役割を果たすはずだ」と拒否。その根拠には、賃金をカットすることに伴う政府税収の減少などが挙げられている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-43479420-gekisaka-socc

    【リバプールのスタッフ救済策が「炎上」…キャラガーも痛烈批判】の続きを読む

    797

    1: Egg ★
    バプールの優勝認定問題に意見したギュンドアン。(C)Getty Images
     プレミアリーグは現在、新型コロナウイルス感染の影響で、4月30日までの中断を強いられている。現状では再開の目処が立たず、さらなる延期が確実視されている。
     
     リーグは6、7月にずれこんででも今シーズンを完結させたい意向だが、そうなると来シーズンにも影響が出るため、いっそのこと中止にしてしまったほうが良い、という意見もある。
     
     もしシーズンを中止した場合に議論となるのが、2位のマンチェスター・シティに25ポイントの差を付け、30年ぶりのトップリーグ制覇まであと2勝に迫っているリバプールの優勝を認めるか、という点だ。戴冠を容認すれば、欧州カップ戦の出場権や降格も中断前の順位で確定することになり、不満が上がるのは必至だからだ。
     
     そんななか、覇権を争うライバルであるリバプールの戴冠認定を後押しした選手がいる。マンチェスター・シティのイルカイ・ギュンドアンだ。
     
     英公共放送『BBC』によると、ドイツの放送局『ZDF』の取材で「シーズンが打ち切りになった場合、リバプールにトロフィーを与えるべきか」と尋ねられたドイツ代表MFは、「そうだね、僕はOKだ」と返答。「スポーツマンとしてフェアでなければならない」とコメントしたという。
     
     ただ、そうなれば、降格圏にいるにとっては納得のいかない結果となるため、決定が困難であることも認めている。
     
    「さまざまな意見がある。満足なシーズンを送ってきたクラブにとっては、いま無効となれば明らかに良くないだろう。一方で、うまくいかずに降格圏にいるクラブは、願ったり叶ったりだ」
     
     ライバルチームの選手が発したこの発言は物議を醸し、「真のスポーツマンだ」「素晴らしい」「品格がある」と賛辞が寄せられた一方で、“白旗宣言”とも受け取られかねないコこともなり、「愚かな男だ」「何の解決にもなっていない」といった批判の声もあがっている。
     
     ドルトムント時代の恩師であるリバプールのユルゲン・クロップ監督への配慮も少なからずあったのか……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200330-00071268-sdigestw-socc

    写真no title

    【<リバプールの優勝を認めるべき>MFギュンドガンのまさかの“ライバル擁護発言”が物議!「真のスポーツマン」「愚かな男」】の続きを読む

    775

    1: Egg ★
    日本代表MF南野拓実が所属するイングランド1部リバプールの来季ユニフォームが流出したと英メディアが一斉に報じ、「奇妙なターコイズ色」の新デザインを巡って「まるで水泳プール」「なぜ?」「偽物であってほしい」と失望が広がっている。

     昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)王者のリバプールは、今季の同大会16強でアトレティコ・マドリードに2戦合計2-4と屈して敗退。プレミアリーグでは首位を走るものの、現在は新型コロナウイルスの影響を受けてリーグ戦が4月30日まで中断されることが決まっており、再開の見通しは立っていない。

     今シーズンの行方は不透明な状況にあるが、来季を見据えた動きが水面下で着々と進行しているようだ。英紙「ザ・サン」は「流出したリバプール2020-21シーズンの奇妙な青緑色の新アウェーキット」と報道。ユニフォーム専門サイト「フッテージヘッドラインズ」が公開したという新ユニフォームを写真付きで紹介している。

     ターコイズブルーが全面に広がり、ランダムパターンのデザインが施されているが、ファン受けは今一つのようだ。同紙は「まるで水泳プールの反射に見える」「酷い」「クレジットカード(アメリカン・エキスプレス)に見える」というファンの声を伝えた。

     英紙「デイリー・スター」は「偽物であってほしいと望む。これが嫌いだ」「これは冗談でないと」という批判的な意見とともに、「このデザインが好きだし、かっこいいと思う」という称賛コメントも取り上げている。

     しかし、ファンの間では全体的に辛口コメントが増えている模様で、英メディア「スポーツ・バイブル」は「リバプールファンは、来シーズンの新しいキットと思われる流出画像に決して満足していない」と指摘。「なぜ青っぽいのか?」という疑問の声を拾っている。

     流出したと見られる新デザインを巡って、リバプールファンの間では賛否両論となっているようだ。

    【画像】「まるで水泳プール」「クレジットカード」と批判拡大! 南野所属リバプール、“流出”の新ユニフォーム「奇妙」デザイン公開 

    3/21(土) 6:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200321-00252607-soccermzw-socc

    【【画像あり】<リバプール>“流出”の新ユニフォームに批判拡大!「水泳プール」「クレジットカード」奇妙なターコイズ色の新デザイン】の続きを読む

    749

    1: Egg ★
    リバプールは現地時間7日、プレミアリーグ第29節でボーンマスと対戦し、ホームで2-1と勝利した。エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネのゴールで逆転勝利を収めた一方、ベンチ入りした日本代表MF南野拓実に出番は訪れなかった。英メディアは「リバプールファンはクロップの決断に困惑」と見出しを打って取り上げている。

