最新サッカーニュース サッカー動画サイト

    カテゴリ: リヴァプールFC

    1045

    1: Egg ★
    まさかのミスから2失点…
    現地時間7月15日、プレミアリーグ第36節が開催され、リバプールは9位のアーセナルと対戦した。

     プレミアリーグ歴代最多勝点(100)の更新に向けて3連勝が条件となっているリバプール。敵地に乗り込んだ今節もベストメンバーを先発で起用し、南野拓実はベンチスタートとなった。

     試合は、リバプールが立ち上がりからアーセナルを押し込んで攻勢に出る。11分には、前線へキックをしようとした相手GKマルティネスに寄せたフィルミーノのブロックしたボールがポストに直撃する惜しいシーンを作った。

     そして、アウェーチームはあっけなく均衡を破る。フィルミーノとのコンビネーションから敵エリア内左に攻め上がったロバートソンがグラウンダーのクロスを中央へ供給。これをマネが滑り込みながらねじ込んだ。

     先手を取られた後も、防戦一方となっていたアーセナルだったが、思わぬ形で舞い込んでビッグチャンスをものにする。32分、敵陣深くで、相手CBファン・ダイクがまさかのパスミス。これをさらったラカゼットが守護神アリソンをかわして同点とした。

     相手FWネルソンに腕を掴まれてバランスを崩したとはいえ、名手ファン・ダイクの予期せぬプレーから追いつかれたリバプールは、前半終了間際の44分にも再びミスから失点する。今度は守護神アリソンからのビルドアップのパスをラカゼットにさらわれて、最後はネルソンに逆転ゴールを決められてしまったのだ。
     

     逆転された後半を迎えたリバプールは、よりギアを上げ、前半以上に一方的に主導権を握ると、51分にマネ、53分にサラーと、立て続けに相手ゴールを脅かすシュートを放っていった。

     なおも攻めあぐねたリバプールは、あの男に状況の打開を託す。60分にフィルミーノを下げて南野を投入したのだ。

     先発した30節のエバートン戦以来となる長時間のプレー機会を得た南野は、ファーストプレーとなった62分にいきなり惜しいシュートを放つなど、これまでの鬱憤を晴らすように積極果敢な動きを披露。この一連のパフォーマンスにクロップ監督が、「グッドタキ(南野の愛称)!」と思わず叫ぶ声が、ピッチサイドの収音マイクに入り込んでいた。

     南野の投入がカンフル剤となり、60分を過ぎてから90パーセント以上のボール支配率を維持したリバプールは、アーセナルを自陣に釘付けに。その後、82分にアタッカーのシャキリとオリギを同時に入れるなど、パワープレーを用いて、攻め続けたレッズだが、土俵際で粘り続けた相手の堅牢を打ち崩せず……。そして試合は1-2で終了した。

     惜しくも敗れて、2017-18シーズンにマンチェスター・シティが達成したプレミアリーグ最多勝点記録更新の可能性が消えたリバプール。そのなかで、これまで以上に貪欲な姿勢を見せた南野は、ゲームの流れを変えたことを踏まえてもアピールに成功した印象だ。それだけに今季の本拠地最終戦となる次節のチェルシー戦の起用法に注目したい。
    no title
    https://youtu.be/sRusQOLG2g8


    https://youtu.be/T7k8dV_37q4

    【【動画あり】<グッド!タキ!>好プレー連発の南野拓実にクロップが思わず叫ぶ! リバプールは偉業達成の可能性が消滅】の続きを読む

    1039

    1: Egg ★
    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、プレスカンファレンスでFW南野拓実のパフォーマンスに言及した。10日、クラブ公式サイトがその様子を伝えている。

     今冬の移籍市場でリヴァプールに加入し、ここまで公式戦11試合に出場している南野。しかしここまで得点に絡むことはなく、出場も国内カップ戦が中心となっておりなかなかそのポテンシャルを新天地で発揮することができていない。だがクロップ監督は、南野がリヴァプールで輝きを放つ時が来ることを確信しているようだ。11日のバーンリー戦を前にしたプレスカンファレンスで、日本代表のアタッカーについてこう語った。

    「点を取ることに関して、彼はとてもアンラッキーだ。すでに2、3点決めていてもおかしくないだろう」

    「すべては良い方向に進んでいる。時間を必要としているというだけのことだ。我々は本当に強いフットボールチームで、そこに入り込んでいくのは簡単ではないよ」

    「すべきことは、高いレベルのトレーニングを積むことだけだ。そして、タキ(南野の愛称)はまさにそれに取り組んでいるんだよ」

     すでにプレミアリーグ優勝を決めたリヴァプールで、増加するとみられるリーグ戦での出番を活かし南野はその存在をアピールすることができるだろうか。

    7/11(土) 11:38 サッカーキング
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6cf60917b41ab155996e338408cb878f2c885ed
    no title

    【<リバプールのクロップ監督>南野への信頼を強調「彼はとてもアンラッキーだ。すでに2、3点決めていてもおかしくない」 [Egg★]】の続きを読む

    1031

    1: 王子 ★
     現役時代にアーセナルなどで活躍した元イングランド代表FWのイアン・ライト氏は、リバプールのベルギー代表FWディヴォック・オリジと日本代表MF南野拓実の2人がチームに十分な貢献をすることができていないとして批判している。英紙『メトロ』が7日付で同氏のコメントを伝えた。

     すでに今季のプレミアリーグ優勝を決めたリバプールは、5日に行われた第33節の試合でアストン・ヴィラと対戦。レギュラーのFWロベルト・フィルミーノに代えてオリジが先発に起用されたが結果は残せず、60分にフィルミーノと交代した。チームはその交代後に2点を奪って2-0の勝利を収める結果となった。

     一方の南野は、この試合での先発起用を予想する英メディアもあったが、ベンチからのスタート。リーグ戦再開後では初めての出場なしに終わった。

     フィルミーノとモハメド・サラー、サディオ・マネの不動の3トップはチームを優勝に導く働きを見せたが、リバプール攻撃陣のバックアップは不十分だとライト氏は主張。「今日のオリジやこれまでの南野を見る限りでは、彼らのことを少し心配すべきだ」と来季以降への見通しを述べている。

     オリジはすでにリバプールで4シーズンを過ごし、昨季のチャンピオンズリーグ準決勝や決勝でのゴールなどの活躍もあったが、「ベンチスタートに満足しているようだ」「リバプールファンの心を掴んではいるが、実際にはチームを助けてはいない」とライト氏。同時に南野についても「今まで見てきた限りではチームを助けていない」と評した。

    7/7(火) 19:27配信
    フットボールチャンネル
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a3d1c7472a32dc909919ab1dcfe9e8ae583fadb5

    【アーセナルのレジェンドFWが南野拓実を批判。「リバプールの助けになっていない」】の続きを読む

    998

    1: ゴアマガラ ★
    リバプールは25日、クラブ史上初のプレミアリーグ優勝を飾った。トップリーグとしては30年ぶりのリーグ制覇となる。
    また、同クラブに所属する日本代表MF南野拓実は、日本人4人目のプレミア制覇となっている。

    25日に行われたプレミアリーグ第31節で2位のマンチェスター・シティがチェルシーに1-2で敗戦したことで、
    7試合を残してリバプールとシティのポイント差は“23”となり、リバプールの優勝が決まった。

    昨季2位でリーグ戦を終えるも14年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)を制したリバプールは今季、開幕から8連勝飾るなど序盤で首位に立つと、
    今年2月に行われた第28節ワトフォード戦まで27勝1分け無敗と圧倒的な成績で首位を独走。1度も2位に転落することなく7試合を残してのプレミア初制覇となった。

    今冬にザルツブルグからリバプールに加入した南野にとっては、6年連続となるクラブチームでのタイトル獲得。2001-02シーズンにアーセナルに所属していたMF稲本潤一、
    2012-13シーズンにユナイテッドに所属していたMF香川真司、2015-16シーズンにレスター・シティに所属していたFW岡崎慎司に続いて、日本人選手4人目のプレミア制覇となった。

    また、リバプールは1992年に創立されたプレミアリーグで、ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、シティ、ブラックバーン、レスターに続いて7チーム目の優勝クラブとなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/11b68eb8696d04c4ef3e7880ab4394fbffa45b38
    no title

    【リバプールが30年ぶりのリーグ優勝!南野拓実は日本人4人目のプレミア制覇者に】の続きを読む

    991

    1: 砂漠のマスカレード ★
    HTでの交代はクロップの新たな試み?

    交代理由を明かす(C)Getty Images

    エヴァートン戦で45分間のみのプレーに終わったリヴァプールFW南野拓実について、ユルゲン・クロップ監督が交代理由を明かした。

    1月の移籍市場でリヴァプールに加入した南野。
    プレミアリーグではなかなか出番を得られていなかったが、再開初戦となった21日の第30節のエヴァートン戦ではコンディション不良のモハメド・サラーに代わって先発出場を飾った。

    チャンスを得た25歳FWだったが、攻守に奮闘するも好機にあまり絡むことができず。
    結果を残せないまま前半のみで交代となった。
    チームはスコアレスドローの引き分けに終わり、今節での優勝は持ち越しとなっている。

    試合後クロップ監督は、南野の交代について言及。
    再開から5人の交代枠が認められているが、
    「試合前から5人の交代枠を使うことを考えていた。タキは良かった。
    最初は少し難しかったが、ゲームに入れていた。
    ハーフタイムでの交代はパフォーマンスとは関係ない。純粋に(5人の交代枠を)使ってみたかっただけだ」と明かした。

    なお、現地でのファンの評価は割れている。リヴァプール専門サイト『Anfield Watch
    』は、ツイッターで「ここまでのタクミ・ミナミノはどう?」と投稿すると、サポーターが続々と反応した。

    「(ヴィルヒル)ファン・ダイクと同じチームでプレーするべきではない」や「ハーヴェイ・エリオットの方が良い」など否定的な意見も存在。その一方で「彼が任された役割を果たすスピードがない」、「よくやったけど、インサイドに入ってしまうため狭くなりすぎた」、「ミナミノは良い感じだけど、中央の方が向いている」、「悪くないけど、(ロベルト)フィルミーノの役割が合っているよね」というように、エヴァートン戦での役割は合っておらず、中央でのプレーの方が良さが生きるといった意見が多く見受けられている。 


    【クロップが前半で南野拓実を交代させた理由とは?現地ファンの評価は割れる「スピードがない」「中央の方が向いている」#はと [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

    このページのトップヘ