     2月29日に行われた第28節ワトフォード戦で0-3と完敗を喫したリバプールは、中2日で臨んだFA杯チェルシー戦も0-2で落とし、公式戦2試合連続の無得点、第27節ウェストハム戦(3-2)から3試合連続の複数失点と攻守にわたり調子を落としていた。ボーンマス戦でも、試合開始早々の前半9分に先制点を与える苦しい展開に。

     それでも本拠地アンフィールドで無類の強さを誇るリバプールは、0-1で迎えた前半24分、高い位置でボールを奪ったマネがペナルティーエリアまでドリブルで運び、相手守備陣を引きつけながら横パスを供給。少しズレてしまうも、ボールを受けたサラーが相手DFの股を通すシュートでゴール右隅へと流し込んだ。さらにその9分後、ハーフウェーライン付近でオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがパスカットすると、そのままスルーパスを前線に送る。抜け出したマネが相手GKとの1対1を冷静に制し、逆転ゴールを決めた。

     リーグ戦でのホーム22連勝を飾った一方、ベンチ入りしていた南野には最後まで出番が回ってくることはなかった。この試合、ユルゲン・クロップ監督は後半39分に元イングランド代表MFアダム・ララーナ、後半アディショナルタイムにベルギー代表FWディボック・オリギを投入したが、交代枠の残り1枚を使うことはなかった。

     英メディア「フットボール・ファンキャスト」は「リバプールファンはクロップの決断に困惑」と見出しを打ち、ララーナの投入について「数多くのサポーターにとって、この交代は理解ができないものだったようだ」と指摘。さらに「特に南野拓実が試合を通してベンチに取り残されたことに落胆を隠せなかった」と取り上げている。

    「クロップはイングランドサッカーの厳しさに対し、じっくり適応させる意向」

    「未出場が彼のやる気を削ぐ可能性を懸念している」と綴り、「おそらくクロップはイングランドサッカーの厳しさに対し、じっくり適応させる意向である」としつつも、ボーンマス戦については「比較的容易に彼をピッチで紹介するうえで完璧なタイミングだった」と主張していた。

     公式戦連敗を喫していたリバプールは、悪い流れを断ち切るべくボーンマス戦では勝利が必須な状況だった。2-1と拮抗していたこともあり、クロップ監督も新戦力の起用ではなく、計算の立つ手堅い采配に踏み切ったのかもしれない。

    3/10(火) 16:50配信フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200310-00250821-soccermzw-socc

    写真
    no title

    【<英メディア>“南野拓実不出場”に疑問符!「やる気を削ぐ懸念」「じっくり適応させる意向」】の続きを読む

    736

    1: 砂漠のマスカレード ★
    新天地リバプールで出番の限られている南野 「機関車に飛び乗ることに苦労」
    リバプールは現地時間3日、FAカップ5回戦でチェルシーと対戦し、0-2で敗れた。
    日本代表MF南野拓実は先発フル出場を果たしたが、不発に終わった。
    移籍後は公式戦6試合の出場にとどまっており、いまだノーゴールノーアシストとなっているなか、
    英サッカー情報サイトは「リバプールは今季終了後までローン移籍で南野をザルツブルクに戻すべきだった」と見出しを打って取り上げている。

    リバプールは2月29日に行われたプレミアリーグ第28節ワトフォード戦で0-3と衝撃の完敗。
    中2日で迎えたチェルシー戦では主力のおよそ半数を休ませ、3トップの最前線に南野を配置した。
    0-1で迎えた前半20分、右サイドからのクロスをゴール前で受けた南野は絶好の機会を得たが、相手DFに阻まれ打ち切れず、初ゴールとはならなかった。

    南野にとっては移籍後初のフル出場となったが、公式戦6試合出場でノーゴールノーアシストと結果を残せていない。
    英サッカー情報サイト「THE BOOT ROOM」は「リバプールは今季終了後までローン移籍で南野をザルツブルクに戻すべきだった」と見出しを打ち、
    今冬に獲得した際、そのまま今季終了後までザルツブルクにとどまらせてプレーさせるべきだったと主張している。

    「南野が現在、新たなチームに適応するのに苦しんでいるのは確かなようだ。
    提示すべき問題点は、リバプールは今季終了後までローン移籍の形で彼を止まらせた方が良かったのではないかということだ。
    ザルツブルク側は間違いなく快く受け入れ、夏に連れ戻せた。今は、エンジンを搭載した機関車に飛び乗ることに苦労している」

    記事では、現在は公式戦連敗を喫しているものの、今季プレミアリーグを独走する圧倒的な強さを誇示するリバプールへの適応は「困難な仕事」と表現し、
    「リバプールは南野を加えるタイミングをより慎重に考慮するべきだった。南野にとって今季終了後までオーストリアにとどまることが好材料であるのは明らかだった」と主張していた。

    今のリバプールは世界屈指の破壊力を誇るエジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネの3トップが不動の地位を築いていることに加え、
    中盤もハイレベルなポジション争いが繰り広げられている。南野にとっては、今後も厳しい戦いが待ち受けていることは間違いないだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200306-00249964-soccermzw-socc
    3/6(金) 6:40配信

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10008622
    成績

    【南野拓実は「ザルツブルクに戻すべきだった」 リバプールの“判断ミス”を英指摘「問題点は…」3試合0得点】の続きを読む

    このページのトップヘ